« オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦 | トップページ | 後半に追加点がほしかった 4カ国トーナメント 北朝鮮戦 »

2007年7月29日 (日)

互いにゆるいゲーム アジアカップ 3位決定戦 韓国戦

 決勝で、サウジアラビアに負けた時点で、気が抜けてしまい、3位決定戦など、どうでもいい。ただ、3位チームは次回のアジアカップの予選免除だそうで、しっかり勝ってほしい。

 ゲームは、高温多湿のせいか、ピッチ状態が悪いせいか、日本、韓国ともに締まりのない、ゆるーい感じで進んだ。そんな流れで、点が入るわけもなく、ただ時間がだけが過ぎていった。
 後半、韓国選手がレッドカードで退場になり、日本が数的優位に立つものの、それを生かし切れないまま、PK戦までいってしまった。最後は、たまたま羽生がPK失敗の貧乏くじを引いて、韓国が3位の栄誉を得た。
 日本は大会を通じて、11得点を挙げた。それに対して、3得点しか挙げていない韓国が3位に納まるのは何とも解せない話だ。

 結局、アジアカップは、日本にとって何だったのだろうか。昨日から考えているが、答えが出ない。アジアのゆるい雰囲気に飲まれたような気がする。
 今後もオシムでいいのか。目標を2010年とするなら、わたしはオシムに託したい。

|

« オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦 | トップページ | 後半に追加点がほしかった 4カ国トーナメント 北朝鮮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/15941293

この記事へのトラックバック一覧です: 互いにゆるいゲーム アジアカップ 3位決定戦 韓国戦:

« オシムジャパンの限界? アジアカップ 準決勝 サウジアラビア戦 | トップページ | 後半に追加点がほしかった 4カ国トーナメント 北朝鮮戦 »