« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月18日 (日)

へこみつづけてました ワールドカップグループF オーストラリア戦

 6月9日、ワールドカップが開幕した。毎晩、22時から、1時から、4時から放送がある。さすがに全試合を見ることはできず、平日は22時からの試合のみライブで見ている。すでに、1次予選も2巡目に入り、ぞくぞくと決勝トーナメント進出国が決まっている。A組のポーランドの苦戦やE組の混戦は予想外だった。

 さて、我が日本代表は、12日に初戦を迎え、オーストラリアにまさかの逆転負けを喫してしまった。約1週間、へこみ続け、仕事が混んでいたのもあったが、ようやく書く気になった。
 オーストラリア戦は、妻とともに地元のスポーツバー「QUARTERS」で観戦した。キックオフ1時間前の21時に店に着くと、すでに店内はさらっと埋まり、テレビ画面ではスタジアムの様子が流れていた。多少の不安を感じつつも、格下相手に勝ち点3が獲れると、確信して、試合開始を待った。キックオフが近づくにつれ、店内は人であふれ、ニッポンコール、選手コールですでに店内のボルテージは最高潮に達した。

 オーストラリアの猛攻に耐えつつ、前半26分、中村のゴールが決まった。その瞬間、店内はわれんばかりの歓喜が渦巻き、わたしも周りにいる人たちとハイタッチをしまくっていた。1-0で前半終了。店内にいる人たちはすでに試合に勝ったような気分だった。しかし、まだ後半があるので、浮かれてはいられない。そして、これが現実になってしまった。

 後半もオーストラリアの猛攻を受け続け、川口のファインセーブで何とか凌ぐ状態が続いた。これではいけない。追加点を奪うか、守りを固めるかしなくてはいけない。そう思っていると、後半34分、柳沢に代えて、小野が入った。この交代に何の意味があるのか、分からないうちの後半39分、オーストラリアに同点とされてしまった。店内のテンションは下がってしまったが、まだ諦めていないぞ。ここで、大黒を入れて欲しいと思ったが、ベンチは動かず、後半44分、追加点を許す。もうだめだ。さらにもう1点。言葉がない。このまま試合終了。まさかの逆転負け。

 店内にいる誰もが放心状態だった。店員が「気持ちを切り替えましょう」と呼びかけるも、簡単に切り替わるかってんだ。

 帰宅のためにタクシーを呼び、目印のローソンの店頭で待っていたら、通りがかりの車からおじさんが顔を出し、ビールを差し出してきた。2人してよっぽどへこんでいたように見えたらしい。

 今日は、朝からテレビ朝日がクロアチア戦に向けて、特番を組んでいる。オーストラリアに勝てずに、クロアチアに勝てるわけがない。でも、わたしは今夜もスポーツバーで観戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ワールドカップ開幕

 ついに2006FIFAワールドカップが開幕しました。本大会に出場するための予選は2003年から始まっていたので、やっとという感があります。オープニングセレモニーはオリンピックのような長々としたマスゲームではなく、コンパクトにまとめられていました。歴代優勝国のかつての代表選手たちの入場がよかった。ただ、アルゼンチンのマラドーナがいなかったのが残念。

 オープニングゲームは、ドイツ×コスタリカ。前回大会のフランス×セネガルのような番狂わせはなく、4-2でドイツが勝利を収めました。ただ、勝ったものの、2失点しているところが、気になります。続く、ポーランド×エクアドルは、大方の予想に反して、エクアドルが勝利しました。

 仕事から帰って、翌朝、出勤するまでの間に、3試合見ることができます。しかし、そんなことを毎日は続けられません。日本時間22時からのゲームは見ておこうと思います。

 日本の初戦まであと3日。今から緊張しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

物足りないな 親善試合 マルタ戦

 ワールドカップ開幕まで5日。日本の初戦まで8日。ワールドカップ前の最後の力試しとなったマルタ戦。FIFAランク3けたチーム相手に大勝して気持ちよくワールドカップに臨みたいところだ。

 今回、FWはドイツ戦で活躍した高原と柳沢に代わり、玉田と大黒が先発した。また、ドイツ戦で負傷した加地に代わり駒野が先発した。

 試合開始早々の前半2分、玉田が先制のゴールを決めた。ここから怒濤のゴールラッシュを期待したのだが、追加点を奪うことなく88分が過ぎ、結局、1-0で試合が終わった。

 試合には勝ったものの、実力差から言って、この試合結果はいただけない。ドイツ戦の結果がF組各国を驚かせたように、この試合の結果でも驚かせ、威圧しなくてはならなかった。
 とは言え、大事なワールドカップを控えて、また、格下チーム相手に必死に戦う必要はないだろうし、無駄にケガをしたくないだろう。そう考えると、妥当な結果と言えるだろうか。

 日本の初戦、オーストラリア戦まで1週間。わたしたちも気持ちを高めていく。もちろん23人も気持ちを高めて、まずは初戦勝利に向けて力を尽くして欲しい。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »