« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

だからJ2に落ちるんだよ J1リーグ第33節 名古屋×福岡

 3月から始まった今季のリーグ戦も、ついにホーム最終戦を迎えた。今節は、中村、藤田、本田、キムが停止明けだが、代わってヨンセンが出られない。これまでヨンセン頼みだっただけに、必死に食らいついて来るであろう福岡と戦えるだろうか。今節は瑞穂で観戦する。今季は、8試合生観戦して、3勝5敗で負け無し。だから、今節も負けるはずがない。

 開場1時間前にスタジアムに到着しても、並んでいる人はロープの半分ほど。少なっ!ホーム最終戦だと言うのに。相手が降格圏内の福岡だしな。

 試合開始直前に、福岡サポから「増川スパイ大作戦」の横断幕が出された。相手選手を中傷するメッセージは問題だろうが、はたして何を訴えたかったのだろうか。

 前半、福岡が若干攻撃的に来ていたが、互いに決め手の無いまま試合は流れた。その中で、主審のレフェリングは疑問だらけだった。名古屋のプレーはファールなのに、福岡のプレーはファールじゃない。どうも福岡寄りなんだよね。と思っていたら、前半30分、福岡のファールを取ってくれて、名古屋にPKが与えられた。これを玉田がきっちり決めて名古屋が先制点を挙げた。玉田と言い、時間帯的と言いアウェイの福岡戦と同じじゃないか。勝つしかない福岡は積極的に攻めているのだが、点が入りそうな雰囲気がない。名古屋も似たようなものだった。前半はこのまま終了。

 後半、福岡が積極的に出てくるも、名古屋ゴールを脅かすほどではなかった。逆に、名古屋は後半16分、相手のボールをカットした藤田が左サイドの杉本に出し、杉本のセンタリングを中村がダイレクトでゴールにたたき込んだ。2-0。これで福岡を気持ちよくJ2に送り出せる。福岡もこれでは終われないのだが、攻撃に迫力もないし、可能性もない。どこからか「だからJ2に落ちるんだよ」という声が聞こえてきた。納得。名古屋も終盤はシュートも打てず、尻すぼみな感じだったが、無失点で試合を終えることができた。

 浦和とG大阪の優勝争いもC大阪と福岡の自動降格争いも最終節に持ち越しになった。いずれの争いにも名古屋がおもしろく絡んだ結果か。次節は、いよいよ最終節、J2降格が決まった京都が相手だ。こちらもきっちり勝って、京都を気持ちよく送り出してあげよう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年11月23日 (木)

負けなくてよかった J1リーグ第32節 C大阪×名古屋

 前節、首位の浦和に勝利した我が名古屋グランパス。しかし、その代償は大きく、藤田、中村、本田が今節出場停止になってしまった。さらに2節出場停止のキムもいない。アウェイで残留争いの渦中にいるC大阪相手に勝ち点3がとれるのだろうか。今節は、NHK-BSで「浦和×甲府」、BS-iで「福岡×G大阪」を観戦しつつ、J’sGOALと2chで試合経過をチェックする。

 今節は、全試合15時キックオフだ。2chの実況によると、キックオフ直後から渡邊の不出来が書きこまれ続けた。その結果、前半7分にイエローをもらってしまう。そして、前半14分、先制点を奪われてしまった。さらに、渡邊は前半28分にもう1枚イエローをもらってしまい、試合開始30分も経たないうちに退場となった。1点ビハインドで、10人、しかも中盤が組み立てられない状況では、いくら下位チームとはいえ、残留に必死な相手から得点は難しいだろう。と思っていたら、10人になってしまった直後に、ヨンセンが同点ゴールを決めてくれた。よし!
 しかし、その後は、2chの実況も実況ではなくなるぐらい、つまらない内容になってしまったようで、選手交代以外、試合が動くことはなく、結局、1-1で試合が終了した。10人になってしまったのに、中盤がぐだぐだだったのに、負けなかったのは、良かったと言えよう。

 次節は、ホーム最終戦だ。しかし、ヨンセンがイエローの累積で出場停止。これは、痛いなあ。次節も残留争いを演じている福岡なので、必死で来るだろう。こっちも必死でいこう。

| | コメント (8) | トラックバック (13)

2006年11月18日 (土)

勝負はサポの数じゃない J1リーグ第31節 名古屋×浦和

 リーグ戦、2連勝中の我が名古屋グランパスエイト。今節は首位の浦和を豊田スタジアムに迎える。随分早い内に指定席は完売したそうで、浦和サポが大挙して押し寄せることが予想される。
 今節は久しぶりに生観戦する。首位浦和相手に苦戦が予想されるが、浦和にとって名古屋は鬼門。さらに、今季、わたしが生観戦した試合は負け無し。今季の豊田スタジアムのゲームも負け無し。これは勝ったも当然か。

Simg_3823

 シャトルバスの始発に乗るべく、9時30分に元町工場駐車場に到着した。すでに列ができているのだが、そのほとんどが浦和サポで、いきなり「アウェイ」な気分。9時50分、1番バスに乗り込んだ。バスの中は、ウィーアーレッズ。豊田駅近くで歩いている赤い集団もウィーアーレッズ。橋を渡っている人たちもウィーアーレッズ。スタジアムの周りもウィーアーレッズ。完全に「アウェイ」じゃないか。と思ったら、バスでわたしの横の女性が名古屋サポだった。その女性のはからいで、場所取りをしているところに入れてもらえることになり、開場後間もなく、スタジアムに入ることができた。感謝。

 いつもの豊田スタジアムなら、アウェイゴール裏は、一角が埋まれば上等なのだが、さすが浦和、名古屋を上回るペースで、埋まっていく。そうこうしている内に、ピッチ上では、「親子サッカー教室」が始まった。よーく見ると、子どもたちとふれあっているピクシーの姿があった。今のちびっこは、ピクシーの偉大さを知らないだろうな。

Simg_3826

 気が付くと、浦和のゴール裏は、最上階までびっしり真っ赤に埋まっていた。そして、声出しが始まった。なんなんだこの音量は。隅から隅まで、手をたたき、飛び跳ねている。サポーターの規模で言えば、完全に負けている。対する名古屋のゴール裏は、いつも通り、ゴール真裏だけが盛り上がっている感じ。でも、試合に勝てばいいんだよ。

 浦和ボールで始まった前半は、順位の差を感じないぐらい、互いに一進一退の攻防が続いた。前半は特に見せ場のないまま、0-0で折り返した。シュートの数は、名古屋2本、浦和4本とまずまず。
 しかし、後半は、首位チームが牙をむいた。おもしろいようなボール回しで攻め立て、シュートもどんどん打っていく。いつ点を獲られてもおかしくない状況が続いたが、DF陣と楢崎が踏ん張り続けた。隙を見ては、名古屋も攻めるがゴールを脅かすまでには至らない。時間が経つにつれ、浦和もしびれを切らしたのか、闘莉王を前戦に上げて前がかりになってきた。後半34分、そこを名古屋がうまく突いた。左サイドから本田が上げたクロスをゴール前のヨンセンがヘッドで決めた。見たか!浦和サポーターども!しかし、残り10分強、耐えきれるのか。先制された浦和はさらに前がかりになってきた。恐い。でも、耐えろ!そして、歓喜の時。1-0、勝ったぞー!

 大挙して集まった浦和サポを前に首位チームを叩いたことが何よりも嬉しい。ただ、イエローをもらいすぎた。次節は、藤田、本田、中村が出場停止。調子をつかみつつある時だけに、痛いなあ。

 帰宅途中に立ち寄ったコンビニで浦和サポとすれ違い、「お疲れ様でした」と声をかけられた。負けても、優勝に一番近い立場にあるためか、何か余裕を感じた。

| | コメント (8) | トラックバック (12)

2006年11月11日 (土)

勝ってしまった J1リーグ第30節 大分×名古屋

 リーグ戦、天皇杯と秘かに連勝中の我が名古屋グランパス。久しぶりのリーグ戦、アウェイで大分相手に勝ち点3がとれるのだろうか。今節は、NHK-BSで「浦和×横浜」、BS-iで「鹿島×G大阪」を観戦しつつ、J’sGOALで試合経過をチェックする。

 今節は、全試合15時キックオフだ。各試合で続々と点が入っていくのに、名古屋戦は全く動きがない。ただ、相変わらずキムはイエローをもらっている。前半は、0-0で終えた。後半も動きがない。と思っていたら、後半26分、杉本がゴールを決めてくれた。大分相手にこのままでは終われないと思われたが、1-0で逃げ切った。

 試合の様子は、Jリーグタイムで見ることができた。スタッツでは、ボール支配率もシュート数も名古屋が上回ったが、テレビでは名古屋が大分に押し込まれていたような印象を受けた。

 これで、リーグ2連勝。次節は、豊田スタジアムでの浦和戦。浦和は、今節、主力DFを何人か欠きながらも、無失点で勝っている。勝ち目はないだろうが、やってみなければ分からない。次節は久しぶりに観戦しようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年11月 5日 (日)

J1の面目躍如 第86回天皇杯4回戦 名古屋×仙台

 元日の決勝戦以外、全国的に認知度の低い天皇杯であるが、わたしは以前から注目している大好きな大会だ。日本サッカー界の各カテゴリーが参加して行われる唯一の大会だからだ。昨年からは9月以降、ゆったりした日程で行われている。

 4回戦からはいよいよJ1のチームが登場する。土曜日の対戦は、いずれもJ1のチームが勝利した。アップセットは起こらなかったが、日曜日の対戦の中では、J2の仙台と対戦する我が名古屋グランパスが危ないかも。と思いながら、J’sGOALと2chで試合経過をチェックした。

 東京、清水、大分が順調に得点を重ねていったのに、我が名古屋は前半の1点で打ち止めとなった。格下相手に、何でもっと点が獲れないんだと憤ってしまう試合結果だが、勝ち抜けただけでも良しとするか。
 日曜日の対戦も、結果的に波乱が無く終わった。

 4回戦は、水曜日に鹿島×HondaFC、千葉×札幌の対戦が残っている。わずかに残ったアップセットを楽しみにしようか。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »