« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月29日 (土)

基本から叩き直せ! J1リーグ第29節 名古屋×清水

 今節は豊田スタジアムでの試合なので、第19節の岡山での神戸戦以来、久しぶりに生観戦した。相手は残留争いに絡んでいる清水。

 名古屋も残留争いに足を踏み入れてはいけない。と言うこともあって、数日前からグランパス系サイトで「ゴール裏を赤で埋めよう」という呼びかけがなされていた。さらに、スタジアムに入ってびっくり。ゴール裏の壁や手すり、トイレの中までULTRAS☆NAGOYAの名前でよりいっそうの応援を呼びかけるビラが貼られていた。同時に同じものを一般客に1人1人手渡していた。危機感をあおるスプレー書きの横断幕もいくつかかげられた。わたしの真後ろの横断幕には「自分達を信じて強いハートでゴールを奪い勝利を掴み獲れ!」と書かれていた。
 メインスタンド、バックスタンドはともに客が入らないお寒い状況だったが、ゴール裏に集いしサポーター達はいつもに増して熱い気持ちであふれていた。

 ところがだ。肝心の選手がぜんぜん熱くない。特に前半の攻撃。サイドにボールを振って、杉本や大森を走らせるのはいいが、ゴール前に誰もいないんじゃ意味無いじゃん。10人か9人でプレーをしている感じだった。前半だけでよもやの2失点。後半はやっと必死になったようで、特に本田が入ってからはいい感じになった。その結果、何とか1点を返すことができた。しかし、結局、1-2で敗戦。下位相手に敗戦は痛すぎる。

 選手に言いたい!まったくもって基本がなってない。プレーもそれ以外のことも。
  古賀!1失点目のきっかけになったCKを献上したプレーは何だ!安易にゴールラインを割らすことなく自分でキープできなかったのか!あと、まともなディフェンスができていたか?
 直志!ゴールを目の前にして、何で決められないの?ふつうに蹴れば入ってたじゃん!
 豊田!おまえは何をしていた!まったく印象に残っていないぞ!ポジショニングが最悪じゃないか!相手がGKにバックパスをしたら、きちんとチェイシングしてやれ!
 あと、選手たち、藤田に促されないと観客にあいさつもできんのか!観客があってのプロ選手じゃないのか!

 今節も藤田が1人走り回っていた。やはり代表経験者の動きは違う。清水のマルキーニョスもFWながら右に左に前に後ろに精力的に動いていた。こういう選手が名古屋にも欲しい。

 名古屋グランパスの選手のみなさん、プロ選手とは何か、サッカーとは何か、基本から叩き直してください。

 あ~、わたしは今年5試合目の生観戦でしたが、未だに勝利無し。

| | コメント (11) | トラックバック (18)

2005年10月22日 (土)

リーグの盛り上げ役かよ J1リーグ第28節 鹿島×名古屋

 前節、川崎に惨敗した我が名古屋グランパス。今節は、Jリーグ開幕以来、白星を挙げられないカシマスタジアムでの鹿島戦。わたしが2003年にカシマスタジアムで観戦したときは雨の中、0-1で負けてしまった。

 今節は、NHKBSでの観戦。名古屋は豊田が出場停止のため、中山が先発。対する鹿島は2位であるが、G大阪との勝ち点差を詰めるためには負けることができない。

 前半、鹿島の猛攻を受けると思いきや、藤田を中心にうまい具合に攻撃の芽をつぶすことができていた。ところが、中盤でボールが納まらず、こちらもつぶされてしまい点を奪えない。点を取られる雰囲気はなかったが、こちらが点を奪う雰囲気でもなかった。0-0で折り返す。

 ハーフタイム中に首位のG大阪が大分に敗れたという情報が入り、鹿島が勝てば、勝ち点差が縮まるというとても大きな意味を持つ後半戦になってしまった。後半も前半と変わらない感じ。と思われたが、後半14分、本山に決められてしまった。低い位置でボールを持った秋田が攻めに転じたところをインターセプトされ、あれよあれよとつながれてゴール。積極性が裏目に出た形。失点の前に中山の枠をとらえたシュートがあったが、GKにはじき出されてしまった。結局、0-1で試合終了。2年前のカシマスタジアムと天候といい、点数といい、取られた時間帯といい、リプレイを見ているようだった。

 前節がさんざんだったせいか、負けはしたが、何となく納得ができた試合だった。1失点以外、DF陣を中心に鹿島の攻撃をうまく押さえることができたからだ。失点以降、シュートさえ打たせなかったことは胸を張ってもいいのではないだろうか。
 ところが、攻めに転じたところで、中盤の選手が逆に奪い返されたり、縦パスを入れてもはじき返されたりして、シュートまで持ち込むことがなかなかできなかった。シュート数は12本と、鹿島を上回っているが、決定的なシーンは中山のシュートくらいだった。やはり、確実に点を取ることができる絶対的なFWが欲しい。

 首位のG大阪が負け、2位の鹿島が勝ったため、勝ち点差は2。リーグ戦を盛り上げるためには、名古屋が一役買ったが、名古屋は11位でついにBクラス転落。とほほ。

| | コメント (9) | トラックバック (16)

2005年10月15日 (土)

選手も替えてくれ J1リーグ第27節 名古屋×川崎

 前節から2週間、間が開いて第27節を迎えた。我が名古屋グランパスは、中田監督代行が、監督となって初のゲームになった。相手は4連勝中の川崎。大森が復帰し、強きを挫く名古屋に期待が高まる。

 が、それもキックオフ直後に失点を許し、出鼻を挫かれた。いきなり1点のビハインドになってしまっては、今の名古屋にそれをひっくり返す力など無いだろう。前半は持ちこたえたが、後半はジュニーニョにハットトリックを許してしまう始末。後半34分に古賀のヘッドでようやく1点を返したが、万事休す。1-4の大敗。

 今日はほかにも一方的な大量得点のゲームが目立った。浦和7-0柏、大分5-0清水、神戸1-4G大阪。今季の名古屋はこんな状態なので、Jリーグでの一番の楽しみはファンタジーサッカーで高得点を挙げること。だれが点を取れるか、どのチームが無失点で勝利するか、悩んで悩んでチーム編成をしている。今日はハットトリックが2名、2得点が2名、無失点チームが3チームと、大味なゲームながら、ファンタジーサッカー的に見れば、おいしいゲームばかりだった。

 名古屋は負けたのに、順位変わらず暫定9位。もはや優勝をねらうワクワクもないし、下位チームの状態から降格の危機を感じることもないだろう。監督が替わったところで、チームにこれといった変化が感じられない。監督交代後、負け無しの大分がうらやましい。あーあ、選手も総入れ替えできればいいのに。


| | コメント (10) | トラックバック (14)

2005年10月13日 (木)

皮肉にも 国際親善試合 ウクライナ戦

 ヨーロッパ遠征中の我が日本代表。2戦目の相手は、W杯出場をヨーロッパで1番目に決めたウクライナ。「ヨーロッパで1番目」って、何度も連呼しているけど、我が日本は世界で1番に決めてるんだぞ。しかも、FIFAランクもウクライナより上にいるんだぞ。
 ウクライナと言えば、昨年のヨーロッパ最優秀選手のシェフチェンコだろう。しかし、直前の発熱で欠場となってしまった。この時点で、この試合への興味は薄れた。と同時に、日本にとって恐れるに足りない相手になったはずだった。

 テレビで見る限り、かなりの降雨の中、キックオフ。日本は、今回4バック。左サイドは相変わらず、三都主。右サイドはラトビア戦に引き続いて駒野が起用された。ラトビア戦でミスを犯した中田浩二もボランチの真ん中として先発出場した。
 シェフチェンコ不在の恐れるに足らないチームであるはずなのだが、やはり激戦のヨーロッパ予選を勝ち抜いただけあって、侮ることはできない。今回も中盤でボールがうまく収まらない。何度もウクライナに危ない場面を作られ、何とか回避する状態だった。攻撃も相変わらず組み立てがままならない。ラトビア戦では何度もいい上がりをしていた右サイドの駒野だったが、今回はやや消極的で、上がっては見たものの、スルーパスに追いつけないことが何度もあった。一方の左サイドの三都主は、いつも通りの攻めと守備。サイドを破ることができないし、相手を押さえることもできなかった。
 中央突破の惜しいシーンもあったが、無得点無失点のまま前半を終えた。

 夜遅い時間に加え、昼間の疲れもあり、ハーフタイム中に睡魔が襲ってきた。うつらうつらしたまま、後半のキックオフ。ところが、後半8分、中田浩二が一発レッドをくらい、眠気が一気に吹き飛んだ。前半の内容を見る限り、10人になった日本にもはや勝ち目はなかった。互いに点を奪えない試合展開に再び睡魔が襲ってきた。気が付くと、中田英がインタビューを受けていた。結果は0-1で負けていた。何やら試合終了間際に途中出場の箕輪がPKを取られ、失点してしまったようだ。

 皮肉にも、ラトビア戦で大きなミスを犯したにもかかわらず、メンバー的に起用せざるをえない中田浩二がレッドカードで退場し、今回、代表初選出初先発の箕輪が敗戦を決定づけるPKを与えてしまった。彼らはそういう星の下なのか、今後も辛抱強く起用し続けられる存在なのか。そんなことは、指揮者が決めることだが、今回に限って言えば、何とも皮肉な結果が出てしまった。

 ジーコは、試合後の記者会見で、しきりに審判を批判した。確かにウクライナ有利の判定が連発していたと思う。しかし、日本がそのような場面以外でしっかり点を取るプレーをしていなかったことも事実。今回のヨーロッパ遠征を今後にどう生かすつもりなのだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (7)

2005年10月 9日 (日)

名古屋の選手の活躍 Jリーグオールスター・天皇杯

 この3連休は、サッカー三昧になりそうだ。8日日本代表のラトビア戦、、9日Jリーグオールスター・天皇杯3回戦、10日高円宮杯決勝。

 3連休中日の9日、まずJリーグオールスター。我が名古屋グランパスからは、藤田がただ1人出場した。前半のみの出場だったが、藤田らしい動きが随所に見られ、存在感を発揮した。序盤に惜しいシュートがあったのが唯一の見せ場と言えるだろう。
 J’s GOALで配信されている動画で見たが、グランパスくんも名古屋を代表して試合前のマスコットアトラクションに参加していた。ただ、他チームのマスコットと違い、手足が短い。マスコットの綱引きでは、綱をつかむことができないので、最後尾で綱を巻かれていた。とほほ。続くPK合戦では、GKを任されているではないか。俊敏な動きができないので、かわいそうだなと思っていたら、マスコットの足が大きすぎて、ボールをうまく蹴ることができず、7本中6本止めるという楢崎も顔負けのPK阻止率だった。

 オールスターと同時刻に、天皇杯3回戦が行われていた。注目カードは、NHKBS1で中継された横浜FC(J2)×群馬FCホリコシ(群馬)。何と言っても、横浜FCには、キングカズ、三浦知良がいるし、FCホリコシには、キングオブトーキョー、アマラオがいる。それだけでもわくわくするのだが、両チームには、名古屋に在籍した選手も何人かいる。横浜FCには、富永英明、山口素弘、望月重良。FCホリコシには、片桐淳至(期限付き)、矢部次郎。
 試合は、横浜FC1-0FCホリコシで、横浜FCが格の違いを見せつけた。横浜FCの富永はカズとツートップを組み、いい動きをしてた。山口も中盤で良く動いてた。一方、FCホリコシの矢部はよく見ていなかった…。片桐は途中出場し、積極的に攻めたが、点を取ることができなかった。
 天皇杯を見るにつけ、日本サッカーの裾野の広がりを感じる。トップリーグで活躍の場がなくても、その下やそのまた下のリーグで活躍することができる。トップリーグから下がった選手にとっては、「落ちぶれた」ことになるかもしれない。しかし、それが、確実に日本サッカー全体のレベルアップにつながっているはずだ。

 来週末は、再びJリーグが行われる。本家名古屋の選手たち、がんばってくれ。

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2005年10月 8日 (土)

海外組は絶対的か 国際親善試合 ラトビア戦

 我が日本代表は、ラトビア、ウクライナ、旧ソビエト連邦に属していた2カ国と親善試合を行う。

 まず、ラトビア戦。ラトビアは、ソビエト連邦の解体とともに再独立を果たしたバルト3国の内の1つである。日本では、なじみのない国であるが、9月のFIFAランクは、63位で、中国(60位)やクウェート(61位)と同じぐらいの実力がある。同16位の日本とは、ランク的には大差があるが、昨年の欧州選手権に出場を果たし、それなりの力はあると言えるだろう。

 日本は、ヨーロッパ遠征と言うこともあり、また、Jリーグオールスター戦と重なったこともあり、9月のホンジュラス戦以上に海外組を招集した。中でも、久しぶりの代表招集の松井大輔と大久保嘉人には大きな期待がかかる。ただ、直前に小野が故障で戦線離脱したのは大きい。

 試合の方は、前半5分、高原がゴールから遠い位置で蹴ったボールがゴールに吸い込まれ、日本が先制点を挙げた。しかし、試合の内容は、1点リードしている余裕はまったく感じられなかった。組織的な攻めができず、ラトビアの高さの前に防戦一方といった感じだった。そんな中、駒野と松井の労を惜しまない献身的なプレーが目立った。だが、それも生かせず、追加点を奪うことができないまま、前半を終えた。
 後半も7分という早い段階で、PKによる追加点を挙げた。点数は、リードしているが、その後、点を奪えそうな様子もなく、不用意なプレーが何度も見られるようになった。後半22分、不用意に与えたCKからラトビアにゴールを決められてしまった。さらに、試合終了間近の後半44分、中田浩二の気の抜けたパスをインターセプトされ、同点ゴールを決められてしまった。結局、2-2で引き分けた。

 今回のヨーロッパ遠征の中心は、海外組。だが、果たして、海外組は絶対的な存在なのであろうか。海外組とは言え、クラブでの出場機会の少ない、中田浩二や稲本は、本当に必要なのか。また、中田英寿や中村は能力は高いが、組織の中で連携してプレーできているとは思えない。

 海外のレベルの高いリーグでもまれることによって、海外組選手の能力は確実にアップしているのは間違いない。その力を代表チームでうまく発揮してほしい。チーム全体が連動して、攻めて、守る。相手を見下しているのか、また、海外で活躍していることに優越感を感じているのか、個人技で何とかしようとして、ボールを奪われてしまう場面が多すぎる。次のウクライナ戦で修正できるだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (14)

2005年10月 2日 (日)

不調と好調の狭間 J1リーグ第26節 広島×名古屋

 監督の交代がショック療法になると思いきや、あっさり負けてしまった前節。今節は、小村を中心に堅いディフェンスが持ち味の広島が相手だ。前節の広島の試合を見る限り、名古屋に勝ち目はないと思った。

 今節は静岡県へキャンプに出かけたため、試合の映像をまったく見ていない。携帯で試合結果のみ確認。広島1-2名古屋。えっ?勝ってるよ!例のごとく、上位には勝てるんだね。

 帰宅後、名古屋の公式サイトや新聞で確認。1点目は、オウンゴール。2点目は、豊田のゴール。広島からオウンゴールながら先制点を奪ったのは大きい。後半に追いつかれたものの、追加点を奪って勝利に持って行ったのはもっと大きい。

 下位には弱いが上位に強いのが我が名古屋。次節は、上位にいる川崎だから、勝ち?しかし、豊田のゴールで勝ったのが気になる。第16節で当時首位の鹿島を豊田の2ゴールもあり3-0と快勝したにもかかわらず、次節は、0-3で負けてしまった。

 次節までは2週間の間がある。この期間にチームをしっかり組み立てて、もっか4連勝中の川崎を撃破してほしい。


 キャンプの帰り道、藤枝市を通った。藤枝と言えば、サッカーどころである。J2のアビスパ福岡は、元藤枝ブルックスだし、東海社会人リーグ1部には、中央防犯と藤枝市役所の2チームを送り出している。藤枝市民グラウンドの横を通ったとき、サッカーの試合をしているのが見えた。サッカーどころだからごく普通の光景だと思っていた。
 サッカーどころだけに気になり、帰宅後、ネットで検索したところ、東海社会人リーグ1部の藤枝市役所静岡FCの試合だったことが分かった。静岡FCの監督(兼選手)は、磐田や清水で活躍し、アトランタ五輪の代表だった松原良香ではないか。選手にも元Jが結構いるし、この試合で静岡FCはリーグ優勝を決めたそうだ。見ておけばよかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »