« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

天気にやられたのか J1リーグ第8節 柏×名古屋

 今節の相手は昇格組ながら好調の柏。しかし、レギュラーメンバーの何人かが欠場するそうなので、勝ち目はあるだろう。
 今節は家族旅行に出かけるので、試合経過チェックすることができない。夕方、携帯サイトで悪天候のため試合開始が遅れたことを知った。波乱の予感
 結果は0ー2と、完封負け…。どうなっているんだ
 ファンサカも失敗したかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

ゴールシーンは押さえた J1リーグ第7節 名古屋×神戸

 4連勝の後の2連敗、3連敗だけは避けたいところ。今節の相手は、相性の良くない神戸。神戸は一昨年、J2に降格したが、そんな相手に名古屋は2連敗した。ただ、今季の名古屋は2年前とはチーム状態が違うし、本田、米山が復帰するので、心配はないだろう。

 今節は、NHKで中継があるが、土曜出勤のため、見られそうにない。と思っていたら、早く帰ることができ、前半の途中から見ることができた。前半は、一進一退といった感じだったが、前半40分、左サイドからキムのセンタリングにヨンセンが合わせ先制点。さらに41分、杉本のゴールが決まり、数分間で2-0とし、前半を終えた。この後、再び外出したため、テレビ観戦はこれまで。
 所用が終わり、試合結果を確認すると、2-0で名古屋が勝利を収めていた。テレビ観戦の時間は短かったが、いずれのゴールシーンも見ることができた。

 暫定ながら首位に復帰。久しぶりに気分がいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

弱きを助けなくても J1リーグ第6節 大宮×名古屋

 前節、自滅気味な試合内容で黒星を喫してしまった我が名古屋グランパス。前節退場した藤田とキムは出場停止をナビスコで消化したので、今節は出場することができる。しかし、本田がU-22のため、不在であることが気がかりだ。相手はいまだ、未勝利の最下位の大宮だから大丈夫だろう。

 今節は、アウェイで、テレビ中継もないので、J'sGOALで試合経過をチェックする。午前中からの用事が長引き、帰宅したのは2時過ぎ。早速アクセスすると、大宮1-0名古屋。負けているではないか。大宮相手なので、いずれ逆転をしてくれるでしょう。しかし、本田不在のチームは、守りを固めた大宮ゴールをこじ開けることができず、今季リーグ戦初の無得点で連敗を喫してしまった。

 今季こそ、弱きを助けることはないだろうと期待していたが、早速、発動してしまった。特定の選手が抜けると、別のチームになってしまうのは困る。G大阪も負けてしまい、日曜日開催の柏も浦和に叩かれてくれると、上位との勝ち点差はそれほど開かないので、まだまだ立て直しはきく。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年4月 8日 (日)

ついに首位陥落… J1リーグ第5節 名古屋×広島

 リーグ戦4連勝中の我が名古屋グランパス。試合の朝、名古屋が5連勝をする夢を見た。ついでに、Yahoo!ファンタジーサッカーの本田のファンタジーポイントが、何と24fp。これは神のお告げか。ファンタジーサッカーのキャプテンを本田にして、豊田スタジアムに向かうべく、家を出た。

 連勝チームの試合というのに、指定席エリアはガラガラ。広島サポも極少。しかし、名古屋のゴール裏は結構埋まり、試合前のマスゲームもきれいに決まった。今回、試合前に「日々言いたい放題」のジョダンさんに声を掛け、ジョダンさんのグループとともに試合を観戦させてもらった。

 試合開始と同時に、自分たちがゲームを支配する今季の名古屋らしさが出ていた。その流れの中で、幸先良く、前半22分、名古屋が先制点を奪った。ただ、先制点の直前にキムが今季初イエローをもらってしまったところから嫌な予感がしていたのは確か。先制点の直後、前半24分、ウエズレイに同点ゴールを許してしまう。この辺りが、主力DF不在のほころびか。キャプテン藤田を中心に、ゲームを支配しつつも、中村の調子が今ひとつで、攻撃がうまくいかないまま、前半終了。

 後半も割と名古屋がペースを握りつつゲームが進み、後半17分、増川のゴールで、再び名古屋がリードした。しかし、この辺りから両チームともノーガードの撃ち合いのような互いに攻めまくるゲーム展開になってきた。このようなゲーム展開は見ている方としては楽しい。そんな中、再び広島にゴールを許し同点とされてしまう。これで浮き足立ってしまったのか、藤田がペナルティエリア内で痛恨のファールを犯してしまい、一発退場、さらにPK献上。これをウエズレイに決められ、逆転を許してしまった。ゲームをコントロールしていた藤田を失ってしまっては、点を奪うのは難しい。さらに、キムがこの日2枚目のイエローをもらってしまい、退場。これで万事休す。結局、2-3で今季の発黒星を喫し、首位陥落となってしまった。

 夢のように、うまくいかず、5連勝は夢で終わってしまった。審判の判定に疑問を感じる場面が数多くあったが、中村の不調がゲームにひびいた気がする。藤田のレッドカードも冷静さを失っていたし、キムも昨季の悪い癖が露呈してしまった。

 3節連続首位をキープしてきたものの、スピラール、米山、楢崎を欠いたり、ナビスコで苦戦していたりするくなど、チーム状態は決して盤石ではなかったので、いつ負けてもおかしくなかった。今節も決して悪い試合内容ではなかった。藤田とキムのレッドはナビスコで消化されるようなので、次節、調子のあがらない大宮戦でチームを立て直して欲しい。1敗したとは言え、昨季の王者、浦和の上を行く、3位。下を向く必要はない。

 結果、ファンタジーサッカーの本田のファンタジーポイントは、4fp。夢の中の出来事は神のお告げでも何でもなかった…。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年4月 1日 (日)

よ、4連勝! J1リーグ第4節 横浜FC×名古屋

 リーグ戦3連勝の後のナビスコカップ2連敗。久しぶりのリーグ戦、相手は横浜FCなので、心配ないでしょう。1点差勝ちでも首位ですから。

 今節はアウェイだし、テレビ中継もないので、「J’sGOAL」で試合経過をチェックする。所要を済ませて、帰宅すると、3時。早速、アクセスすると、すでに前半終了していて、0-0。まあ、後半に得点してくれるでしょう。1点差勝ちでも首位ですから。ただ、前半10分で楢崎が交代していると言うことは、負傷か?
 後半ついに試合が動いた。後半17分、先制点を奪われてしまった。リーグ戦では初失点。気落ちしている間もなく、後半19分、杉本のゴールで1-1。さらに後半21分、山口のゴールで1-2と逆転。獲られても、倍返し。すばらしい。このままでも首位キープだが、追加点を奪え。結局、そのまま試合終了。まさかの4連勝。そして、首位キープ。

 第2節、第3節と首位を続けてきた我が名古屋。しかし、メディアでは、ほとんど取り上げられなかった。どうしても同じく連勝中のガンバの陰に隠れてしまう。これで、4連勝、3節連続首位なので、いい加減、メディアもほっとかないでしょう。

 次節は広島。ウエズレイの100ゴールが話題になるものの、チーム自体は乗り切れていない。5連勝も夢ではないはず。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »