« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

決められる時に決めよう J1リーグ第18節 名古屋×甲府

 ここ数節勝っていない我が名古屋グランパスエイト。今節の相手は下位の甲府。中断前なので、しっかり勝っておきたい。午前中、今年から始めたサッカーの指導をしてから、瑞穂へ向かった。妻の実家に車を置いて瑞穂に着いたのはキックオフ10分前だった。
 見ているわたしたちも暑いが、選手はもっと暑いだろう。そのせいか、互いに動きが重たい感じ。前半開始早々、本田がフリーでシュートを打つも、決めきれず、これが今日の試合の結果を決定づけてしまった気がする。甲府は主力を出場停止やけがで欠いているにもかかわらず、名古屋はゲームを支配することができず、シュートを打っても入らず、いらいらした状況が続いた。しかし、前半29分、渡邉が左サイドを切り込んで上げたセンタリングをヨンセンが決め、名古屋が先制した。今日の名古屋の調子では、1点だけでは心許ないので、追加点を期待するも、それは叶わず前半を終えた。
 後半は、立ち上がりこそ、名古屋が支配し、惜しい場面をいくつもつくったが、徐々に甲府のペースになっていった。そして、後半23分、CKからシュートを許し、同点になってしまった。後半の流れから言って、名古屋に追いつく雰囲気は全く感じられず、同点にされた後は、攻撃さえさせてもらえないまま、時間が過ぎてしまった。
 結局、1-1。見ていて楽しいと思える試合ではなく、負けに等しい引き分けだ。フリーでシュートが打てた場面がいくつもあったのに、ことごとく外してしまい、楽に勝てる試合を落としてしまった印象が強かった。

 開幕直後は連勝を果たし、一時期、首位を走ったが、徐々に故障者を抱える影響が出てしまい、ここ5試合勝ち星0のまま中断期間に入ることになった。中断中に何とか立て直してはもらえないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

DFがもっとしっかりしないと J1リーグ第14節 名古屋×川崎

 2週間空いてのJリーグ。今節、名古屋は豊田スタジアムに上位の川崎を迎える。上位とはいえ、川崎は前節、前々節と降格圏の大宮、大分相手に勝っていないので、十分にチャンスがあるだろう。
 今節は、豊田スタジアム開催なので、足を運ぶことにした。4時30分ごろスタジアムに着いたが、雨が影響しているのか、試合開始までまだ時間がありすぎるのか、客の入りは鈍い。

 アウェイ側にエンドを取っていつものように前半のキックオフ。と思いきや、開始15秒で杉本が川崎のゴール前でファールをもらい、いきなりのPK獲得。これを藤田がしっかり決めて、幸先のよい滑り出し。しかし、いきなりすぎて、この先が長く感じられた。案の定、川崎の猛攻にさらされ続けることになる。そして、前半22分、CKを一度ははね返したものの、その流れの中で、ジュニーニョに決められてしまい、あっさり同点。名古屋も杉本の裏を取る動きを生かしながら攻めるが、何度もオフサイドを取られてしまう。互いに攻めつつも追加点が取れず前半終了。

 後半も前半同様、互いに攻撃を応酬し合う展開。名古屋も積極的に攻めている。後半20分、その姿勢が、功を奏す。CKの流れで上がっていた吉田が左サイドで相手DFに競り勝ち、素早く上げたクロスをヨンセンがきれいに合わせ、2点目を奪った。しかし、すぐに取り返され2-2とされる。失点直後、久しぶりの中村を投入するものの、いい形を作れず、また、川崎も名古屋のDFを崩すことができずに、2-2で試合が終わった。

 上位相手ではあるが、2度もリードしながら勝ちきれなかったのは悔しい。ここで勝っていれば、一気に上位に行けただけに惜しい星を落とした。ただ、名古屋のDF陣の連携のまずさが随所に見られ、何度かゴールを脅かされるシーンがあったので、このことを踏まえると、勝ち点1が取れたことで良しとすべきだろうか。次節は、首位を独走するG大阪と対戦する。今節のようなDFのまずさを再び見られるならば、勝ち点3を奪うことはできないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

勝って当然ですね キリンカップ モンテネグロ戦

 日本代表、今年の2戦目は、キリンカップのモンテネグロ戦だ。モンテネグロと言えば、昨年のワールドカップにセルビア・モンテネグロとして参加したが、直前に分離独立を果たしている。人口は62万人と、鳥取県や鹿児島市とほぼ同じだ。FIFAへの加盟は、何とおとといだったそうで、代表チームとしての完成度が気になるところだ。

 名古屋サポとしては、うれしいことに、先発メンバーに楢崎が久しぶりに名を連ねた。ただ、本田はベンチにも入らなかった。
 試合開始から、惜しい場面を何度か作りつつ、日本のペースで試合が進んだ。そして、前半23分、CKを起点に遠藤のクロスを中澤が頭でうまくゴールに流し込み、先制点を挙げた。その後も危ない場面をつくられることもなく、前半38分、中村のサイドチェンジから駒野がクロスを上げ、ゴール前に飛び込んだ高原が頭でシュートを決め、2点目。いい感じの試合展開だ。
 後半も、日本ペースで進んだが、高原がペナルティエリア内でファールを犯し、PKを与えてしまう。だが、ゴールマウスを守るのはPKにめっぽう強い楢崎だから、安心安心。モンテネグロのキッカーは楢崎の神通力に恐れをなしたのか、枠をとらえられずにPK失敗。事なきを得た。その後、互いに選手を次々に入れ替えるも、ゴールネットを揺らすことはなく、2-0のまま、試合を終了した。

 モンテネグロは、かつて「東欧のブラジル」の異名をとっていたユーゴスラビアの一地域であるが、その片鱗はなく、勝って当然かなという感じだった。後半、点を獲れれば、それなりの評価ができる試合だっただろう。
 次戦のコロンビア戦での戦いに注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »