« 必死さが伝わってきた J1リーグ第11節 名古屋×横浜FM | トップページ | ゴォール たーまだー ならず… キリンカップ ブルガリア戦 »

2006年5月 7日 (日)

勝ちきれない J1リーグ第12節 磐田×名古屋

 前節、古賀を前線に上げる策をとり、一応の結果が出た我が名古屋グランパス。今節の相手は、昨年相性がよかった磐田。磐田は、福西を出場停止で、鈴木をケガで欠くので、調子がいまいち上がらない名古屋だが、勝機は十分にあり得る。前節の内容からの期待感やGWということもあって、急遽、静岡スタジアムエコパに足を運ぶことにした。昨年、川口能活ファンの妻とともにジュビロサポとして数試合観戦したが、今回はもちろん名古屋を熱烈にサポートさせていただく。

 わが家を出て、およそ1時間30分、12時少し前、愛野駅前市営駐車場に着いた。試合開始3時間前なので、かなり余裕があった。市営駐車場は1時間100円(最高800円)、一方、駅周辺の空き地を有効活用した臨時駐車場は1回1000円。明らかに市営駐車場の方がお得なのだが、隣の臨時駐車場に続々と車が入っていった。
 駐車場からゆっくり歩いて12時30分頃、スタジアム前広場に着いた。今節も「ファミリーJoinデイズ」ということで、各種屋台やイベントがあり、盛り上がっていた。富士宮焼きそばとスタジアム名物コロッケで腹ごしらえをして、スタジアムに入った。妻をジュビロ側の席に残し、わたしは名古屋サポの中に席を取った。
 ちびっ子の前座試合、千里愛風・インスピのミニライブ、センターサークルターゲットなど、ジュビロのホームゲームはいつもながら、試合開始まで飽きさせないイベントが組まれていた。

 さて、試合である。前節の「奇策」で味をしめたのか、最初から古賀がFW登録である。戦術的には前節と同じであろう。試合開始とともに、前節同様、名古屋ペースで試合が進んだ。その勢いで、前半18分、楢崎のロングフィードが前線の山口につながり、相手DFに競り勝ち、ボールがゴールに吸い込まれていった。リーグ戦としては、第7節京都戦以来の先制点だ。前節の調子で行けば、勝ちきれないことはない。しかし、カップ戦では先制するも、追いつかれるゲームが2試合続いている。いやな予感は的中するもので、磐田の時間帯が続いてた前半31分、ファブリシオにFKを直接決められ、追いつかれてしまった。次第に大森や増川の凡ミスが目立つようになるが、1-1のまま前半を終了した。

 後半、選手交代はなく、名古屋ボールでキックオフ。後半は磐田ペースで試合が進んだ。名古屋は前半から徹底して古賀の頭を狙うが、功を奏しない。玉田がGKと一対一になるものの、決めきれない。明らかに大森や増川の動きが良くないのに、選手交代の気配は全くない。そうこうしているうちに、後半21分、右サイドをオーバーラップしてきた茶野のクロスを前田が決め、磐田に逆転を許してしまった。だが、諦めてはいけない。後半31分、ファブリシオのお返しとばかり、本田のFKが決まり、同点に追いついた。後半30分、中村に代わり、杉本が入り、裏を走らせるプレーで勝機を見いだそうとするが、功を奏しない。試合終了間際に鴨川と藤田を入れるが、そのまま試合終了。開幕戦以来の複数ゴールを決めるも、勝ちきれなかった。

 前節と同様に、試合にかける選手たちの熱い思いを感じることができた。しかし、それが攻撃や守備に生きているとは言い難い。
 攻撃面では、古賀を生かそうとするのは分かるが、本職ではないので、高さしか生きていない。周りともうまく連動していないので、相手にしてみれば、脅威ではなかっただろう。玉田にゴールを決めてほしいのだが、左サイドにいることが多く、また、周りの選手は玉田に渡せば、何とかなると思っているのか、フォローが無く、相手に奪われてしまうことが多々あった。
 守備面では、大森の消極的な姿勢と増川の寄せの遅さが目についた。大森にはサイド攻撃の一端を担う必要があるのだが、1回しか上がっていない気がする。増川の守備のずれは致命的である。
 他に、フォローがないのか、周りをあてにしないのか、ボールを持ちすぎる選手が多かった。キムのカードコレクターぶりも何とかして欲しい。

 ここ2試合、気力で何とか引き分けで終えることができたと見ている。まだナビスコがあるが、2ヶ月の中断期間に入る。ここでどれだけ修正できるかで、残りおよそ3分の2の行方がかかっている。今節、負けずに終えたことをプラスに考えて、2ヶ月間を有意義に使ってほしい。

|

« 必死さが伝わってきた J1リーグ第11節 名古屋×横浜FM | トップページ | ゴォール たーまだー ならず… キリンカップ ブルガリア戦 »

コメント

前線でポストできる選手がいないという問題はあったし、増川もFWやっているので古賀は奇策というよりは必然からきた苦肉の策といったところでしょうか。

投稿: Frantz | 2006年5月 7日 (日) 19時55分

トラバありがとうございました。
古賀の代わりのFW獲得が急務に
なって来ましたね。僕は玉田はもう
いらないと思います。
高さといえば豊田ですが、ことごとく
競り合いに負けるところを見ると使え
ない。再開後チームが変わっていること
を願うしかないです。

投稿: ぴちぶー | 2006年5月 7日 (日) 23時06分

>Frantzさん
 苦肉の策とも言えますが、あえて古賀を起用すべきかどうかは疑問です。

>ぴちぶーさん
 玉田自身は力がある選手だと評価していますが、周りと連動できない限り、結果は出せないでしょうね。

投稿: くろ | 2006年5月 9日 (火) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/9937903

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ちきれない J1リーグ第12節 磐田×名古屋:

» 第12節vs磐田戦 [しんたまごブログ]
J1 第12節 磐田 (4勝3敗4分)21-1 1-12名古屋 (2勝5敗5分) 前半18分(名古屋)楢崎→山口 前半32分(磐田) ファブリシオ 後半21分(磐田)茶野→前田 後半31分(名古屋) 本田 ワーイ、ワーイ、開幕戦以来(?)の2得点だぁ((^┰^))ゞ ・・・・・ などと今日は笑いネタ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 10時28分

» 第12節ジュビロ戦 [前線へ。その先へ。グランパスブログ2006]
ジュビロ戦観戦してきました。マリノス戦については、相手も低調であったため FW古賀を使った戦法に対して完全に不振脱出の光が差したと考るのはいかがな ものかと思っていましたが、3試合連続無失点中の磐田相手に2点を取った今日 の試合を見て暗いトンネルに光が差し込んだと見ていいと思う。 前半開始から押し込みマリノス戦とは見違えるような出来であった。 そんな中前半18分CKのボールをキャッチした楢崎が前線へ�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 11時07分

» グランパス vs ジュビロ磐田 [トヨタファン]
グランパスはジュビロと試合を行い今回も勝つことが出来ず、2−2の引き分けで終わりました。 前半に楢崎からのゴールキックを山口がゴール前に走り込み、それに飛び出してきたキーパーを上手くかわし先制点を奪いました。 ここまでは良かったけど、その後相手にFKを直接決められ同点に追いつかれました。 このゴールは1度は止めたけど、秋田が注意を受けた為やり直しになり同点ゴールを決められてしまいました。 後半には逆転ゴ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 12時35分

» 2006 J1 第12節 名古屋vs磐田 2-2 [Masa-Changの「ことばのたれながし」]
勝てねぇなぁ…。 勝てねぇよぉ…。 ってな訳で、スタメン。 ☆ 名古屋グランパスエイト GK 1 楢崎 正剛 DF 4 大森 征之 DF 2 秋田 豊 DF 16 増川 隆洋 DF 14 吉村 圭司 MF 8 金 正友 MF 13 山口 慶 MF 24 本田 圭佑 MF 7 中村 直志 FW 5 古賀 正紘 FW 11 玉田 圭司 SUB GK 22 川島 永嗣 DF 20 角田 誠 DF 29 深津 康太 MF 31 阿..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 13時22分

» グランパス、磐田と引き分ける [思いつくまま]
エコパでのグランパス{/v/}ズビロ磐田戦。ズビロ{/face_hekomu/}もカジバ{/face_hekomu/}と並んで大嫌いなチーム。 今日も古賀がFW。ズビロは福西がいなかった。前半18分、相手CKをキャッチした楢崎がロングフィード。これに走りこんだ山口K君が、川口と田中マコのお見合いをかわして触り、ラッキーなゴール{/soccer/}。25分に逆襲からピンチになり、楢崎が2つファインセーブ。30分にゴール前... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 16時28分

» 2006Jリーグ第12節 磐田戦 [鯱PUNK A GO GO GO!!!]
磐田2−2名古屋31分 ファブリシオ       18分山口慶66分 前田遼一        76分 本田圭佑テンション高めの実況とよく喋る桑原氏にいらいらしながらも見たNHK録画放送、前節の戦う気持ちはそのままに多少の運動量の低下こそあったものの最後までしのぎ引き分けにした選手達にまずは拍手。特に後半自陣左サイドで守勢に回り必死にあえいでいた本田が疲れも感じさせずしっかりと軸足を踏み込み左足... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 17時22分

» 家本さんがエコパにやってきた 〜vs磐田戦 [人生常にアウェイな鯱サポーター in 東京]
電車で行くかクルマで迷った末、クルマで行ってきましたエコパ。 ここ来るの初めてなんだけど、緑はキレイだしドライブには最高だね。 道中、東名で事故渋滞に巻き込まれて半ギレしたのも忘れたよw スタメン発表、性懲りもなくまたFW古賀w 秋田、増村、大森と並んで吉村がDF。フェルホーセンさん・・・そんなテレ隠しで DF登録4人にしたって3バックなのバレバレですから! しかし覚悟していたとはいえサイドは徹底的に突かれるね、2失点目はアグレッシブにプレスに 行ったところをうまくかわ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 19時46分

» 5月6日磐田対名古屋 [グランパス親子観戦記]
前日の夜、家内から「目覚まし時計はすぐに止めて、私達(家内と下の娘)を 起こさないよう、とにかく静かに出発するように」とさんざん言われていたせいか、 結局目覚ましが鳴る前の朝4時に起床。 後部席を畳んで布団を敷いて、寝たままの息子を車に放り込んで、 5時ちょうどに柏の自宅を出発。 その後は、6時海老名SA通過・6時半御殿場IC通過・7時清水IC通過と 順調かつノンストップでドライブし、7時半に牧の原SAへ到着。 ここで少し仮眠したかったんだけど、息子が起きたので、 寝間着..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 15時27分

» 対ジュビロ〜ここまでは想定の範囲と言えば範囲〜 [戯言]
磐田 2−2 名古屋 『Jリーグタイム』と『SUPER SOCCER』のダイジェストのみしか 見てないですが、アウェーでのドローなのですから充分な結果では無いでしょうか。 同点に追いついた本田君のフリーキックは文句のつけようのない素晴らしい フリーキックでした。 彼のプレーは本当に見ててワクワクします。 こんだけワクワクするのはオグ、ピクシー以来です。 期待しているだけに物足りな... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 22時25分

» 12節・磐田戦@エコパ [蹴球人noコメント]
今回も古賀をFW起用した。 でもそれは予想通り。 だって前節のギャンブルは一定の成果はあげたわけだから。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 22時42分

» 西へ東へふたたび(磐田戦@エコパバスツアー) [タイトル未定2]
GWも今日で終わりですね。みなさんはGWいかがお過ごしですか? 俺はけっこう充実(?)してました。 つーか疲れました。>┼○ 某ゲームサイトの友だち4人でオフ会をすることになり、5月5日は大阪へ。そ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 16時23分

« 必死さが伝わってきた J1リーグ第11節 名古屋×横浜FM | トップページ | ゴォール たーまだー ならず… キリンカップ ブルガリア戦 »