« 再開初戦白星! J1リーグ第19節 広島×名古屋 | トップページ | 割に合わない勝ち点たった1 J1リーグ第23節 川崎×名古屋 »

2007年8月22日 (水)

やっぱり頼りになる闘莉王 親善試合 カメルーン戦

 アジアカップを4位で終えた我が日本代表。アジアカップの時は、つくづく闘莉王がいたらなあと思う場面が多々あった。

 アジアカップ後、最初の代表戦となった、カメルーン戦では、その闘莉王が代表に復帰した。他にも大久保や山瀬などアジアカップでは呼ばれなかったものの、Jリーグで結果を出している選手が今回の代表に入り、アフリカの強豪、カメルーンを相手に楽しみな戦いになった。

 前半の立ち上がり、移動の疲れからか、カメルーンの動きがそれほど良くなく、やや期待はずれだった。それでも、個々の能力は高く、期待の大久保やサイドの駒野、加地がよく動くものの、なかなかゴールを奪える状況ではなかった。そんな中、前半25分、遠藤のFKを闘莉王がすらして、ゴールに押しこみ、先制点を奪った。その後は、闘莉王、中澤を中心によく守るも、追加点を奪うことができず、折り返した。
 後半こそ、大久保の活躍に期待したいところだったが、後半5分、故障で早々に交代になった。代わりに山瀬が入り、今度は彼に期待したいところ。その後、互いに選手を次々代えるものの、得点につながることはなく、ただ時間が過ぎていった。1-0で終わると思われた、試合終了間際、CKのこぼれ球を山瀬が豪快に振り抜いて、ゴールに突き刺した。こういう思い切りの良さは実に気持ちがいい。結局、2-0で日本が勝利をおさめた。

 親善試合であり、流れの中から相手を崩して得点したわけでもないので、もろ手を挙げて勝利を喜べるわけではないが、アジアカップの悪い印象をある程度払拭することができたのではないだろうか。今回は、ヨーロッパ組に代わり、国内でがんばっている選手が選ばれて、結果が出た。アジアカップの時、闘莉王がいてくれたら、とつくづく感じたが、目指すは2010年、そこへ向けて、チーム力を上げてくれればよい。

|

« 再開初戦白星! J1リーグ第19節 広島×名古屋 | トップページ | 割に合わない勝ち点たった1 J1リーグ第23節 川崎×名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16205073

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり頼りになる闘莉王 親善試合 カメルーン戦:

« 再開初戦白星! J1リーグ第19節 広島×名古屋 | トップページ | 割に合わない勝ち点たった1 J1リーグ第23節 川崎×名古屋 »