トップページ | 2005年6月 »

2005年5月28日 (土)

増幅された不安 キリンカップサッカー2005

 ワールドカップ最終予選の大一番を控えた、今回のキリンカップサッカー2005は、わたしだけでなく、日本中のサポーターの大きな期待の中行われた。しかし、ペルー戦、UAE戦、ともに0-1の敗戦。しかも同じようなカウンターをくらっての失点。ボールを支配すれど、点は取れず、一発のカウンターで失点してしまう。どうしたものか。

 日本の得点力不足が叫ばれて、久しいが、今回はシュートに持って行く機会そのものが少なかった。点が取れそうな雰囲気、臭いが感じられなかった。UAE戦は大黒を先発に起用したものの、大黒へのボールの供給が少なく、大黒の持ち味がほとんど発揮されなかった。同じくUAE戦は加地も先発した。加地の右サイドの突破からのセンタリングは今の日本代表の大きな武器だと思うが、加地が上がる機会が少なかった。左サイドの三都主の切り込みにも期待したが、消極的だった。
 ペナルティエリア近くまでボールを運んでも、ディフェンスに阻まれ、横パスだったり、下げてしまったりしてしまう。我が名古屋グランパスと展開が似ている。ブラジル人監督ってのは、こんな攻めしかしないのか。

 ディフェンスについては、2戦ともピンチらしいピンチが少なかったにもかかわらず、押し上げた後のカウンターに沈んでしまった。1失点あったものの、今のチームは守備への意識が高いので、中澤不在以外、ディフェンスに関して大きな問題はないと思う。

 失点しても、それを上回る得点があれば、勝てるのだが、今の日本代表にはそれができそうにない。前回のバーレーン戦はオウンゴールで勝利したのであって、自ら得点をしていない。残り1週間でキリンカップやこれまでの課題を解決し、最終予選突破への道が開けるのだろうか。期待が増すどころか、不安が増幅される結果となってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月22日 (日)

受け入れがたい敗戦 ナビスコカップ第3節 名古屋×清水

 大方の予想通り、名古屋はナビスコカップ第3節の清水戦で0-3で大敗してしまった。先週の神戸戦を見てしまったら、わざわざ瑞穂まで足を運ぶ気にはなれなかった。J’s GOALでリアルタイム速報を見るのもこわかった。23時、公式ホームページをのぞいた。0-3。やはり。

 ナビスコカップは、第1節のセレッソ戦を瑞穂で観戦した。前半に1点を取られたものの、後半取り返し同点とした。しかし、終了間際に2点目を取られ、1-2で敗戦。前の試合、J1リーグ第2節の磐田戦で3-0と快勝した後だけに、残念な結果だった。この時、何かかずれていたように感じた。しかし、その後、リーグ戦では調子を取り戻し、何もなかったように2位をキープ。ところが、ウエズレイ騒動を発端に、チームはおかしくなってきた。5月はいまだ未勝利。今、ナビスコ第1節で感じた以上にチームは完全にずれまくっている。

 負けても拍手を送りたい試合というのがある。ここ数試合はどうだろうか。プレーに選手の覇気を感じない。点を取る意欲や失点を防ぐ努力が見られない。リーグは中断していても、ナビスコカップの予選は続く。このままでは予選突破は絶望的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月20日 (金)

ファンタジーサッカー 第12節

 Yahoo!のファンタジーサッカーに参加しています。
 今期はイースタンリーグに昇格しました。思うようにポイントが伸ません。

 第12節の結果です。

 チーム名 岡崎トキワFC  チーム時価総額 6億6120万円  12節獲得 75fp

 GK 西部 洋平 清水 8fp
 DF 山西 尊裕 清水 8fp
 DF 宮本 恒靖 G大阪 4fp
 DF 岩政 大樹 鹿島 4fp
 MF 小笠原 満男 鹿島 12fp
 MF 遠藤 保仁(C) G大阪 5fp
 MF 森崎 和幸 広島 7fp
 MF 西 紀寛 磐田 5fp
 MF 太田 吉彰 磐田 10fp
 FW 佐藤 寿人 広島 3fp
 FW マルケス 名古屋 4fp

 年俸の高い小笠原や遠藤を入れたため、選手の選択に苦慮しました。失点の少ない清水からGKとDFを選んだのは当たりでした。小笠原の選択は当たりでしたが、キャプテンにしていなかったのが残念。遠藤と大黒で迷って、遠藤にしましたが、今節は大黒が大爆発で悔しい限り。名古屋のマルケスがリーグ戦ラストと言うことで、奮起を期待して入れましたが、失敗でした。

 残り4節で昇格圏内に滑り込みたいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

さらばマルケス J1リーグ第12節 名古屋×神戸

 昨日、豊田スタジアムで行われたJ1リーグ第12節、名古屋グランパスエイト対ヴィッセル神戸を見てきました。

 何とか2位をキープしつつも、ここ数試合勝てないし、点が取れない名古屋と最下位ながら調子が上向いてきた神戸の対戦なので、神戸に分があるかなと予想しました。名古屋に勝てる雰囲気がないのですが、マルケスの退団が決まり、リーグ戦最後の出場と言うことでスタジアムに足を運びました。

 試合前からビッグフラッグを出したり、マルケスへ送別の横断幕を出したりして、サポーターの熱気は上がっていました。

 神戸ボールでキックオフ。序盤は神戸が優勢ながらも互角な試合展開。しかし、よく見ると、三浦淳宏やホージェルのチェックが厳しく、いい具合に名古屋がボールを持たせてもらえない状況が続いた。カズや播戸の飛び出しも何とかクリア。両チーム決め手がないまま時間は過ぎて、前半39分、神戸のコーナーキック。三浦淳宏が蹴ったボールはゴール前の混戦の中、名古屋ゴールに吸い込まれてしまった。サポーターのテンションが一気に下がり、前半終了。

 後半は名古屋がセバスティアン、神戸がツートップを入れ替え、名古屋ボールでキックオフ。相変わらず、名古屋は決め手のない攻めが続いた。神戸の攻撃をしのいで、攻めに転じても、ゴール近くまでボールを運ぶことができない。サポーターの願いはマルケスのゴール。マルケスのコールで後押しをする。次第に、ボールを持ってもすぐに囲まれて、後ろに下げさせられたり、ミスを誘われたりして、点を取る臭いが全く感じられなくなってしまった。名古屋は豊田や中島を投入するものの、実を結ぶことなく、後半35分、三浦淳宏の豪快なシュートがゴールに突き刺さり、2点目を献上。サポーターのテンションはさらに下がる。決め手のないまま、時間だけが過ぎ、試合終了。不甲斐ない試合内容にサポーターが容赦ないブーイングを選手に浴びせた。

 これで、わたしが観戦したときの名古屋の成績は5勝9敗4分。相変わらず、勝利の瞬間に立ち会えない。

 この後、リーグ戦は7月まで中断期間に入ります。この間に故障者の復帰、ウエズレイやマルケスに変わる選手の獲得を期待したいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年5月14日 (土)

ブログ始めました

 ブログが流行っているので、わたしも始めることにしました。

 主に趣味ついて書いていきます。ごひいきのほどよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 »