« 受け入れがたい敗戦 ナビスコカップ第3節 名古屋×清水 | トップページ | 本当の敵は主審?暑さ? ワールドカップサッカーアジア最終予選 バーレーン戦 »

2005年5月28日 (土)

増幅された不安 キリンカップサッカー2005

 ワールドカップ最終予選の大一番を控えた、今回のキリンカップサッカー2005は、わたしだけでなく、日本中のサポーターの大きな期待の中行われた。しかし、ペルー戦、UAE戦、ともに0-1の敗戦。しかも同じようなカウンターをくらっての失点。ボールを支配すれど、点は取れず、一発のカウンターで失点してしまう。どうしたものか。

 日本の得点力不足が叫ばれて、久しいが、今回はシュートに持って行く機会そのものが少なかった。点が取れそうな雰囲気、臭いが感じられなかった。UAE戦は大黒を先発に起用したものの、大黒へのボールの供給が少なく、大黒の持ち味がほとんど発揮されなかった。同じくUAE戦は加地も先発した。加地の右サイドの突破からのセンタリングは今の日本代表の大きな武器だと思うが、加地が上がる機会が少なかった。左サイドの三都主の切り込みにも期待したが、消極的だった。
 ペナルティエリア近くまでボールを運んでも、ディフェンスに阻まれ、横パスだったり、下げてしまったりしてしまう。我が名古屋グランパスと展開が似ている。ブラジル人監督ってのは、こんな攻めしかしないのか。

 ディフェンスについては、2戦ともピンチらしいピンチが少なかったにもかかわらず、押し上げた後のカウンターに沈んでしまった。1失点あったものの、今のチームは守備への意識が高いので、中澤不在以外、ディフェンスに関して大きな問題はないと思う。

 失点しても、それを上回る得点があれば、勝てるのだが、今の日本代表にはそれができそうにない。前回のバーレーン戦はオウンゴールで勝利したのであって、自ら得点をしていない。残り1週間でキリンカップやこれまでの課題を解決し、最終予選突破への道が開けるのだろうか。期待が増すどころか、不安が増幅される結果となってしまった。

|

« 受け入れがたい敗戦 ナビスコカップ第3節 名古屋×清水 | トップページ | 本当の敵は主審?暑さ? ワールドカップサッカーアジア最終予選 バーレーン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/4308426

この記事へのトラックバック一覧です: 増幅された不安 キリンカップサッカー2005:

» 国立でのUAE戦 [サッカー道]
閉塞感でいっぱいだった。大黒がスタメンに入り、少しは得点の予感はしたものの相変わらずの展開。 ジーコは「本当にW杯に行きたいのならここで選手を励ましてほしい。皆さんの声が1番必要だ」と話していた。 行きたいに決まってるじゃないか!、サポートするに決まってるじゃないか! 正直暴動騒動があった、98予選の国立でのUAE戦よりもひどい内容でした。92年以来のキリンカップ2連敗、... [続きを読む]

受信: 2005年5月28日 (土) 20時23分

« 受け入れがたい敗戦 ナビスコカップ第3節 名古屋×清水 | トップページ | 本当の敵は主審?暑さ? ワールドカップサッカーアジア最終予選 バーレーン戦 »