« 若手の活躍が良かった J1リーグ第11節 横浜FM×名古屋 | トップページ | 前節の修正はできたのか J1リーグ第13節 FC東京×名古屋 »

2007年5月19日 (土)

駒不足は否めない J1リーグ第12節 名古屋×浦和

 前節、横浜FMに快勝し、連敗をストップさせた我が名古屋グランパス。今節は、浦和を豊田スタジアムに迎える。昨季は1勝1分と負けていない、割と相性のいい相手だ。特に昨季のホーム戦は、同じ豊田スタジアムで、優勝を目前にしていた浦和に1-0で勝っている。そのイメージで、勝ちを期待する。

 午前中の所用を済ませ、シャトルバス経由でスタジアムに着いたのは、キックオフ1時間前。さすが浦和戦、アウェイゴール裏は1階から2階の真ん中当たりまで埋まっていた。ホーム側も2階までほぼぎっしり入っていた。

 浦和のコールが始まった。音の塊として響いてくる。こちらも負けてはいられない。屋根がしまっているので、音がこもり、異様な雰囲気の中、試合が開始された。
 前半、小野、ワシントン、ポンテを中心とした浦和の攻撃を、阿部、吉田、米山、大森の4バックがしっかり押さえつつ、攻撃を組み立てることができた。特に吉田はワシントンをマークし、互角に渡り合ったのは、評価に値する。米山のビルドアップも目を見張るものがあった。しかし、前半27分、CKから浦和に先制を許してしまった。しかし、前半35分、ゴチャゴチャッとしていた中で、ヨンセンが押しこんで、1-1とし、試合を振り出しに戻した。
 後半、序盤は名古屋が立て続けにシュートを打つことができた。本田のいい位置からのFKの機会もあったが、ゴールネットを揺らすことはなかった。しかし、徐々に浦和に押し込まれ、防戦一方となってしまい、後半39分、ワシントンのシュートが決まってしまった。名古屋に追いつく余力は無く、1-2と敗戦を喫してしまった。

 負けはしたが、吉田の守備や阿部のプレーが目を引いた。しかし、セットプレーから決められたり、ワシントンに振り切られて、ゴールを許してしまったり、負傷者を抱えて、Jリーグ王者相手に駒不足、力不足は否めない。ただ、やっていることは間違っていないと思うので、修正すべき点を修正し、次節以降につなげてほしい。

 チームが負けたことがもちろん悔しいが、浦和サポに好きにされてしまったことがもっと悔しかった。

|

« 若手の活躍が良かった J1リーグ第11節 横浜FM×名古屋 | トップページ | 前節の修正はできたのか J1リーグ第13節 FC東京×名古屋 »

コメント

くろさん、TB有難うございました。
参戦お疲れさまでした。

負けはしましたがグランパスのサッカーの方向は間違っているとは思えないので、
自分達のやり方を信じて更に成長して欲しいですね。
吉田選手や阿部選手のプレーには期待が持てますね。

投稿: Shane | 2007年5月20日 (日) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/15128504

この記事へのトラックバック一覧です: 駒不足は否めない J1リーグ第12節 名古屋×浦和:

» グランパスvs浦和レッズ(第12節) [トヨタファン]
グランパスと浦和の試合をトヨタスタジアムまで観に行きましたが、1−2で負けてしまいました。 前半は浦和にCKから先制点を奪われてしまいましたが、阿部選手のセンターリングをヨンセンが走り込んで同点弾を決め前半は同点で折り返しました。 後半は攻め込まれる場面が多かったが、吉田選手や米山選手らの守備も良かったし、楢崎の好セーブなどにも助けられなんとか追加点を決められずに終わるかと思ったが、残り10分というところで逆転ゴールを決められ負けてしまいました。 決勝点を決められるまでは、ワシントンをキッチリ... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 01時57分

» 勝ち点1は欲しかったよ……(浦和戦) [赤鯱グラと黒鯱クー]
瑞穂では端っこ観戦の私。 さて、豊スタではどうしようかと思ったが、どのみち観客動員が多い豊スタでは、端っこしか取ることができない。 それならば、と、上層へ。 結構サッカーが見やすく、いい!! ただし、風の通りがよく、長袖でないといられなかった。 でも、グランパス君たちもよく見え、メ~テレのウルフィも!!... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 06時32分

» 名古屋、浦和に惜敗 [ShaneのさまよいBlog]
今日の浦和戦、いつもの様に、五月蝿い相手の応援を 黙らせるような勝利を期待していましたが、 残念ながら負けてしまいました。 今日のスタメンは前節のマリノス戦と同じ布陣でした:    ヨンセン    杉本   本田          金        藤田  山口 阿部   吉田  米山 大森         楢崎 前半は、相手の裏へのスペースにいいボールが入り、 名古屋が攻め込むと、浦和もポンテや小野そして サイドの相馬と山田の連動した動きで攻め込み互角の内..... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 13時53分

» 名古屋グランパス連勝ならず、浦和に敗れる [Motohiroの本音トーク]
前節に悪い流れを断ち切ったと思われた名古屋グランパスでしたが、やはり昨年の王者は大きな壁だったようです。過去の相性のよさは関係なく、ほとんど攻撃の形をつくれない試合となってしまいました。 楢崎選手の好セーブで大敗を免れた感がありますが、スコアは1-2と最小点差での惜敗という見方もできます。連敗中の悪い流れではないと信じ、次の試合に全力を傾けて欲しいものです。日産スタジアムでの相性の悪さを解消できたら、相性のよい浦和に負けてしまう、サッカーは面白いスポーツです。このパターンでいくと味スタでは勝つこと... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 17時35分

« 若手の活躍が良かった J1リーグ第11節 横浜FM×名古屋 | トップページ | 前節の修正はできたのか J1リーグ第13節 FC東京×名古屋 »