« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月25日 (日)

ヨーロッパ組の自信を見た キリンチャレンジカップ ペルー戦

 アジアカップを7月に控えているが、ようやく日本代表の今年の初戦が行われた。今回は、オシム監督になって初めてのヨーロッパ組、中村俊輔と高原直泰を招集した。今までのオシムジャパンとどのように融合するのか楽しみだ。また、我が名古屋グランパスの本田も招集され、これも楽しみの一つになった。
 対するペルーは、FIFAランクが70位、42位の日本よりも下に位置するが、日本はこれまでにペルーに勝ったことがない。ただ、今回の来日メンバーには、ドイツで活躍するピサロ、ゲレロが含まれておらず、日本が優位にあるだろう。

 試合は、どちらが主導権を握るともなく進んだ印象がある。互いに流れの中で相手を脅かすこともなかった。2-0で日本が勝ったが、いずれもFKからの得点で、中村のFKの正確さと、高原の技術の高さをあらためて確認するにとどまった。やはり、2人の動きは際だっていた。特に高原はドイツでもまれているせいか、表情や動きが自信に満ちあふれていた。日本にいるときから、いい選手だったし、昨年代表で選ばれていたときもいい活躍をしていたが、この試合の高原はさらに成長した印象を受けた。

 日本代表としては初戦ではあるが、Jリーグが始まって20日ほど経っているので、全体的に動きは悪くなかった。細かいパスをつなぐとか、全体が同じ考えで動くとか、できていたと思う。見ていて楽しいと思えるサッカーではあったが、流れからの得点が欲しかった。また、細かいミスが目立ったのも確かで、これではアジアのレベルでしかないだろう。

 結局、名古屋の本田は出場する機会に恵まれなかった。次の機会にぜひ起用してください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

これは夢じゃない! J1リーグ第3節 名古屋×新潟

 第2節を終えた時点で、首位に立った我が名古屋グランパス。スピラール、米山を負傷で欠きながら、無失点は言うこと無し。今節、3連勝をかけた相手は新潟。新潟は前節、浦和に0-2でリードされながら、終了間際に同点にした不気味な相手。しかし、今まで通りの戦いをすれば、3連勝も夢ではないはず。

 今節は瑞穂だが、ほぼ同時刻に町内の会合に出席しなくてはならないため、観戦することはできない。
 会合が3時に終わり、帰宅し、J'sGOALで試合経過をチェック。すでに後半に入っていたが、ヨンセンのゴールで1-0とリード。このまま終わっても首位タイ。願わくば、追加点を挙げて、単独首位に立ちたいところ。そうこうしている内に、キムの3試合連続ゴールで2-0となった。このまま失点せずに終われば、単独首位。そして、試合終了。2-0。よっしゃー、3連勝!しかも、いまだ無失点!長年、グランパスを応援してきただけに、喜びもひとしおだが、にわかに信じがたい。でもこれは夢ではなく、事実なのだ。

 前節、首位に立ったところで、さほどメディアで扱われること無かった。3連勝、無失点の首位なので、一気にメディアの注目度も上がったはず。しかも、次節まで2週間あるので、その間、首位と言うことだ。うれしいことに次節の相手は、横浜FC。4連勝も夢ではない。勝ち続けろ!

 Yahoo!ファンタジーサッカーの方も今節は好調。暫定で105fp!

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2007年3月10日 (土)

DFが1人ずついなくなるのか J1リーグ第2節 甲府×名古屋

 開幕戦を勝利で飾り、幸先良いスタートを切ることができた我が名古屋グランパス。ただ、試合中、負傷したスピラールは全治6ヶ月の重傷で、今季は絶望らしい。代わって入った米山が良い動きをしたとは言え、痛すぎる。

 今節はアウェイで甲府と戦う。甲府とは、今月、ナビスコを入れて、3度戦う相手だ。ここはガツンと潰しておきたいところ。アウェイだし、テレビ中継もないので、いつもならJ’GOALや2chでゲーム内容をチェックするところだが、FM甲府のネット中継を見つけ、音声でゲームの流れをチェックすることができた。

 前半、終始名古屋がゲームをコントロールしているように聞こえた。そんな中、再び悪夢が。米山が負傷退場してしまった。スピラールの代わりの米山が負傷とは、ますます痛すぎる。大したことがないことを祈るのみ。前半は0-0で終わった。

 後半、甲府に立て続けにシュートを打たれたが、5分、キムジョンウが2試合連続のゴールで、名古屋が先制点を奪った。いいぞ、前節と同じ形だ。先制点を奪うと、名古屋ペースで進んだようだ。そして、後半34分、杉本に代わって入った玉田がいきなりゴールを決めて、2点目。甲府を突き放した。結局、前節同様、2-0で勝利した。

 ゲームを通して、甲府の攻めがまずかったようで、中継のアナウンサーや解説者のぼやきが聞こえた。と言うことは名古屋が試合をコントロールできたと言うことだろう。また、本田を相当恐れていたようで、「悪魔の左足」というキャッチフレーズをつけてくれた。この調子で、3月の甲府2試合も勝ってしまおう。

 これで久しぶりの開幕2連勝を果たし、暫定とはいえ順位表の一番上に位置したわけだが、スピラール、米山とDFが負傷退場している。米山も×と言うことになると、この先、苦しくなるのは間違いない。とりあえず米山の無事を祈りたい。

| | コメント (6) | トラックバック (12)

2007年3月 4日 (日)

まあまあ順調な滑り出し J1リーグ第1節 名古屋×千葉

 昨日、今年のJリーグが開幕した。我が名古屋グランパスは、今日、ホーム瑞穂にジェフ千葉を迎える。昨年の名古屋の開幕時は、主力級の選手を何人も欠いている状態だったが、今年はほぼ万全の体制で開幕を臨めるのがうれしい。不思議と負ける気がしない。

 すでにカテゴリー5のチケットは完売なので、いつもより早い開場1時間半ほど前に瑞穂に着いた。開幕戦だからか、今年の名古屋への期待の大きさなのか、すでに多くの人が集まっていた。いつもこれぐらい来て欲しい。
 キックオフ2時間30分前の1時30分に開場した。ホームのゴール裏はかなり埋まった状態だったが、いつもの場所に空いた席を見つけた。試合開始直前にはスタジアム全体がほぼ満席になっていた。でも、相変わらずゴール裏以外の赤い服率が低いのが難点。

 注目のスタメンFWは中村、ヨンセン、杉本だった。ヨンセンの高さ、杉本の足を生かすと言う訳か。
 まずまずの試合の入りだったが、前半19分、スピラールが負傷退場してしまった。頼りになるセンターバック、スピラールに変わって、練習生だった米山が同じ位置に入った。何度か危ない場面があったが、無失点で前半を終えた。攻撃面では、目立った好機もなく無得点で終わった。

 後半、今年の課題「ゲームを支配する」形が徐々にできてきた。特に20分を過ぎたぐらいから波状攻撃が続いた。そして、後半31分、杉本のセンタリングをキムがゴールを決めた。何度も何度も仕掛けた結果がようやく出た感じ。さらに畳みかけるように攻撃が続き、試合終了間際、千葉の気の抜けたバックパスを本田がGKから奪って、おまけみたいなゴールを決めた。2-0で快勝。

 今節は、良いところがいくつもあった。スピラールに代わっていきなり入った米山の実力が未知数であったが、しっかり攻撃の起点になっていた。これはいけそう。昨年、イエローカードコレクターだったキムがイエロー無しで、中盤をコントロールし、さらにゴールを決めることができた。これからもこのようなプレーをお願いしたい。増川が積極的に攻撃参加して、好機を演出したのは、今後に期待大。

 一方で、気になるのがヨンセンだ。攻撃に守備に精力的に動くものの、肝心の攻撃面では徹底的にマークされ、シュートすら打たせてもらえなかった。その分、他の選手が生きる形を作らなくてはならない。
 
 開幕戦ではあるが、大勢の観客が集まったところでしっかり点を取って、さらに無失点で勝利できた。昨年以上におもしろいサッカーが期待できそうだ。初めて足を運んだ人たちもまた見に来たいと思ってくれれば、いいのだが。

| | コメント (8) | トラックバック (14)

2007年3月 3日 (土)

いよいよ開幕 2007年Jリーグ

 いよいよ今日から2007年のJリーグが開幕します。今年のJリーグの話題は、やはり横浜FCでしょう。チームの生い立ちもそうですが、キングカズの存在が大きいようです。いきなり昨年の王者、浦和とぶつかりますが、どのような戦いを見せてくれるのでしょうか。

 さて、我が名古屋グランパスは、明日、ジェフ千葉とホーム瑞穂で対戦します。今年も昨年同様、開幕戦は、応援ボードなどファンサービスに力が入ります。昨年に続いて、瑞穂の開幕戦に足を運びます。今年は、ゴール裏で盛り上がる仲間を増やしたいなと思っています。

 今年は、大型の補強もなく、DF陣の層の薄さが気になりますが、昨季の終盤の様子を見ていると、何とかなるのではないでしょうか。その中で注目したいのが、やはり本田圭祐でしょう。U-22代表の活躍やぶれ球FKで知名度はもはや全国区。メディアで取り上げられる機会が多くなりました。その他に昨季途中から加入し、崩れかけた名古屋を救ってくれたヨンセン、今年こそゴールを量産して欲しい玉田、兄の七光りではないと言わせたい巻、などなど昨年以上に期待感は高まっています。

 今年の名古屋に期待しているのは、わたしだけではありません。カテゴリー5(旧自由席)などは、チケットが完売だそうで、サポーターの期待は昨年以上のようです。
 
 開幕を迎えるに当たって、主力選手に故障者はいないようで、開幕ダッシュに期待します。今年も、全力で応援します。とにかく、サポーターを始め、地元をがっかりさせるようなプレーだけは勘弁。

 同時に「Yahoo!スポーツ ファンタジーサッカー」も始まります。今年の前期は、トップリーグに昇格しました。昨年も前期に初めてトップリーグに昇格しましたが、第1節のみ良かったものの、ずるずる順位を下げて、後期はイースタンリーグに降格してしまいました。今年こそトップリーグ定着をしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »