« 汚いサッカーを許してはいけない アジアカップ 準々決勝 オーストラリア戦 | トップページ | 互いにゆるいゲーム アジアカップ 3位決定戦 韓国戦 »

2007年7月26日 (木)

オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦

 アジアカップは優勝をかけた、準決勝を迎えた。相手は、アジアの強豪国のひとつ、サウジアラビア。

 この日もベトナムは高温多湿のようだ。前半、これまでと同じように日本がボールを支配し、ゲームをい進めるが、ゴールにつながるようなシュートには至らない。暑さや疲れで体がうまく動かないのか、パスミスが目立ち、相手に危ない場面を作られることもあった。そうこうしている内に、前半35分、FKの流れから要注意FWヤセルにゴールを許し、この試合も先制点を奪われてしまった。しかし、すぐさまCKから中澤が気持ちで押しこみ、1-1の同点とした。

 後半、逆転したいところだったが、後半2分、サウジアラビアが右サイドを突破して上げたクロスをもう1人の要注意FWマレクに押しこまれ、再び突き放されてしまった。しかし、後半12分、CKの流れの中で阿部の渾身のバイシクルキュートが決まり、再度同点にした。ここからもう一度、逆転を狙いたいところだったが、左サイドを抜け出したマレクが個人技で日本DFを振り切り、ゴールを決め、2-3とし、結果的にこれが決勝点になった。

 日本のアジアカップ3連覇の夢は潰えてしまった。韓国との3位決定戦があるが、はっきり言ってどうでもいい。

 今回のアジアカップはオシムジャパンの成果が試される大会であった。しかし、この結果だ。起用している選手は悪くないと思う。ただ、中澤のように熱い気持ちを持った選手が少ないのではないか。中田英寿のように味方に対して厳しい選手がいないのではないか。そのような選手が現れない限り、オシムジャパンはこれが限界だと思う。

|

« 汚いサッカーを許してはいけない アジアカップ 準々決勝 オーストラリア戦 | トップページ | 互いにゆるいゲーム アジアカップ 3位決定戦 韓国戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/15941339

この記事へのトラックバック一覧です: オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦:

« 汚いサッカーを許してはいけない アジアカップ 準々決勝 オーストラリア戦 | トップページ | 互いにゆるいゲーム アジアカップ 3位決定戦 韓国戦 »