« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

すべてが劣っている J1リーグ第10節 FC東京×名古屋

 今季、長く勝利から見放されている我が名古屋グランパス。よく「負ける気がしない」と言うが、今のグランパスを見ていると「勝てる気がしない」。対する、FC東京も負けが続いているので、今節こそ勝てそうな気もするが、これまであまり相性が良くない相手でもある。

 今節は、テレビ観戦ではあるが、久しぶりに試合の様子を見ることができた。試合の入り方は、まずまずであったが、前半の13分と17分にいずれもルーカスに決められてしまった。試合終了間際に吉村の意地のシュートが決まるものの、1-2で負けてしまった。

 久しぶりに名古屋の戦いを見て、これでは勝てないことを痛感した。すべてが劣っているのである。特にフィジカルの弱さは深刻だと感じた。ボールをキープできないし、相手ボールを奪おうとしても逆に倒されてしまう始末。ルーカスの2ゴールの場面も、中盤で相手ボールを奪えないまま、あれよあれよとボールを前に送られ、決められてしまった。ルーカスをフリーにさせる以前の問題だろう。
 パスやスローインをカットされるのは、相変わらずだった。シュート数は、相手を上回っていたが、実際は苦し紛れのシュートばかり。理想としては、つないで、つないで、ゴールに近いところで玉田に渡るのがいいのだろうが、現実はペナルティエリア前で玉田に渡し、後は個人技で突破してください的な形が多すぎた。もう1人ぐらいうまく攻撃に絡めれば、相手を崩せる気がした。

 前半の失点後や後半の初めは、点が獲れそうな形まで持ち込むことができた。勝ち点が伸ばせないながらも、それぐらいの力は持っている。組織として、もっと連動して動き、うまくパスが回るようにできるといい。一朝一夕では無理だろうが。

 次節は、豊スタへ行くつもり。 

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2006年4月22日 (土)

泥沼だあ J1リーグ第9節 名古屋×川崎

 今季、勝ち点が伸びなければ、得点数も最低の我が名古屋グランパスエイト。昨季より戦力がそろっていると感じられるのに、昨季より悪くなっている。ブログを更新する気力も失せる。今節の相手は、川崎フロンターレ。くしくも得点力ワーストワン(6点)とナンバーワン(25点)の対決となった。楢崎のスタメン復帰、キムの停止明けとなったが、結果は自ずと分かるというものだ。

 今節もリアルタイムで試合結果を知ることができず、試合終了間際にJ'GOALのリアルタイム速報を見ると、名古屋0-2川崎。悲しいが、予想通り。そのまま試合終了…。日刊スポーツのスコア速報を見ると、シュート数4。えっ?しかも枠内ゼロ!支配率がほぼ互角なのに、この結果と言うことは、中盤でボールをこねくり回していただけだったのか。

 ああ、泥沼に踏み入れてしまったのか。チームとして、スタジアムイベントや食べ物に力を入れているのに、ホームでこんな不甲斐ない試合をしていちゃあ、客足も引いてしまう。

 

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2006年4月15日 (土)

新潟には勝てないなあ J1リーグ第8節 新潟×名古屋

 第4節の福岡戦以来、ナビスコも含め勝ち星に見放されている我が名古屋グランパス。今節は新潟と戦うが、これまで2敗2分と勝ったことがない相手。

 今日は、妻の両親宅におじゃましたので、試合内容をリアルタイムでチェックすることができなかった。試合結果は、新潟2-1名古屋。勝てなかった。帰宅後、日刊スポーツのスコア速報を見ると、ボール試合率が、新潟68%-32%名古屋と、圧倒的に新潟ペース。シュート数も、新潟14本-7本名古屋と、こちらも新潟に圧倒されている。新潟に先制されたにもかかわらず、追いついたのは評価できる。しかし、勝ち越せず、追加点を許したのは、いただけない。 

 今節は、藤田と玉田がそろって先発し、2人のコンビがどう試合に表れるかが楽しみであった。しかし、それが試合結果に出ることはなかった。藤田と玉田のツートップだったようだが、2人を前線で並べてもダメだと思うのだが、試合ではどうだったのだろうか。それにしても、本田の調子がいい。今節もゴールを決めている。藤田、本田、玉田がうまくからめば、光明が見えるような気がするのだが…。

 やはり、新潟には勝てないのか。


 ところで、今日は妻の両親宅近くに先週オープンした「スポーツデポ砂田橋店」へ行った。すると、サッカー用品を3000円以上買い物をすると、グランパスグッズが当たる福引きをやっていた。5月3日の横浜戦の自由席ペアチケットをはじめ、選手のサイン、ノートなどが当たるそうだ。何かを買うつもりはなかったが、グランパスと日本代表のシャツを買うことにし、別々で会計して、2枚のレシートを作り、福引きを2度引いた。古賀と玉田のサインが当たった。特にサインにこだわる方ではないので、びみょ~。できれば、チケットが欲しかったなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2006年4月 9日 (日)

名古屋の形が見えたような J1リーグ第7節 名古屋×京都

 前節、藤田の復帰で今後に希望が見えた気がする我が名古屋グランパス。藤田と玉田のコンビに期待がかかるところだが、玉田は体調不良のため、今節はベンチにも入らず、残念。対する京都はJ1昇格組。豊田スタジアムの京都戦と言えば、2002年の天皇杯準々決勝、0-1で負けたことを思い出す。その時の京都にはパクチソンや松井大輔が在籍していた。同じような結果にならなければいいのだが。今節は、豊田スタジアムでの開催なので、行くつもりでいたが、都合がつかなくなり、NHK-BS観戦となった。

 3時、放送が始まり、バックスタンドが映った。客が入っていない…。今の名古屋の状態じゃ、高い料金を払ってまで試合を見ようと思う人が少ないのだろう。しかし、ゴール裏はびっしり埋め尽くされているように見えた。

 今節も前節同様、1トップ。ただ、玉田に変わって平林が入った。しかし、実質、本田、平林、中村のスリートップだった。今回のシステムがはまったからなのか、京都相手だったからなのか、判断しかねるが、前半から面白いようにサイドからの攻撃がくり返された。大森や有村が献身的にサイドを駆け上がり、また、中村や本田がゴール近くまで切り込んでクロスを上げていく。中盤では、藤田とキムがホントによく動いて、チャンスメイクをし続けた。前半はそれらのプレーがゴールにつながらなかったが、攻撃重視のサッカーは見ていて面白い。ところが、守備がまずすぎる。安易な横パスやバックパスを何度も奪われ、失点につながりかけることが多々あった。

 後半は、やっぱりと言うか、有村がアウトし、代わって須藤が入った。後半早々の5分、前半の攻撃の姿勢が実り、本田のクロス受けた中村が押し込んで、久しぶりに流れの中からゴールが決まった。このまま名古屋の押せ押せムードで行くと思いきや、徐々に京都ペースになってきた。それが、後半19分の京都のゴールにつながってしまった。その後、互いに一進一退の攻防が続き、結局、そのまま試合終了。1-1。

 浦和との引き分けより、京都との引き分けの方が、気持ち的に許せない部分があるのは確か。しかし、今節は積極的に攻め、点を奪っての引き分けなので、その点は浦和戦より評価してもいいと思う。やはり、藤田がいてくれると、チームが締まる。藤田を起点に中村や本田にボールが渡り、そこからラストパスという形が見えた。ただ、ラストパスを受ける選手が玉田であれば、展開が違っていたかも知れない。

 やはり、問題は守備だ。守備的な選手のプレーもまずかったが、全体の守備に対する意識がまずすぎた。特に、今節の京都は裏を取る攻めを繰り返したにもかかわらず、安易な横パスやバックパスを連発し、パスカットされてしまった。やはり、秋田がいないのディフェンスが締まらないのか。

 あと、キムジョンウ…。カードもらうなら、シュート決めるとか、もっとチームのために貢献してください。早くも2度目の出場停止かよ。

 とにもかくにも、監督が考えている名古屋の形が見えたような気がする。攻撃的なサッカーは、反面、守備のリスクを伴うが、攻撃が上回っていれば、それでいい。次節は玉田が戻るだろう。こんどこそ、藤田と玉田のコンビが見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年4月 2日 (日)

評価できることなのか J1リーグ第6節 浦和×名古屋

 3月29日のナビスコカップ第1節、J1昇格組の甲府相手に1-3で惨敗した我が名古屋グランパス。今季は、得点力の低さが悩みの種である。対する浦和は負け無しの首位チーム。名古屋が勝てる可能性は極めて低い。

 今節は、テレビ中継がないので、J'sGOALのリアルタイム速報でチェック。結果は0-0のドロー。浦和は勝ち点3を取り損ねただろうが、今の名古屋は勝ち点1でも儲けものか。

 スタッツを見ると、シュート数が、浦和14に対し、名古屋は8。守備面では、浦和の猛攻を凌いだと言えるだろう。しかし、攻撃面で見ると、ワントップの玉田のシュート数が1なので、今節も思うような攻撃の形を作れなかったのだろう。また、どんな状況で後半44分に杉本を入れたのか分からないが、点を獲るために入れたとすれば、もっと早い時間に入れるべきではなかったのか。

 今の名古屋の状況であれば、失点をせず、勝ち点を1でも儲けものなのかもしれない。でも、点を獲らなければ、勝ち点3は奪えない。藤田の復調に期待したいところ。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

四国歩き遍路

 四国八十八カ所巡りがわたしのライフワークの1つです。

 3月28日の大阪発夜行バスで四国入りし、29日から4月1日までの4日間で、高知県宿毛市から愛媛県内子町までのおよそ135㎞を歩きました。その間、29日にナビスコカップ、30日に代表戦がありました。

 ナビスコカップの第1節、名古屋はホームで甲府と対戦しました。旅先なので、リアルタイムでゲームをチェックできるわけもなく、試合が終わったころ、「日本の超サッカー情報」で確認したところ、名古屋1-3甲府。…。昇格組にも勝てないんですか…。翌日、愛媛新聞のスポーツ面を見ても、甲府を褒める記述ばかり。

 代表戦、日本×エクアドルはテレビ中継があったので、宿で見ることができました。玉田の活躍を楽しみにしていました。前半から積極的に攻撃にからんでいたので、ゴールを決めるのも時間の問題と思っていましたが、ゴールを決めることなく途中交代。試合結果は、1-0。南米チームで、しかも、ワールドカップ出場国チーム相手に辛くも勝利したことは評価してもいいと思いました。

 愛媛県は、やはり愛媛FCで盛り上がっているようです。4月1日に徳島と四国ダービーを控えていたこともあって、地域のニュースで愛媛の話題が取り上げられていました。全県をホームタウンとしていることもあって、地方でも試合のポスターが貼ってあり、「とことん地域密着」を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »