« 前節の修正はできたのか J1リーグ第13節 FC東京×名古屋 | トップページ | DFがもっとしっかりしないと J1リーグ第14節 名古屋×川崎 »

2007年6月 2日 (土)

勝って当然ですね キリンカップ モンテネグロ戦

 日本代表、今年の2戦目は、キリンカップのモンテネグロ戦だ。モンテネグロと言えば、昨年のワールドカップにセルビア・モンテネグロとして参加したが、直前に分離独立を果たしている。人口は62万人と、鳥取県や鹿児島市とほぼ同じだ。FIFAへの加盟は、何とおとといだったそうで、代表チームとしての完成度が気になるところだ。

 名古屋サポとしては、うれしいことに、先発メンバーに楢崎が久しぶりに名を連ねた。ただ、本田はベンチにも入らなかった。
 試合開始から、惜しい場面を何度か作りつつ、日本のペースで試合が進んだ。そして、前半23分、CKを起点に遠藤のクロスを中澤が頭でうまくゴールに流し込み、先制点を挙げた。その後も危ない場面をつくられることもなく、前半38分、中村のサイドチェンジから駒野がクロスを上げ、ゴール前に飛び込んだ高原が頭でシュートを決め、2点目。いい感じの試合展開だ。
 後半も、日本ペースで進んだが、高原がペナルティエリア内でファールを犯し、PKを与えてしまう。だが、ゴールマウスを守るのはPKにめっぽう強い楢崎だから、安心安心。モンテネグロのキッカーは楢崎の神通力に恐れをなしたのか、枠をとらえられずにPK失敗。事なきを得た。その後、互いに選手を次々に入れ替えるも、ゴールネットを揺らすことはなく、2-0のまま、試合を終了した。

 モンテネグロは、かつて「東欧のブラジル」の異名をとっていたユーゴスラビアの一地域であるが、その片鱗はなく、勝って当然かなという感じだった。後半、点を獲れれば、それなりの評価ができる試合だっただろう。
 次戦のコロンビア戦での戦いに注目したい。

|

« 前節の修正はできたのか J1リーグ第13節 FC東京×名古屋 | トップページ | DFがもっとしっかりしないと J1リーグ第14節 名古屋×川崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/15283378

この記事へのトラックバック一覧です: 勝って当然ですね キリンカップ モンテネグロ戦:

« 前節の修正はできたのか J1リーグ第13節 FC東京×名古屋 | トップページ | DFがもっとしっかりしないと J1リーグ第14節 名古屋×川崎 »