« 負けなくてよかった J1リーグ第32節 C大阪×名古屋 | トップページ | 優勝争いも気になるけれど、やっぱり名古屋 J1リーグ第34節 京都×名古屋 »

2006年11月26日 (日)

だからJ2に落ちるんだよ J1リーグ第33節 名古屋×福岡

 3月から始まった今季のリーグ戦も、ついにホーム最終戦を迎えた。今節は、中村、藤田、本田、キムが停止明けだが、代わってヨンセンが出られない。これまでヨンセン頼みだっただけに、必死に食らいついて来るであろう福岡と戦えるだろうか。今節は瑞穂で観戦する。今季は、8試合生観戦して、3勝5敗で負け無し。だから、今節も負けるはずがない。

 開場1時間前にスタジアムに到着しても、並んでいる人はロープの半分ほど。少なっ!ホーム最終戦だと言うのに。相手が降格圏内の福岡だしな。

 試合開始直前に、福岡サポから「増川スパイ大作戦」の横断幕が出された。相手選手を中傷するメッセージは問題だろうが、はたして何を訴えたかったのだろうか。

 前半、福岡が若干攻撃的に来ていたが、互いに決め手の無いまま試合は流れた。その中で、主審のレフェリングは疑問だらけだった。名古屋のプレーはファールなのに、福岡のプレーはファールじゃない。どうも福岡寄りなんだよね。と思っていたら、前半30分、福岡のファールを取ってくれて、名古屋にPKが与えられた。これを玉田がきっちり決めて名古屋が先制点を挙げた。玉田と言い、時間帯的と言いアウェイの福岡戦と同じじゃないか。勝つしかない福岡は積極的に攻めているのだが、点が入りそうな雰囲気がない。名古屋も似たようなものだった。前半はこのまま終了。

 後半、福岡が積極的に出てくるも、名古屋ゴールを脅かすほどではなかった。逆に、名古屋は後半16分、相手のボールをカットした藤田が左サイドの杉本に出し、杉本のセンタリングを中村がダイレクトでゴールにたたき込んだ。2-0。これで福岡を気持ちよくJ2に送り出せる。福岡もこれでは終われないのだが、攻撃に迫力もないし、可能性もない。どこからか「だからJ2に落ちるんだよ」という声が聞こえてきた。納得。名古屋も終盤はシュートも打てず、尻すぼみな感じだったが、無失点で試合を終えることができた。

 浦和とG大阪の優勝争いもC大阪と福岡の自動降格争いも最終節に持ち越しになった。いずれの争いにも名古屋がおもしろく絡んだ結果か。次節は、いよいよ最終節、J2降格が決まった京都が相手だ。こちらもきっちり勝って、京都を気持ちよく送り出してあげよう。
 

|

« 負けなくてよかった J1リーグ第32節 C大阪×名古屋 | トップページ | 優勝争いも気になるけれど、やっぱり名古屋 J1リーグ第34節 京都×名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/12833656

この記事へのトラックバック一覧です: だからJ2に落ちるんだよ J1リーグ第33節 名古屋×福岡:

» 対アビスパ〜ホームオーラス勝利締め!〜 [戯言]
J1第33節 名古屋 2−0 福岡 前半31分玉田 後半16分中村 毎度のごとく試合も見れずでネットで結果チェックして、 Jリーグタイムの短いダイジェスト見ただけです。 玉田はまたPKなのね・・・こいつもなぁ・・・直志はらしい良いシュートでした。 前節からして今回も降格ゾーンのチーム相手に苦戦するのかなと思いましたが、 蓋を開ければ快勝でしたか。 しかし�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時02分

» 名古屋グランパスエイト対アビスパ福岡戦。 [思いつくまま]
瑞穂陸上競技場での名古屋グランパスエイト{/v/}残留争い崖っぷち{/sos/}のアビスパ福岡戦。観客は1万7百人。 グランパスは、ヨンセンが出場停止だったが、ランクル賞受賞{/star/}でアジア大会代表選出の本田は、出発を遅らせ、スタメンで出ることができた。福岡は、中村北斗が怪我で6ヶ月戦線離脱の大ピンチ{/namida/}。 グランパスは、玉ちゃん、スギーニョの2トップ。中盤5人、バックは3人�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時23分

» 福岡戦 試合終了 2-0 [Teddy's Note]
ホーム最終戦は無事に勝利。 J1リーグ 第33節 @瑞穂名古屋グランパスエイト 2-0 アビスパ福岡玉田(前半31=PK)中村(後半16)http://www.so-net.ne.jp/grampus/result/2006/1126/result.htmlhttp://www6.nikkansports.com/soccer/jleague/score/2006/20061126nafk.html(試合前)(ハーフタイム) 試合前の選手紹介の時にアビスパ側ゴール裏に「増川スパイ大作戦」の段幕が出た... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時54分

» 福岡戦に勝って居心地のよい(?)順位に [赤鯱グラと黒鯱クー]
雨が心配、残留目標に挑んでくる福岡に対する守備が心配、ヨンセンのいない攻撃が心配……と、不安の多い中、 初めはガツガツきた福岡も、最後の決定機を決められず、 玉田がPKを得て、それを自ら決め、先制!! 後半は、しっかり守って、機あらば攻めあがる感じで、2点目をとった。 直志は後ろから走りこんで見事なシュート!! 決してたやすいシュートではなかったろうに、お見事!! この2点を守り、無失点で勝利!! ヨンセンの穴はわかり過ぎるほど感じたけれど、 それでも、2得点できたこと...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時35分

» 名古屋グランパス2-0アビスパ福岡 [前線へ。その先へ。グランパスブログ2006]
ホーム最終戦行ってきました。行きの桜通線は同じ車両に グラサポ僕1人に対し蜂6。なんじゃこりゃ?さすがに降格 がかかってると凄いな。まるでアウェー気分でスタジアムに 向かいました。 選手紹介の時には増川スパイ大作戦 の横断幕が福岡サポから出たらしい。一瞬の事で気付か なかった。 ヨンセンがいないということで前半開始は、リズムが作れず 大体想像がつく通りグダグダな試合が予想�... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 11時10分

» 名古屋 vs 福岡 〜on track, finally. [人生常にアウェイな鯱サポーター in 東京]
名古屋2−0福岡 これで5戦負けなし。これって今シーズンでは初めてなのかな、格上の相手、優勝候補筆頭、 手負いの残留争いチームと戦ってこの結果は評価できると思う。 結果はTVでしか分からないけど、エルゴラを見ると増川がMOM。サカダイも浦和戦の MOMに選んでるし、ホントにどうしてしまったのか増川。まだ最終節は残しているけど、 天皇杯、来シーズン以降もこのパフォーマンスを続けないとレギュラーは難しい。 誰も君の活躍に驚かなくなったとき、名古屋のCBは君のものとなる。頑張れ。 ..... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 21時34分

» 第33節vs福岡戦 [しんたまごブログ]
J1 第33節 名古屋 (12勝12敗9分)21-0 1-00福岡 (5勝17敗11分) 前半31分(名古屋) 玉田 後半16分(名古屋)杉本→中村 ヨンセン抜き。そしてシステムは3-5-2。 苦労したシーズン序盤にこんな戦い方があったような気がする。 もちろん、そのときは苦悩したと記憶しているが今...... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 22時50分

» きっちり勝利のホーム最終・福岡戦 [KEEP RUNNING!]
= 名古屋 2−0 福岡 = 【得点】名古屋:玉田・直志      福  岡:なし 試合前に年末交通安全キャンペーンの一環でスタジアムを一周する選手たちとグランパスくん [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/fe/90/victgura8/folder/552916/img_552916_24342594_1?2006-11-26,400)]] ヨンセンのスーツ姿かっこよすぎる!!! 心配された雨ですが、そこまで降ることはありません..... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 23時31分

» 福岡戦@瑞穂最終戦 [タイトル未定2]
   名古屋 2-0 福岡   今季瑞穂の最終戦はあいにくの雨でしたが、みごと白星で飾り試合後のセレモニーも終始なごやかなムードで迎えることができました。めでたし、めでたし。   って、今日は他会場... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 02時18分

» グランパスvs福岡 [トヨタファン]
グランパスは福岡と試合を行い2−0で勝ちました。 今回はヨンセンが出場停止だったので、攻撃がどうなるか不安だったけど2得点あげることが出来ました。 けど玉田は今回もPKでの得点で、なかなか流れのなかから得点が決まらないようです。 2点目は藤田が上手くインターセプトし、そこから速攻で杉本が前へ走り込んでいて折り返しを中村が後ろから走り込んできて、久しぶりに得点を決めたように思います。 玉田も得点こそは決めれな... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 22時22分

« 負けなくてよかった J1リーグ第32節 C大阪×名古屋 | トップページ | 優勝争いも気になるけれど、やっぱり名古屋 J1リーグ第34節 京都×名古屋 »