« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月16日 (日)

本田さまさまです J1リーグ第25節 名古屋×鹿島

 前節、G大阪に大敗を喫した我が名古屋グランパス。やはり、本田の不在が大きく響いたと思う。今節の相手は、あまりいい印象がない鹿島。今節は、常にチームを鼓舞してきた藤田が欠場するものの、本田が戻ってくるので、ある程度の期待できるかもしれない。

 スタジアムへは行けないが、深夜にCBCで録画中継があるので、そこまではサッカー情報を封印しておく。

 試合開始早々、名古屋がいい形を作ったが、点に結びつくことはなかった。逆に鹿島に攻められ、ゴール前で小笠原の絶妙な突破を許すが、ぎりぎりのところで楢崎がセーブし、事なきを得た。
 前節は、消極的な感じが支配的だったが、本田やキムを中心に積極的にゴールを目指した。その姿勢が前半18分、功を奏す。玉田が右にはたいたボールを初スタメン小川が受け、中央に入れたボールを本田がやや遠目ながら思いっきりシュートを放ち、曽ヶ端の手をはじいてゴールに吸い込まれた。すばらしい。さらに前半24分、右サイドから上げた杉本のセンタリングを左サイドで待ち構えたまたも本田がしっかりゴールに押し込み、早くも2点の差をつけた。
 鹿島にはいつも、してやられた、といった印象があるが、前半は名古屋の集中した守備が効いて、シュートをほとんど打たせず、2-0で折り返した。

 後半も積極的に攻め、集中して守り、鹿島にチャンスをほとんど与えないまま時間が過ぎていった。
 本田の2ゴールはすばらしい。でも、ここらで玉田のゴールも見たい。かつて代表に呼ばれていた頃の輝きを見せてほしい。そう思いながら、ゲームを見ていた。そして、そろそろ選手に疲労の色が見え始めた、後半34分、ペナルティエリアを出て、ボールを処理しようとした曽ヶ端がトラップミス。それを玉田が奪い、落ち着いて無人のゴールにシュートを決め、ほぼ試合を決定づけたであろう3点目とした。その後も落ち着いて鹿島の攻撃をかわし、貴重な勝ち点3を手にした。

 今節は、本田の復帰に限る。オリンピック予選に出なかったので、休養十分と言ったところか。また、初スタメンの小川の動きに注目していた。この夏は、練習試合やサテライトなどでの彼のプレーをよく目にしていて、自信を持ってやっている印象を受けた。細かいところに粗さはあるが、右サイドを突破する動きは今後も期待してもいいと思った。

 ここにヨンセンがいたらとか、マレクがいたらとか、思うことがある。でも、今のメンバーでも上位に勝つことができる。これからも積極的に自信を持って戦ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

やればできるじゃん 親善試合 スイス戦

 3大陸トーナメントの2試合目はヨーロッパの強豪国、スイスと戦う。最新FIFAランクだと、日本の方が上位だが、オーストリア戦では、煮え切らない試合をしたので、不安である。

 今日は、キックオフ前に起き出すことができず、テレビをつけると前半15分、なのに、すでに0-2。しかも、スイスの動きが日本を圧倒している感じ。あきらめて寝直そうかなと思ってしまう点差だった。
 日本中が熱望していた、松井が先発で出ていて、動きも良い。前半31分には、DFラインの裏を抜け出し、自らゴール前へ切り込んで、シュート!枠をとらえることはできなかったが、これは期待できそうか。
 松井のシュート以外、特に決定的な場面がなく、0-2のまま前半終了。

 後半、日本の動きがいいように見える。そして、後半7分、またも松井が自分でペナルティエリアに切り込み、相手DFのファールを誘い、PK獲得。これを俊輔が決めて、1-2。まだ喜べない。その後も、前半とうって変わって、日本の動きがいい。闘莉王が前線まで上がって、シュートまで持ち込むなど、全体が連動してゴールを奪おうとする姿勢が伝わってくる。
 そして、後半22分、俊輔のFKを巻が頭で合わせ、ゴール。2-2とした。とりあえずOK。その後、松井が下がり、山岸が入った。動きが良かった松井が抜けることの不安があったが、山岸の動きもいい。後半33分、再びPKを獲得し、再び俊輔が決めて、3-2と、逆転に成功。すばらしい。しかし、直後の後半35分、不用意に与えたCKから決められ、3-3の同点にされてしまう。あちゃ~。それでも日本はあきらめずにせめ続け、ロスタイムに、俊輔に代わって入った憲剛が打ってGKにはじかれたシュートをこれまた途中出場の矢野が体勢を崩しながらもゴールに蹴りこんだ。土壇場で4-3とし、このまま試合が終了した。

 3失点は別にして、苦しい中でも攻め続け、しかもアウェイで逆転勝利したことはすばらしい。失点もすべて、セットプレーからで大きく崩された印象はないので、良かったと思う。やはり、松井が入ったことで、全体に積極性が増した。さらに闘莉王や中澤が機会を見ては攻め上がる場面もあり、ここしばらくなかった積極的な攻撃が功を奏したのだはないだろうか。

 これからも積極的に自信を持って臨めば、結果はついてくるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月 9日 (日)

前を向かないとチャンスはない 北京オリンピック最終予選 U-22サウジアラビア戦

 2日連続、夜中に起き出してのサッカー観戦。前日のA代表が拍子抜けの結果だったので、今日は若い世代の活躍に期待したいところ。

 先発FWはいつもの平山ではなく、森島だった。平山はちょっとと常々感じていたので、森島のお手並み拝見と言ったところか。あと、国歌演奏のとき、我が名古屋グランパスの本田だけがなぜかカメラワークのあやで映像に映らなかった。

 サウジアラビアにボールを支配される展開から試合が始まった。次第に日本にもボールが回るが、早速がっかりさせられることになった。なかなか前にボールを送れないのだ。バックパスや横パスの連続。昨日のA代表よりもひどい。試合前から選手たちのユニフォームが汗まみれだったので、コンディション的には辛かったのかもしれないが、とりあえず前を向かないとチャンスは生まれない。
 期待のFW森島にはなかなかボールがつながらないし、つながってもすぐにサウジアラビアDFにつぶされてしまう。一度だけ、シュートを打つことができたが、枠をとらえることができなかった。
 結局、日本にほとんどいいところがなく、前半を終えた。

 後半、水野に代わって若い柏木が入った。ベトナム戦ではいい動きをしていたので、期待したところ。後半は前半と打って変わって、サイド攻撃を中心に積極的に攻めるようになった。特に右サイドの内田が柏木と連携して何度も前線に駆け上がり、チャンスを作った。
 後半19分にはサウジアラビアの選手が2枚目のイエローで退場となり、数的優位に立った。ますます、得点チャンスが生まれるはずなのだが、なかなかいい形を作ることができない。結局は、シュートを打つ選手がいないのだ。ボールをつないでゴール前まで運んだところで、シュートにつながらない。森島もいろいろと動くが、いい形でボールが入らない。ただ、時間だけが過ぎていく。終了間際に森島に代えて平山を入れるが、状況を打開することができず、試合終了となった。

 2日続けて、しかも深夜にスコアレスドローの試合を見せられるとは。結構辛い。守備面は、A代表同様、大きな問題はないと思う。やはり攻撃面。フィニッシュをどうするかだ。今日のようなワントップでも1人で何とかするか、または後ろからの攻撃参加ができればいいのだが、それは望み薄か。

 結局、日本代表はどの世代を切っても、金太郎飴のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年9月 8日 (土)

えっ?PK戦? 親善試合 オーストリア戦

 「3大陸トーナメント」という聞き慣れない国際親善試合が行われる。来年のユーロ2008の開催を控えた、オーストリアとスイスのためのプレ大会であろう。オーストリア、スイス、日本、チリが集うが、日本とチリの戦いはない。日本は初戦を開催地のオーストリアと戦う。

 夜中、のこのこ起き出して、テレビをつけた。先発はまずまずのメンバーだろう。ただ、FWの達也と矢野に迫力を感じないので、そこが不安かな。試合開始直後は、オーストリアがボールを支配していたが、次第に日本ペースでボールを回せるようになってきた。守備については、闘莉王、中澤を中心に特に不安は感じない。攻撃についても、オーストリアはヨーロッパの古豪とはいえ、FIFAランクも日本より下位だし、結構ミスが目立つので、日本がゴールを奪うのは、時間の問題と思っていた。しかし、達也や俊輔の決めきれないゴールがあったものの、ノーゴールで前半を終えた。

 後半も前半とあまり変わらない感じで、ただ時間だけが過ぎていった。夜中に起き出したので、次第に眠くなり、松井と憲剛が入ったあたりから、記憶が薄れ、気が付いたら、試合終了のホイッスルが鳴っていた。0-0でやれやれと思いながら、CMに入った。寝るかと思っていたら、CM明けに再び日本代表が映っている。あれ~、円陣組んでるよ。もしかしてPK戦?この大会は、そういうレギュレーションか。親善試合なので、PK戦に強い興味はない。PKは、最後に中澤の蹴ったボールがクロスバーを叩いて、3-4で、負けた。

 相変わらず、決定力不足。守備も悪くないし、中盤でのボール回しも悪くない。後は決定力。1人でボールを持ち込んで、ゴールを決められる選手がいるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 2日 (日)

ユース選手が出てるんだもん Jサテライトリーグ 名古屋×G大阪

Snec_0073

 前日、トップチームがガンバにボコボコにされてしまった。サテライトリーグでぜひ敵討ちをしてほしいという思いを持って、岐阜県関市の中池公園内グリーンフィールドまで足を運んだ。

 午前中、日曜日なのに職場に呼ばれてしまったのだが、12時半に失礼をして、高速で関へ向かった。中池公園下の駐車場に着いたのが、キックオフ10分前。急いで駆け上がり、スタジアムに入った。メインスタンドとバックスタンドのみのこぢんまりしたサッカー場だ。メインスタンドから下を見たら、見慣れないグランパス選手が目に入った。ユースの岩田ではないか。もう1人、磯村も入っていた。昨日のトップチーム自体がサテライト的なメンバーだっただけに、ユースの選手を入れざるを得ないのは分かる。

Snec_0074

 いつも声を出しているグラサポはバックスタンドにいるので、そちらへ向かった。いつものように観客席最上段へ行ったが、いつもの仲間はいなかった。当たり前か。落ち着いて、名古屋のメンバーを見ると、片山の24才が最年長で、ほとんど20才前後で、最年少は16才の磯村。とても頼りない。一方、ガンバのメンバーは、DFに30才の入江、浪速のゴン・中山、1万ゴール男・前田など、トップチーム級が顔をそろえている。昨日の敵討ちを彼らに期待するのは難しそう。

 予想通り、ガンバのペースでゲームが進んだ。前田、中山を軸に流れるように攻撃してくる。対する名古屋もがんばるが、若手ばかりゆえ、パスミス、トラップミスが目立つ。若手ばかりの中でも、経験のある須藤ががんばらなくてはいけないと思うのだが、どうも良くない。右サイドの竹内も情けない。前半27分の1失点目は、竹内がサイドをあっさり抜かれたところをきっかけに奪われた。両サイドをうまく使って攻撃を仕掛けるも、入江を中心としたガンバディフェンスにはかなわない。今日も0-1で折り返した。

 後半、惜しいチャンスが何度か見られた。ゴール前でフリーで打てたシュートが数本あったが、うまくヒットせず、観客のため息を誘った。前半から左サイドは、ユース・岩田が必死でディフェンスをしていたが、後半33分、ぶっちぎられ、2失点目を喫した。その3分後、FKから巻が渾身のヘッドで1点を返し、同点への期待が高まったが、終了間際、ゴール前の混戦から押しこまれてしまった。1-3とされても、あきらめずに攻める。が、そのまま試合が終了した。

Snec_0079


 結局、昨日と同じようなゲームになってしまった。だってユースの選手が出てるんだもん。

 勝ち負けはもちろん気になる。それを抜きにして、若手のレベルアップの場ととらえるべきなのか。ユースの選手がトップレベルの選手とぶつかり合うチャンスはそうはないので、今後に生かしてくれれば、それでいい。と納得しよう。

|

彼らに期待したところで J1リーグ第24節 名古屋×G大阪

怪我人を大勢抱えている中、前節、阿部と本田の今節の出場が無くなった時点で、今日の敗北は決まっていたのかもしれない。でも、今後、しばらくは観戦の機会に恵まれそうにないので、瑞穂へ足を運んだ。結果は火を見るより明らかなのだが、その一方で勝ちを期待する自分がいる。

 夏休み最後のホームゲームということもあって、バックスタンドと両ゴール裏は完全に埋まった。にもかかわらず、1-4で完敗した。

 まず言えるのは、若手の自信の無さ。ボールを持っても、ガンバとプレッシャーを受けるとすぐ、後ろに戻してしまう。特にDF吉田。19才という年齢にガンバのプレッシャーは酷かもしれないし、彼の前のポジションのMF渡邊もいまいち自信がないプレーが多かったことも原因だったかもしれない。後ろの下げることは、ミスが相手のチャンスにつながってしまう。ガンバの先制点はそんな感じだった。甘いバックパスを奪われ、バレーのゴール。0-1。取られて当然のプレーだった。先制点を奪われた後は、気持ちを切りかえたのか、渡邊も自分で仕掛ける場面が見られるようになり、点が取れそうな場面もあった。

 後半、巻き返しに期待したかったのだが、後半3分、遠藤の縦パスをクリアしようとした楢崎とDFが交錯、こぼれ球を押しこまれ、0-2。この時点で、声を出す気が失せた。今日の彼らに勝利を期待しても、無理そうだ。この後、右サイドでがんばっていた津田を下げ、さらに相手の攻撃の芽をつぶすために1人汗をかいていたような藤田が負傷で下がり、ますます勝てそうな雰囲気が消えていった。案の定、後半25分、バレーにあっさり抜かれ、パスを受け取った播戸のゴールが決まり、0-3。さらに数分後、先ほどのリプレイを見るかのような今度はバレーのゴールが決まり、0-4。バレーにハットトリックを許すおまけ付き。終了間際に杉本が1点返すも、焼け石に水といった感じ。

 藤田や玉田といった代表経験者が一生懸命動いていたが、それ以外の選手のプレーがさえず、攻撃を組み立てることも、ガンバの攻撃を押さえることもできなかった。返す返すも、今日のメンバーに勝利を期待することはナンセンスだったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »