« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

早くも紅白戦 グランパス全体練習

 今年のグランパスは何かが違う。監督が代わったのが大きな違いで、今週から始まった全体練習も今までとやり方が違うようだ。

 これまで、練習を見たいと、それほど強く思っていなかった。しかし、初日の練習後、ピッチにサポーターを招き入れるということをしたそうで、「練習を見に行きたい」という気持ちが頭をもたげ始めた。そして、キャンプ前なのに紅白戦を行なわれた昨日、満を持して、初めてトヨタスポーツセンターに足を運んだ。わが家から車で1時間ほどなので、そんなに遠くはない。

 1時40分頃、到着すると、すでにスタンドが半分ほど埋まっていて、練習も始まっていた。スタンドから見て左手の方で選手たちがボール回しをしていた。遠くから見てもスピラールはでかい。2時ごろ、ピッチに審判が現れた。選手たちも赤と白の練習着に着がえた。選手たちは公式戦のように審判を挟んで一列に並び、スタンドに向かって一礼をした。結構、本格的なんだなあ。

 結果的に25分の3本で行われた。1本目、赤が右側、白が左側にエンドをとった。わたしは赤チームを目の前にしている。誰が出ているか、凝視したが、全員を把握することができない。自分で把握できたのは下のとおり。( )は日本の超サッカー情報の超名古屋グランパスエイト掲示板からの情報。どちらが主力というわけでもないみたいだった。

(赤)GK 高嵜
   DF 角田 秋田 古賀 渡辺
   MF 中村 藤田 (中島) (阿部)
   FW 豊田 津田
(白)GK 川島
   DF 大森 スピラール 有村 (深津)
   MF 山口 吉村 本田 (和田)
   FW 杉本 平林

 とにもかくにも、新加入の最年長、GK高嵜の声がでかい。常にDFラインを中心に声かけをしていた。自分が任されている仕事をしっかりこなしていると感じた。全体的に高嵜、秋田など年長者の声が良く出ていた。やっぱり藤田の動きは違うなあと思っていたら、開始3分ぐらいで藤田がゴール前のこぼれ球を押し込んで、赤が先制した。 序盤は先制した赤が押し込んでいる感じだったが、徐々に白も押し返し、杉本が右サイドを駆け上がる場面も見られるようになった。そして、22分ごろ、その杉本のゴールが決まり、1-1とした。ほどなく1本目が終わった。

IMG_3235

 2本目、エンドが変わり、白チームを前にしている。高嵜に比べると、川島の声は小さい。DFの真ん中にいるスピラールもまだ遠慮がちなのか、声が小さい。白は有村が上がる場面が何度も見られた。1本目の赤も渡辺が上がっていたので、左サイドを生かしていこうというねらいなのだろうか。10分頃に再び杉本のゴールが決まり、2-1と白が逆転した。直後、赤の選手が交代した(中島→須藤)。赤も果敢に攻め、左サイドからセンタリングを上げるが、スピラールのゴール前の高さが効いていた。膠着状態が続いたまま2本目終了。

 3本目、再び目の前に赤チーム。赤は左サイドにルーキー片山が入り、白はスピラールが抜けていた。他にも若い選手を入れたようで、全体的にゆるんだゲーム展開になったのは否めなかった。目の前で片山のプレーを見ていたが、やはり動きが堅い。周りに指示されるがままという感じ。ボールを持っても、杉本に思いっきり削られていた。しかし、何度か前戦へ駆け上がる場面が見られた。左サイドのポジション争いは厳しそうだ。3本目は互いに無得点のまま終わった。結局、2-1で白チームが勝利した。

IMG_3242

 紅白戦の後、フェルフォーセン監督がサインに応えていた。あっという間に人だかりができてしまった。これも、新監督への期待の表れだろう。

 全体練習が始まってまだ1週間だし、紅白戦なので、全体的に動きにキレはなく、それほどの緊張感もなかった。しかし、この時期に実践形式の試合はサポーターとしてはうれしい限り。


| | コメント (8) | トラックバック (7)

2006年1月28日 (土)

日本代表もJリーグも日程発表

 昨日、Jリーグと日本代表のスケジュールがともに発表された。テレビニュースでは、日程とともに日本代表のキャッチフレーズが大々的に取り上げられていた。

 「SAMURAI BLUE 2006」

 悪くないと思う。5案の中からの選択だったそうで、他の4案、「Make the HISTORY」、「世界を驚かせよう。」、「頂点へ、全員で。」、「WIN NOW」と比べたら、わたしも「SAMURAI BLUE 2006」を選んだだろう。日本代表は明日から宮崎でトレーニングキャンプに入り、日本時間2月11日にワールドカップイヤーの初戦、アメリカ戦を迎える。その後、国内外で8試合戦い、ワールドカップ本大会に臨むことになっている。

日本代表 ワールドカップまでの日程

日付
大会
対戦
会場
2月11日(土)
親善
アメリカ
アメリカ・サンフランシスコ
2月18日(土)
キリンチャレンジ
フィンランド
静岡スタジアム エコパ
2月22日(水)
アジアカップ予選
インド
横浜・日産スタジアム
2月28日(火)
親善
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ドイツ・ドルトムント
3月30日(木)
キリンチャレンジ
エクアドル
大分・ビッグアイ
5月中旬
キリンカップ
未定
未定
5月中旬
キリンカップ
未定
未定
5月30日(火)
親善
ドイツ
ドイツ・レバークーゼン
6月上旬
親善
未定
ドイツ

 代表戦と言えば、関東で行うことが多いが、今回、2月18日のフィンランド戦はエコパで行われる。割と近い方なので、行ってもいいかなと思っている。

 一方、Jリーグの方もJ1、J2ともに日程が発表された。
 我が名古屋グランパスエイトは、3月5日(日)、C大阪とホーム瑞穂で開幕する。昨年はあまり相性が良くなかったのが気になるところ。
 ナビスコカップの方の日程も発表された。瑞穂陸上競技場が多いなあ、6試合中4試合も瑞穂でやってくれるんだなあ。と思ったら、おい、最後の5月21日(日)ってやつは鴨池陸上競技場じゃないか。これって鹿児島県じゃん。天皇杯じゃあるまいし。

 2005年シーズンは、1月1日に天皇杯決勝で幕を閉じた。それから、わずか1ヶ月ちょっとの2月11日の代表戦からからわたしたちサッカー好きの長くて熱くなるであろう2006年シーズンが始まる。
 日本代表にはワールドカップに向けて万全の準備をし、本大会での活躍を期待したい。そして、我が名古屋グランパスエイトには新監督のもと、優勝争いができる戦いを期待したい。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2006年1月24日 (火)

今年こそ頼んだぞ! グランパス本格始動

 昨年末の天皇杯敗退から1ヶ月ちょっと。プロ野球と比べると、ほんのわずかなオフ期間を終え、1月23日、全体ミーティングから新しいシーズンが始動した。今日からは、全体練習が始まり、1月31日からは鹿児島県指宿でキャンプに入る。

 チーム始動に先立って、22日に玉田圭司の入団会見が行われ、さらに大分からGK高嵜理貴の移籍、水戸へ期限付き移籍していたDF深津康太の復帰が発表された。

 玉田は、会見で、「名古屋グランパスエイトの」と付けてあいさつをした。何だかうれしかった。とにかく結果を出してくれることを期待している。

 高嵜については、名古屋への移籍がちょっと前に話題になり、なぜ?と思っていたが、正式に発表された。わたしと同い年(35)、そろそろ引退を考える年なので、現役で活躍してくれるのはうれしいのだが、チームとしての必要性は何なのだろうか。指導者的立場か?秋田(35)といい、藤田(34)といい、わたしと同世代の選手の活躍を喜びつつも、現実問題として、大丈夫かなあと心配してしまう。

 深津については、全く知識がないので、どんな選手か分からない。しかし、昨季はJ2水戸でリーグ戦・天皇杯合わせて41試合に出て、相当もまれていると思うので、期待してもいいのかなと思っている。

 結局、背番号9が空いたまま新しいシーズンに突入することになった。選手一覧を見ても、カタカナは「スピラール」だけ。それに、FWのメンバーに威圧感が感じられない。
 不安はつきないが、新監督のもと、選手、スタッフ、フロント、サポーター、地域が一体となって、優勝を目指そうではないか。今年こそ頼んだぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年1月22日 (日)

サッカー界で活躍する同窓生 村岡誠(ロッソ熊本)

 先日、waytojさんのブログ「Jリーグ未満」を巡回すると、今季からJFLに上がる「ロッソ熊本」の記事があった。リンクが貼ってあったので、何気なくアクセスしてみた。ざーっと記事を読んでいく中で、わたしと同じ大学を卒業した人物を見つけた。フィジカルコーチとして新規加入した村岡誠氏だ。

【新規加入スタッフ】
■フィジカルコーチ:村岡 誠(むらおか まこと)
 生年月日:1970年6月6日(35歳)
 出身地: 愛知県
 経歴:名古屋市立桜台高校~愛知教育大学~筑波大学大学院
 指導歴
 筑波大学サッカー部Aチーム フィジカルコーチ(98~00)
 柏レイソルユース フィジカルコーチ(01)
 柏レイソル フィジカルコーチ(02~04)
 アルビレックス新潟レディース フィジカルコーチ(05)

 歳が同じということは、同じ時期に同じキャンパスにいたということだ。教員養成大学なので、卒業後の進路の幅はそんなに広いものではない。卒業生として漫画家の江川達也や作家の清水義範がいるが、サッカー界で活躍する人物がいるとは、驚きだった。ロッソ熊本が公表している指導歴を見ると、日本サッカーのトップカテゴリーであるJ1のチームに在籍したこともあり、ネットで彼の名前を検索すると、昨年、日本女子代表候補合宿にも参加したそうで、ますます驚きだった。

 フィジカルコーチなので、選手のように表舞台で華々しく活躍するでもなく、ましてやJFLというJリーグのように脚光を浴びることもないチームに加入することになった。彼の活躍を目にする機会は皆無に近いだろうが、密かに活躍を応援したい。
 ロッソ熊本のJリーグ昇格を陰で支えて欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

回ってきましたJリーグバトン

 旧知の友人、こうさんのブログ「That’s」を巡回したら、Jリーグバトンでわたしが指名されていました。答えさせていただきましょう。

○Jリーグのどこのクラブのサポーターですか?
名古屋グランパスエイトです。

○ライバルだと思っているJリーグのクラブはどこですか?
特に考えたことがありません。

○自分がサポーターしているクラブ以外で、好きなJリーグのクラブはどこですか?
ジュビロ磐田。隣県なので。

○このクラブのサポーターの応援は凄いと思うクラブは?
浦和、新潟、鹿島。

○1番大好きなJリーガーは?
名古屋なら秋田豊、藤田俊哉。他チームなら、中山雅史(磐田)、三浦知良(横浜FC)。

○思い出深いJリーグの試合は?
1993年5月15日 ヴェルディ川崎-横浜マリノス
Jリーグのすべての始まりだし、それを沖縄へ向かうフェリーの中で見ていたという思い出があります。

○Jリーグの良いところは?
地域密着の理念。

○Jリーグの悪い所と改善してほしいところは?
プロ野球に比べると、年俸があまりにも低いところをなんとかしてあげたらと思います。現状は無理でしょうね。

○自分が応援しているJリーグのクラブに熱い一言を!!
気持ちがこもったプレーをお願いしたい。そして、今年こそ何かタイトルを獲ろう。

○次にバトンを回す人を5人以内指名してください。
ベルガモ館長のサッカー観戦記」のベルガモさん、お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月19日 (木)

グランパスゆく選手くる選手 で、補強完了

 新年が始まって、早20日。我がグランパスも新卒選手の記者会見や今シーズンのチームスローガンが発表され、少しずつ新体制が動き始めた。新監督が再来日し、磐田とのプレシーズンマッチも決まった。

 そんな中、アンヨンハッのKリーグ移籍と玉田圭司の加入が発表された。

 昨シーズン、アンヨンハッには期待をしていた。新潟でそれなりに活躍をしていたので、名古屋でもやってくれるだろうと楽しみだった。しかし、けがやワールドカップ予選出場などで十分な活躍を見ることなくシーズンを終えた。なので、今シーズンこその活躍に期待していた。キムジョンウとの南北ボランチも楽しみだった。しかし、Kリーグへの移籍が決まってしまった。残念。

 その一方で、柏の玉田圭司の完全移籍での加入が発表された。ずーっと噂に上がっていたが、今年に入って、一気に話が盛り上がり、ついに話がまとまった。代表での玉田にはがっかりさせられっぱなしで、期待はしていないが、名古屋に来てくれるのは大歓迎だ。名古屋のFWと言えば、ここ何年も外国人頼みだっただけに、代表クラスの日本人FWの加入はきっと名古屋のスタイルを変えてくれるに違いない。

「玉田の獲得できてもできなくても外国人FWを獲得する方向」と言っていたけれど、どうやらこれで「補強完了」(福島常務)とのこと。えっ?名古屋の背番号にはまだ若干の余裕がありますけど。

| | コメント (10) | トラックバック (12)

2006年1月12日 (木)

グランパスの補強、着々と マレク・スピラール加入発表

 日々、各チームから移籍情報が発表され、興味が尽きない。

 我が名古屋グランパスは、高卒・大卒の新加入選手以外の加入情報が少なかったが、ここ数日、動いてきた。
 
 まず、昨年末、加入が決まったキムジョンウの入団会見が、10日に行われた。線が細いので、フィジカル面が気になるが、会見では、「とにかく体力には自信がありますし…」と言っているので、期待したい。

 10日は、大分からDF有村光史のレンタル加入が発表された。ここ数年、年を追うごとにリーグ戦の出場試合数が減っているのが気になるところ。大分のDFと言えば、地元愛知県岡崎市出身の深谷友基がいる。昨年入ったばかりで、大活躍したので、大分が手放すことはないだろうが、有村より欲しい。

 そして、今日、少し前から話題になっていた、スロバキア人のマレク・スピラールの加入が発表された。長身DFとして、ゴール前の制空権の制圧に期待したいところ。しかし、プロフィールを見ると、あまりにも出場試合数が少ない。チェコリーグやベルギーリーグの試合数が極端に少ないわけではないと思うが、どうなのだろう。また、長身DFなので、セットプレーなどで得点を期待できそうだが、無得点。そういう使い方はされないということだろうか。

 グランパスは、どこかのチームのように選手を漁ったり、選手が引き抜かれたりということはないが、少しずつ今シーズンのチームができつつある。昨シーズンは落ちるところまで行ったので、今シーズンは上がるのみ。新加入の選手たち、頼む。もちろん、今までの選手たちも頼む。

| | コメント (6) | トラックバック (10)

2006年1月 5日 (木)

昨年のサッカー観戦記録

 あけましておめでとうございます。
 今年はワールドカップイヤー。いやが応にも今年のサッカーは盛り上がることでしょう。

 ここで、こうさんの「That's」をまねて、昨年のサッカー観戦の記録を残します。

03/19 ナビスコカップ   名古屋×C大阪  1-2 瑞穂陸上競技場
04/02 J1リーグ03節   名古屋×広島   1-1 豊田スタジアム  
05/14 J1リーグ12節   名古屋×神戸   0-2 豊田スタジアム
08/20 J1リーグ19節   神戸×名古屋   1-0 桃太郎スタジアム
10/29 J1リーグ29節   名古屋×清水   1-2 豊田スタジアム
11/20 J1リーグ31節   名古屋×G大阪  2-1 豊田スタジアム

05/04 J1リーグ10節   磐田×G大阪   2-1 ヤマハスタジアム
12/10 天皇杯05回戦   磐田×新潟    2-1 ヤマハスタジアム
12/24 天皇杯準々決勝  磐田×清水    0-1 丸亀競技場

 グランパス戦で言えば、6戦1勝4敗1分。見事なまでに勝ちに見放されましたが、中でも悔しいのがJ2に降格する神戸戦を2試合観戦し、いずれも負けてしまったことです。アウェイ戦は岡山まで行ったのに、ノーゴールでの敗戦。唯一、ルイゾンを見ることができたのが救いでしょうか。
 終盤の豊田スタジアム2連戦も印象的でした。清水戦は残留回避をかけてサポーターも決死の思いで臨んだにもかかわらず、敗戦。それに対して、G大阪戦は勝てるわけ無いと思っていたにもかかわらず、勝つことができ、優勝争いを面白くしてくれました。

 昨年は川口能活ファンの妻とともにジュビロ戦も観戦しました。5月はまだ藤田がジュビロに在籍していて、勝利につながる動きをしていました。その後、なかなか見る機会がありませんでしたが、天皇杯2試合観戦しました。準々決勝の舞台は香川県丸亀市でしたが、戦力が整わない中での戦いに勝ち目はありませんでした。グランパスの桃太郎スタジアムといい、遠征での敗戦は辛いですね。

 我が名古屋グランパスは、今季新監督を迎えて、新たなスタートを切ります。今後、さらなる選手補強をしていくことでしょう。万年優勝候補の肩書きをそろそろ返上してもいいのではないでしょうか。
 さらに今年は6月にワールドカップを控えています。予選リーグは、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと戦います。前大会以上の結果を求めようとは思いませんが、日本が戦力を十分に発揮することができれば、それなりの結果が自ずとついてくることでしょう。

 今年は、名古屋、そして、日本代表の活躍に期待します。今年も当ブログをよろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (4)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »