« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

ホーム最終戦だぜ、おい! J1リーグ第33節 名古屋×新潟

 前節、J2降格の危機を免れた我が名古屋。今節は同じく降格の危機を脱した新潟との対戦。新潟との相性は悪く、今まだ勝利無し。

 今節はクライトンと楢崎が欠場。この時点で、消化試合ムード満点。そんな名古屋に対して、新潟のブラジル人スリートップが襲いかかる。とは言え、下位に沈んでいるチームなので、そんなに恐くない。まあ、名古屋の攻撃もまったく恐くない。名古屋は、中盤で藤田、中村、本田が組み立てて、前線の豊田と鴨川を生かそうとするのだが、うまくかみ合わない。特にポイントもなく、前半終了。

 後半、開始早々の3分、エジミウソンの突破にたまらず井川がファールで止める。名古屋って、こういういや~なところで失点することが多い。と思っていたら、アンデルソンリマのするどいFKが直接ゴールに入ってしまった。直後、新潟ゴール前でFKのチャンスを得るも、ゴールに至らない。時間が経つにつれて、名古屋の攻撃に点が取れそうな雰囲気が薄れていった。中盤でボールをキープしても、それ以上つながらない。今期の名古屋らしいプレーが随所に見られた。
 後半30分、豊田に代わって増川がFWとして投入された。増川の高さを生かそうというのだろう。しかし、前線までボールが入らない。しかも、慣れていないポジションゆえ、動きやボールコントロールがおぼつかない。何だかんだやっている内に時間は過ぎ、結局、ノーゴールでホーム最終戦を終えた。

 降格を免れたとは言え、ホーム最終戦としては何ともさびしいゲームとなった。降格が決まった神戸でさえ、負けはしたが、2得点しているのに比べると、情けない…。消化試合にしては、ひどすぎる。

 次節は、優勝の可能性を残している千葉。リーグを面白くしてくれるんだろうな、名古屋。

| | コメント (19) | トラックバック (21)

2005年11月23日 (水)

とりあえず一安心 J1リーグ第32節 東京V×名古屋

 前節、必死に戦った末、残留回避に一歩前進した我が名古屋グランパス。足をつるほどの試合から中2日ということで、前節のつけが回ってこないかが心配だ。

 今節の相手は東京V。現在17位と、負けられない状況なので、必死でかかってくるに違いない。

 今節はテレビ中継がないので、J's GOALと日刊スポーツの速報でチェック。スタメンは、前節とは大森が吉村に代わった以外変更無し。2試合連続得点中の鴨川に期待大。しかし、時間が経てど、試合が動かずイライラ。前半を0-0で折り返す。スタッツを見ると、枠へ飛んだシュートが5本。まずまずの攻めか。

 後半開始とともにクライトンが杉本に代わった。鴨川と杉本のツートップにさらに期待大。しかし、試合は動かない。後半30分、鴨川に代わり豊田を投入。後半も枠へ飛んだシュートが4本あったものの結局、点が入らず、スコアレスドローで試合終了。それでも、勝ち点1を積み上げ、残留決定。まずは一安心。

 速報Jリーグで試合の映像を見たが、前節と同様に積極的に攻めていたようだ。ただ、点を奪えなかったのは依然と変わらないと考えるべきなのだろうか。

 これで、入れ替え戦も回避できることになり、一安心。しかし、これで今季が終わった訳ではない。残り2試合と天皇杯でさらなる必死な姿を見せて欲しい。 

| | コメント (12) | トラックバック (21)

2005年11月20日 (日)

窮鼠猫を噛む J1リーグ第31節 名古屋×G大阪

 前節、下位の大宮に敗れ、4連敗。入れ替え戦の足音も聞こえてきた我が名古屋グランパス。

 今節、現在首位のガンバ大阪をホームに迎えた。世間的にはガンバの勝利を予想するだろう。直前に大黒の欠場が発表されたが、首位をがっちりキープしたいG大阪にとって4連敗13位に低迷するチーム相手に、手こずる訳にはいかない。G大阪のお祭りになるかもしれないと、半ばあきらめ気味に豊田スタジアムへ足を運んだ。しかし、望みがない訳ではない。名古屋には藤田俊哉がいる。5月、磐田×G大阪の試合を観戦した。当時磐田に在籍していた藤田が効いていて、2-1で磐田が勝利したのだ。

 首位G大阪相手だけに客の入りがいつもよりいいが、相変わらず客席は赤く染まらない。名古屋はDFに井川、FWにクライトンと前節初ゴールを決めた鴨川が入った。対するG大阪は大黒不在とはいえ、攻撃面ではアラウージョ、フェルナンジーニョがいるし、守備面ではシジクレイがいる。名古屋に勝ち目はなさそうだ。

 G大阪ボールでキックオフ。前半3分、いきなりアラウージョにシュートを打たれるが、外れた。そして、前半4分、歓喜はいきなり訪れた。最終ラインからの縦パスを受けた鴨川が個人技でDFをかわし、ゴール!首位相手に1点を先制した。ゴール裏のサポーターのテンションが一気に上がった。
 今日の名古屋の選手は意気込みが違った。G大阪が中盤でボールを持つと、激しくプレスをして、ボールを奪いにかかる。アラウージョやフェルナンジーニョにボールがわたってもきっちりつぶした。攻撃についてはクライトンや鴨川が積極的にG大阪DFの裏を突こうとした。しかし、ことごとくオフサイドの判定を受け、チャンスを作れなかった。
 いつになくリズムよい展開であったが、前半34分、大森が負傷交代してしまった。その直後、DFの乱れを突いてペナルティエリアに切れ込んだG大阪の家長をアンヨンハッが倒してしまい、PK献上…。遠藤がPKをきっちり決め、同点になってしまった。その後、G大阪の攻撃を受け続けるが、必死に耐え、前半終了。結局、枠内に1本のシュートも打たせなかった。

 後半、名古屋ボールでキックオフ。鴨川、本田、角田が立て続けにシュートを打ち、G大阪のお株を奪う攻撃を見せる。G大阪の攻撃を受けても、藤田や秋田のベテランの気迫が選手を鼓舞し、必死に跳ね返した。後半15分、先制点を決めた鴨川を下げ、杉本を入れた。これについては、周りのサポーターから疑問の声が上がったが、杉本のスピードは期待大だ。
 追加点が奪えないものの、首位相手に互角以上の戦いをしている。それが功を奏し、後半21分、角田のシュートのこぼれ球をクライトンが押し込み、勝ち越す。ゴール裏は押せ押せムード。気が付いたら、スタジアムはいつになく客で埋まっているではないか。こういうときに勝って、「また名古屋の試合を見たい」と思わせなくてはいけない。
 時間が進むにつれ、杉本のスピードが効いてきた。後半34分、走り込んできた杉本がGKを振り切って、シュートを放つも、ぎりぎりのところで宮本にかき出されてしまった。後半38分、フェルナンジーニョにフリーでシュートを打たれたが楢崎のファインセーブで難を逃れた。
 G大阪の攻撃を耐えに耐え、ロスタイム突入。4分は長すぎる。そして、試合終了。2-1。首位G大阪相手に堂々の勝利をあげた。

 今季、生観戦初勝利。実に昨年9月以来の勝利。勝利の味って、いいですね。

 前節4連敗したところで、16位との勝ち点差は4。入れ替え戦制度ができてから、初めて迎えたチームの窮地。そんな時に首位のガンバとの対戦は絶望的だった。しかし、今日の名古屋の選手は違った。必死に走った。必死にボールを奪いに行った。細かいミスはたくさんあったが、それを他の選手がカバーした。相変わらず藤田は攻守に走りまくっていた。井川に対して叱咤するシーンがあった。こういう選手の働きを無駄にしてはいけない。
 攻撃についてはクライトンが前線にいる形が今はしっくりしていると思う。守備については古賀がいない方が安定するのかもしれない。

 足がつってしまうぐらい必死に戦えば、例え首位チームであろうが対等に戦うことができるのだ。それが見ている人の感動を呼ぶ。さらに、それが集客アップにつながる。今季はそれが足りなかった。残り3試合、死ぬ気で行け!

| | コメント (22) | トラックバック (31)

2005年11月16日 (水)

惜しいじゃダメだよ キリンチャレンジカップ アンゴラ戦

 今年最後の代表戦が行われた。二転三転の結果、決まった相手がW杯アフリカ代表のアンゴラ。最新FIFAランクは60位と、アフリカの中でも決して高いランクではないが、厳しいアフリカ予選を勝ち抜いた実力を持ち合わせているはずである。

 今年はW杯出場を決めたり、コンフェデでいい試合をしたりしたが、どうもしっくりこない不甲斐ない試合の方が多かった気がする。ここはいい試合をして、終わりよければすべてよし、として欲しいところ。

 試合開始直後はアンゴラに押し込まれたが、すぐに日本がペースをつかんだ。アンゴラのディフェンスがゆるいのか、日本の攻撃がおもしろいように続いた。しかし、クロスバーにぶつけることはあっても、結局、決めることができなかった。今さら言うまでもないが、決定力が改善されない限り、W杯を勝ち抜くことは難しい。
 一方、アンゴラはアフリカ特有の身体能力を発揮した。例えば、日本がボールキープしても、後ろからグーッと足が伸びてくる。

 後半も開始直後はアンゴラに押し込まれた。後半21分に松井が入ったところで日本の攻撃にスピード感が出てきた。得点にはつながらなかったが、スピードあふれるプレーに、代表戦で久しぶりのわくわく感を感じた。やはりサッカーはスピードが大切。続いて、大黒と阿部を投入して、得点をねらう。しかし、時間は過ぎていく。ところが、試合終了間際、中村→柳沢とつないだボールを松井が決めた!待望の1点で、今年最後の試合を勝利で締めくくった。

 今回は可もなく不可もなくといったゲーム展開だった。ただ、全体を通して、惜しいシーンが多すぎたということは言える。W杯本番であれば、これでも勝ち点3を手にすることができるので、良しとできる。しかし、今は本番に向けて、それなりの結果を残していく時期だ。惜しいシーンはいらない。確実に決めてくれ。

| | コメント (8) | トラックバック (20)

2005年11月12日 (土)

先制したのに J1リーグ第30節 大宮×名古屋

 11月3日の天皇杯4回戦ではJFL相手ながら久しぶりの勝利を味に酔いしれた。天皇杯ではクライトンと藤田を前線に持ってくる形と吉村の起用が功を奏した。今節もその延長線上のスタメンになった。

 例のごとくアウェイゲームなので、試合内容はほとんど分かっていない。NHKサタデースポーツのわずかな映像のみ。それにしても秋田のゴールで幸先良く先制したにもかかわらず、その後は3失点。古賀のポカと言い、取られ方が悪すぎる。後半37分に1点返し意地を見せたもののそこまで。2-3で4連敗。2節連続、残留争いチームに望みを与えてしまった。

 相手のシュートを5本に抑えているのに、3失点…。効率が良すぎる。今季の前半はDFに秋田がいれば大丈夫という雰囲気があったが、もうダメみたい。2点目は新人の鴨川奨。誰って感じ。鴨川は読めるが、奨は「しょう」と読むんだね。

 しかし、最近のチーム状態、試合結果になれてしまったのか、負けたのに、2得点が喜ばしい…。

 次節の相手は首位のG大阪。勝利の望みは薄い。

| | コメント (8) | トラックバック (11)

2005年11月 5日 (土)

まさに死闘 ヤマザキナビスコカップ決勝

 秋晴れの空の下、ヤマザキナビスコカップ決勝、千葉×G大阪が国立競技場で行われた。

 リーグ戦、2連勝の千葉と逆に2連敗のG大阪の対決。互いに初のタイトルを目指して、序盤から激しい攻撃がくり返された。しかし、千葉はストヤノフ、G大阪はシジクレイを中心としたDF陣が負けずに守り、互いに一歩も譲らない展開が続いた。結局、延長戦を含めて120 分戦っても勝敗がつかず、PK戦の末、千葉が栄冠を勝ち取った。
 どちらを応援するともなく試合を見ていた。無得点であったが、力と力の激しいぶつかり合いは見ていて飽きることはなかった。後半の半ばを過ぎると、足がつってしまう選手が続出し、死闘を物語っていた。

 個人的にはG大阪のアラウージョ、大黒、フェルナンジーニョの3人を中心とした攻撃力に期待していたが、ここ数試合、リーグ戦で結果が出ていない状況がこの試合でも如実に表れていた。120 分で千葉の2倍の22本のシュートを放つも1本も決まることはなかった。

 そう言えば、3月のナビスコカップの予選第1節、名古屋×C大阪を瑞穂で観戦した。リーグ戦第2節の磐田戦で3-0で快勝した次の試合だったのに、1-2で負けてしまった。この試合を皮切りに、今年は名古屋が勝った試合を見ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 3日 (木)

JFLには勝てるのか 第85回天皇杯4回戦 名古屋×アローズ北陸

 9月17日から始まった第85回天皇杯も今日が4回戦。いよいよJ1のチームが登場する。NHKBSでは、生・録画を含めて3試合放送され、その内、1試合は名古屋戦だ。

 我が名古屋グランパスはJFLに所属するアローズ北陸と対戦する。一般的に考えると、2つ下のカテゴリーのチームなので、余裕で勝つだろうと予想する。しかし、名古屋は第81回大会で同じくJFLの佐川急便東京に対して0-4で大敗を喫している。現在のチーム状況から考えると、再び悲劇をくり返さないとも限らない。

 試合は、大雨が降りしきる富山で行われた。リーグ戦の不調を断ち切る一戦として欲しい。今試合は、藤田がトップ、クライトンがトップ下に入る布陣となった。精力的に動ける藤田が前戦にいると、多少は得点チャンスが増えると思われる。

 試合開始早々、カテゴリーの差を見せつけるべく怒濤の攻撃を見せた。しかし、今のチーム状況を表しているのか、点を奪うことができない。その後も藤田、クライトン、中村を中心に優位に試合を進めるが点が取れないまま、前半を終えた。名古屋は現在、リーグ戦で不調であるが、トラップや出足の速さなど選手個々の技術を比較すると、やはりカテゴリーの差は歴然としている。だから、得点は時間の問題だろう。

 相変わらず、選手交代無しで後半スタート。後半も名古屋ペースで試合が進む。そして、後半4分、吉村の上がりが功を奏し、豊田のゴールが決まった。この調子でゴールラッシュを期待したいところだったが、アローズ北陸も意地がある。少しずつペースを掴み、あわやゴールというシーンが何度も見られた。結局、それ以上点を奪えないまま、1-0で試合が終わった。

 J1リーグでなかなか結果が出ない名古屋。1-0という最少得点での勝利だったが、選手やチームはJFLレベルではないことが分かり、ホッとした。とは言っても、2つ下のカテゴリー相手に1点しか獲れなかったのは現状を如実に表していると言えるだろう。

 この試合をきっかけにリーグ戦で結果を出して欲しい。

| | コメント (7) | トラックバック (9)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »