« 終わってみれば、貫禄勝ち アジアカップ グループリーグ ベトナム戦 | トップページ | オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦 »

2007年7月22日 (日)

汚いサッカーを許してはいけない アジアカップ 準々決勝 オーストラリア戦

 アジアカップもいよいよ決勝トーナメントに突入した。日本の準々決勝の相手は、オーストラリア。昨年のW杯で、苦杯をなめた相手だ。ただ、今回のアジアカップでは、それほどの脅威を発揮していない気がするので、勝てないはずはない。

 この日もハノイは高温多湿のようだ。前半、日本は、ビドゥカとアロイージの2トップをしっかり押さえ無力化に成功した。ただ、日本もボールは回せるものの、やや引いて守るオーストラリアに攻め手を欠いた。その中で、カードが出なくても、オーストラリアの汚いプレーは目に余るものがあった。

 後半も日本がボールを回すものの、決め手に欠く時間帯が続いた。後半16分、恐れていたビドゥカが下がり、かわりにキューウェルが入った。これを機にオーストラリアに流れが傾き、後半24分、そのキューウェルのCKからアロイージに決められてしまい、日本が先制点を奪われてしまった。この日の状態を見ると、同点にするのは難しいと思ったが、数分後、オーストラリアDFのクリアミスを奪った高原が冷静にDFをかわしてゴールを決めた。すばらしい!さらに、日本に有利なことに、オーストラリアのグレッラの悪質なプレーに一発レッドが出された。数的有利な状態を生かして、追加点を奪い、オーストラリアを突き放したいところだが、オーストラリアは徹底的に守備を固め、決着がつかないまま後半が終了した。

 大会レギュレーションにより15分ハーフの延長戦に入った。すでにオーストラリアは勝負をする気がほとんど無いようで、前後半とも守備を固め、マイボールにすると相手サイドでボールキープをしてとにかく時間を稼いだ。プレーが汚いし、まともに意欲もない相手に負けてはいけないのだが、延長戦でもスコアが動かず、PK戦での決着に持ち込まれた。

 PK戦は運に左右されるものではあるが、ここは勝たなくてはいけない。川口と5人のキッカーとすべてを託すしかない。何と言っても、川口が2人続けて、コースを読んで押さえたことに尽きる。すばらしい!PK戦を4-3で制して、日本が準決勝進出を決めた。

 苦労したが、日本が勝利をおさめ一安心。昨年の雪辱を果たすことができた。さらに、オセアニアからアジアに移ってきたオーストラリアにアジアの難しさを味合わせることができた。それよりも何よりも、汚いプレーを連発し、引いて守ってPK戦に持ち込もうという姑息な考えのチームを叩きのめしたことがうれしい。

 優勝まで後、2つ。ひとつずつ勝っていこう。

|

« 終わってみれば、貫禄勝ち アジアカップ グループリーグ ベトナム戦 | トップページ | オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/15843663

この記事へのトラックバック一覧です: 汚いサッカーを許してはいけない アジアカップ 準々決勝 オーストラリア戦:

« 終わってみれば、貫禄勝ち アジアカップ グループリーグ ベトナム戦 | トップページ | オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦 »