« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

自信になったのでは 親善試合 ドイツ戦

 ワールドカップ開幕まであとわずか。我が日本代表は、日本での合宿を経て、戦いの地、ドイツに来ている。ワールドカップを前に、ホスト国であり、過去優勝3回を誇るドイツと対戦した。FIFAランク的にはわずかに日本が上に位置しているが、勝てる気が余りしない。親善試合であるが、ドイツもワールドカップを前に手を抜くことはないだろう。

 前半、ドイツの猛攻に防戦一方といった感じだったが、DF陣を中心に踏ん張り、点を許さなかった。そんな中でもチャンスを見てはサイドを生かした攻撃を仕掛けた。枠をとらえたシュートも何本か有り、得点への期待が高まった。しかし、無得点で前半を終了した。このままでも十分自信になると思っていたが、ドラマが後半に待っていた。

 後半、早々から惜しい場面があったが、12分、裏に抜け出し、フリーでボールを受け取った高原がきっちり決めて、先制点!さらに20分、右サイドの角度のないところから高原の2点目!すごいぞ、日本。しかし、その後、FKがらみで2点奪い返され、結局、2-2のドロー。

 攻撃については、惜しい場面がいくつもあり、しかも2得点。ワールドカップに向けて大きな自信になったと思う。守備についても失点までは集中していたと思う。ただ、2失点ともFKからだったので、高さのあるオーストラリアやクロアチアとの対戦ではその点を考える必要がある。

 負傷交代の加地が気になるが、駒野がそれを補って余りある活躍は期待できそうだ。次戦、マルタ戦は余裕で勝って、ワールドカップに臨んで欲しい。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年5月15日 (月)

追加点を獲らなきゃ勝てないよ ナビスコカップ 名古屋×C大阪

 世の中はワールドカップに目を奪われているが、Jリーグはナビスコカップがあるのだよ。我が名古屋グランパスエイトは、ほぼ決勝トーナメント進出が絶望的だが、久しぶりの勝利を手にして欲しい。

 この試合を観戦する予定はなかったが、妻が名古屋のお母さんに母の日のプレゼントを渡したいと言うことで、妻を送るついでに瑞穂へ行った。開場30分前に着くと、さびしくシュートゲームが行われ、わずかながらの列ができていた。ああ、ナビスコカップ。

 この試合で、ようやくスピラールが今季はじめて姿を現す。大きいイメージがあったが、増川や古賀など、背の高い選手が他にもいるので、それほど目立たなかった。
 試合は、名古屋がいいペースで攻めていた。また、初登場のスピラールも無難に守備をこなしていて、頼りにしてもいいと思った。いつゴールが決まってもいい感じがしたが、なかなかシュートが打てない状態が続いた。しかし、前半32分、津田のシュートをGKが弾いたところを山口が押し込んで、名古屋が先制点。さらに追加点が欲しいところだが、そのまま前半終了。
 後半は、一転、セレッソペースで試合が進んだ。あわやという場面も川島の好セーブが光った。互いに点が獲れないままじりじり時間が過ぎていく。だが、終了間際、左サイドをえぐった古橋が上げたボールをゴール前の徳重に決められ、同点とされる。結局、このまま試合終了。1-1、またまた引き分けで終わった。これにより、ナビスコカップの予選敗退が決まった。

 何度も点を獲るチャンスがあったにもかかわらず、奪えなかったのが同点で終わってしまった原因だ。前半は割とチャンスが多かったが、シュートを打とうとしなかった。特に、前半42分のキムのゴール前のしつこいほどの切り返しは無駄で終わってしまった。どうせ打たずに終わるなら、ダメもとでも打った方が得点の可能性がある。
 守備については、悪くなかったと思うが、90分戦えるスタミナが無かったのだろう。

 来週は鹿児島で消化試合。わたしは行けません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月13日 (土)

最終メンバーなんて誰だっていい キリンカップ スコットランド戦

 ジーコジャパン国内最終戦となった、キリンカップのスコットランド戦。優勝するためには、3点差以上で勝たなくてはならない。優勝できなくてもいいから、ドイツへ旅立つ前にぜひ勝って欲しい。

 試合開始早々、スコットランドは守りを固める作戦に出た。負けても優勝の可能性があるし、ワールドカップに出るわけでもないし、とにかくスコットランドには、がむしゃらに戦う理由がない。しかも、日本を破ったブルガリアを5-1の大差で下しているのだ。そんな相手に対して、ゆるゆるとパスを回す日本が勝てるとは思えなかった。
 試合は、予想通り、終始守りを固め、ゴール前の高さで優位に立つスコットランドを日本が崩すことができず、0-0のスコアレスドローで終わった。結果、キリンカップは、優勝スコットランド、2位ブルガリア、3位日本とFIFAランク的には正反対の順位で終わった。もしこれが、ワールドカップ本大会であれば、日本の一次リーグ敗退なのである。

 雨という悪条件もあっただろうが、終始攻め手に欠いた。ゴールに対する想像力など微塵も感じられなかった。いったいジーコジャパンの4年間って何だったのだろうか。そんなことが頭を駆けめぐる90分であった。

 テレビ中継では、2日後に迫った最終メンバー発表について盛んに触れていた。いったい誰が選ばれるのか、過去のワールドカップでドラマがあったように最大の関心事であることには間違いない。しかし、今のわたし自身の気持ちとして、そんなことはどうでもいい。誰がメンバーに選ばれようが、知ったことではない。とにかく、日本がワールドカップで勝ち抜けることができるのかどうかなのだ。この2試合を見ると、一次リーグ突破が夢のまた夢のような気がしてきた。

 ワールドカップ開幕まで1ヶ月を切り、日本中が、すでに「ワールドカップ」という言葉に浮かれている。だが、冷静になってくれ、今の日本代表はそんな浮かれ気分な状態ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2006年5月 9日 (火)

ゴォール たーまだー ならず… キリンカップ ブルガリア戦

 ワールドカップ開幕までちょうど1ヶ月。メンバー発表を目前に控え、キリンカップのブルガリア戦が行われた。ブルガリアは、ワールドカップアメリカ大会で4位の成績を残している古豪であるが、現在のFIFAランクは日本より随分下である。かと言って侮れる相手ではない。

 名古屋グランパスサポとして、気になるのが、玉田である。Jリーグでは、今季ほとんど結果が残せていない状況であるが、ジーコからの信頼は厚いようで、この試合はスタメンで起用された。どんな形でもいいから、結果を出してほしい。

 試合の方は、開始早々1点を奪われ、出鼻を挫かれてしう。その後、一進一退を続け、後半の31分に巻のゴールでようやく同点としたが、試合終了間際にブルガリアのFKがそのままゴールに吸い込まれ、万事休す。1-2で破れてしまった。

 ワールドカップに出ない相手に、勝ちきれなかったことは問題であるが、このことについては特に触れない。やはり、玉田である。FWながら、ボールを奪おうと献身的に動いていた。しかし、決定的な場面が少なくとも3回あったにもかかわらず、決めきれなかった。FWとして、点を獲ることを望まれているにもかかわらず、点を獲れなくては、名古屋サポとして残念だが、ワールドカップメンバーから外されても仕方がないように思う。

 世の中は、ワールドカップへ向けて、徐々に盛り上がりつつある。土曜日、スコットランド戦では、その盛り上がりに答えるようにブルガリア戦の不安を払拭できる結果を出してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

勝ちきれない J1リーグ第12節 磐田×名古屋

 前節、古賀を前線に上げる策をとり、一応の結果が出た我が名古屋グランパス。今節の相手は、昨年相性がよかった磐田。磐田は、福西を出場停止で、鈴木をケガで欠くので、調子がいまいち上がらない名古屋だが、勝機は十分にあり得る。前節の内容からの期待感やGWということもあって、急遽、静岡スタジアムエコパに足を運ぶことにした。昨年、川口能活ファンの妻とともにジュビロサポとして数試合観戦したが、今回はもちろん名古屋を熱烈にサポートさせていただく。

 わが家を出て、およそ1時間30分、12時少し前、愛野駅前市営駐車場に着いた。試合開始3時間前なので、かなり余裕があった。市営駐車場は1時間100円(最高800円)、一方、駅周辺の空き地を有効活用した臨時駐車場は1回1000円。明らかに市営駐車場の方がお得なのだが、隣の臨時駐車場に続々と車が入っていった。
 駐車場からゆっくり歩いて12時30分頃、スタジアム前広場に着いた。今節も「ファミリーJoinデイズ」ということで、各種屋台やイベントがあり、盛り上がっていた。富士宮焼きそばとスタジアム名物コロッケで腹ごしらえをして、スタジアムに入った。妻をジュビロ側の席に残し、わたしは名古屋サポの中に席を取った。
 ちびっ子の前座試合、千里愛風・インスピのミニライブ、センターサークルターゲットなど、ジュビロのホームゲームはいつもながら、試合開始まで飽きさせないイベントが組まれていた。

 さて、試合である。前節の「奇策」で味をしめたのか、最初から古賀がFW登録である。戦術的には前節と同じであろう。試合開始とともに、前節同様、名古屋ペースで試合が進んだ。その勢いで、前半18分、楢崎のロングフィードが前線の山口につながり、相手DFに競り勝ち、ボールがゴールに吸い込まれていった。リーグ戦としては、第7節京都戦以来の先制点だ。前節の調子で行けば、勝ちきれないことはない。しかし、カップ戦では先制するも、追いつかれるゲームが2試合続いている。いやな予感は的中するもので、磐田の時間帯が続いてた前半31分、ファブリシオにFKを直接決められ、追いつかれてしまった。次第に大森や増川の凡ミスが目立つようになるが、1-1のまま前半を終了した。

 後半、選手交代はなく、名古屋ボールでキックオフ。後半は磐田ペースで試合が進んだ。名古屋は前半から徹底して古賀の頭を狙うが、功を奏しない。玉田がGKと一対一になるものの、決めきれない。明らかに大森や増川の動きが良くないのに、選手交代の気配は全くない。そうこうしているうちに、後半21分、右サイドをオーバーラップしてきた茶野のクロスを前田が決め、磐田に逆転を許してしまった。だが、諦めてはいけない。後半31分、ファブリシオのお返しとばかり、本田のFKが決まり、同点に追いついた。後半30分、中村に代わり、杉本が入り、裏を走らせるプレーで勝機を見いだそうとするが、功を奏しない。試合終了間際に鴨川と藤田を入れるが、そのまま試合終了。開幕戦以来の複数ゴールを決めるも、勝ちきれなかった。

 前節と同様に、試合にかける選手たちの熱い思いを感じることができた。しかし、それが攻撃や守備に生きているとは言い難い。
 攻撃面では、古賀を生かそうとするのは分かるが、本職ではないので、高さしか生きていない。周りともうまく連動していないので、相手にしてみれば、脅威ではなかっただろう。玉田にゴールを決めてほしいのだが、左サイドにいることが多く、また、周りの選手は玉田に渡せば、何とかなると思っているのか、フォローが無く、相手に奪われてしまうことが多々あった。
 守備面では、大森の消極的な姿勢と増川の寄せの遅さが目についた。大森にはサイド攻撃の一端を担う必要があるのだが、1回しか上がっていない気がする。増川の守備のずれは致命的である。
 他に、フォローがないのか、周りをあてにしないのか、ボールを持ちすぎる選手が多かった。キムのカードコレクターぶりも何とかして欲しい。

 ここ2試合、気力で何とか引き分けで終えることができたと見ている。まだナビスコがあるが、2ヶ月の中断期間に入る。ここでどれだけ修正できるかで、残りおよそ3分の2の行方がかかっている。今節、負けずに終えたことをプラスに考えて、2ヶ月間を有意義に使ってほしい。

| | コメント (3) | トラックバック (11)

2006年5月 4日 (木)

必死さが伝わってきた J1リーグ第11節 名古屋×横浜FM

 4月は、勝ち星に見放された我が名古屋グランパス。月が変わり、気分一新したいところ。ここ数試合、だらだらしたプレーが目についたが、前日に緊急ミーティングを行ったそうで、その成果を出してほしい。対する横浜Fマリノスは、中澤が戻ってくるが、怪我人に悩まされている。勝つチャンスはありそうだ。

Simg_3447

 今節は、夜の試合ということで、昼間は4月末にオープンしたばかりの岐阜県土岐市の温泉施設「バーデンパークSOGI」で4月未勝利の厄をきれいさっぱり流してきた。温泉のぽかぽか感を残したまま豊田スタジアムに着いたのは、午後3時前。すでに長い列ができていた。「GWはファミリーJoinデイズ」ということで、スタジアム前の広場では、さまざまなイベントが開催されていたので、列に荷物を残して、足を運んでみた。ポールには鯉のぼりが泳ぎ、広場では小学生以下向けのPK勝負や的当て、屋台、応援メッセージなどで盛り上がっていた。わたしは応援メッセージの列に並んだ。10分ほど並び、Mr.ピッチの携帯ストラップをもらい、マジックを受け取った。楢崎とキムのフラッグにメッセージを書き込んだ。


Simg_3450

 4時、開場。新人研修の須藤からマッチデープログラムを受け取った。今節は、前座として、少年サッカーの親善試合が組まれていた。在東京欧州学校選抜VS豊田市立根川小学校選抜。欧州が青、根川小が赤のユニフォーム。マリノスとグランパスを意識した色か?小学生の試合なのだが、意外と盛り上がった。途中、弱ったカラスがピッチに舞い降りるハプニングがあったが、根川小が2-1と逆転勝利。この勢いにグランパスも乗ってほしい。

 やっと本題。名古屋と横浜FMとのゲーム。いい加減に勝ってほしいという気持ちの表れか、ゴール裏のサポーターのテンションがいつもより高い。わたし自身もいつも以上に声を張り上げてしまう。DFに秋田が戻ってきた。これでディフェンスラインは安心だ。
 試合開始後まもなくして、古賀が前線に残ったままであることに気付いた。DFは3バックになっている。前節、3バックの方が安定していたので、攻撃に枚数を増やすのは悪くない。それに古賀の不用意なファールを見なくても済む。古賀のFW起用が功を奏したのか、序盤から名古屋ペースで試合がすすんだ。DFも秋田を中心に増川の高さも生きて、危ない場面を作らせることもなかった。気持ちを入れ替えたのか、ここ数試合見られなかった必死さが伝わってきた。しかし、相手DFは代表経験者の松田と中澤。代表経験のない名古屋の選手たちをしっかり潰していた。結局、点を獲ることができないまま、前半が終了した。

 後半、前半同様、名古屋が押し気味で試合を進めた。何度も何度も好機を演出するが、ゴールを割ることができないまま、時間が過ぎていった。そして、後半35分、名古屋ゴール前の混戦の中で、マグロンに押し込まれてしまった。緊張の糸が切れたようにピッチにへたり込んだ名古屋の選手たちの姿に、この試合にかける必死さを感じた。直後、玉田に代わり鴨川が入った。そして、早速、鴨川が見せてくれた。左サイドからゴール前に切り込もうとしたところでファールをもらい、名古屋のFKのチャンスを得た。本田のFKを古賀が押し込み、すぐさま同点とした。いけるぞ名古屋。だが、追加点を奪えないまま、1-1で試合が終わった。

Simg_3452

 この試合については、賛否があるだろう。勝ち点3が獲れたはず。勝ち点1でも良しとしよう。わたしは、後者をとる。まず第一に、ここ数試合、不甲斐ないゲームを見せられていたので、今節の選手たちの必死さは嬉しかった。GWでいつもより多い観客にもアピールできたと思う。
 古賀のFW起用については、結果的に功を奏したと思う。しかし、古賀をFWに上げることより、古賀を外した3バックが安定していたことを評価したい。ということで、3バックにした上で、攻撃にもう1人加えた方がチームに合っている気がする。
 結局、勝ち点1で終わったことが名古屋の現状なのである。代表未経験の山口が必死に走り、点に絡もうとするが、代表経験豊富な横浜DFにことごとく潰された姿が印象的だった。このような部分が改善されない限り、名古屋の上位浮上は望めない。

 それでも、選手たちの必死さが伝わってきた良い試合だった。というか、いつもこのような試合をしなくてはならないのがプロ選手なのだ。いつもより多い観客も満足してくれたと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (6)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »