« やればできるじゃん 親善試合 スイス戦 | トップページ | ハットトリックプレゼンター J1リーグ第28節 清水×名古屋 »

2007年9月16日 (日)

本田さまさまです J1リーグ第25節 名古屋×鹿島

 前節、G大阪に大敗を喫した我が名古屋グランパス。やはり、本田の不在が大きく響いたと思う。今節の相手は、あまりいい印象がない鹿島。今節は、常にチームを鼓舞してきた藤田が欠場するものの、本田が戻ってくるので、ある程度の期待できるかもしれない。

 スタジアムへは行けないが、深夜にCBCで録画中継があるので、そこまではサッカー情報を封印しておく。

 試合開始早々、名古屋がいい形を作ったが、点に結びつくことはなかった。逆に鹿島に攻められ、ゴール前で小笠原の絶妙な突破を許すが、ぎりぎりのところで楢崎がセーブし、事なきを得た。
 前節は、消極的な感じが支配的だったが、本田やキムを中心に積極的にゴールを目指した。その姿勢が前半18分、功を奏す。玉田が右にはたいたボールを初スタメン小川が受け、中央に入れたボールを本田がやや遠目ながら思いっきりシュートを放ち、曽ヶ端の手をはじいてゴールに吸い込まれた。すばらしい。さらに前半24分、右サイドから上げた杉本のセンタリングを左サイドで待ち構えたまたも本田がしっかりゴールに押し込み、早くも2点の差をつけた。
 鹿島にはいつも、してやられた、といった印象があるが、前半は名古屋の集中した守備が効いて、シュートをほとんど打たせず、2-0で折り返した。

 後半も積極的に攻め、集中して守り、鹿島にチャンスをほとんど与えないまま時間が過ぎていった。
 本田の2ゴールはすばらしい。でも、ここらで玉田のゴールも見たい。かつて代表に呼ばれていた頃の輝きを見せてほしい。そう思いながら、ゲームを見ていた。そして、そろそろ選手に疲労の色が見え始めた、後半34分、ペナルティエリアを出て、ボールを処理しようとした曽ヶ端がトラップミス。それを玉田が奪い、落ち着いて無人のゴールにシュートを決め、ほぼ試合を決定づけたであろう3点目とした。その後も落ち着いて鹿島の攻撃をかわし、貴重な勝ち点3を手にした。

 今節は、本田の復帰に限る。オリンピック予選に出なかったので、休養十分と言ったところか。また、初スタメンの小川の動きに注目していた。この夏は、練習試合やサテライトなどでの彼のプレーをよく目にしていて、自信を持ってやっている印象を受けた。細かいところに粗さはあるが、右サイドを突破する動きは今後も期待してもいいと思った。

 ここにヨンセンがいたらとか、マレクがいたらとか、思うことがある。でも、今のメンバーでも上位に勝つことができる。これからも積極的に自信を持って戦ってほしい。

|

« やればできるじゃん 親善試合 スイス戦 | トップページ | ハットトリックプレゼンター J1リーグ第28節 清水×名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16462850

この記事へのトラックバック一覧です: 本田さまさまです J1リーグ第25節 名古屋×鹿島:

» 本田圭2発、名古屋完勝 [Motohiroの本音トーク]
ここのところJリーグ・ガンバ戦、U22・カタール戦と出場停止処分だった本田圭佑選手が活躍しました。前半18分に左足で無回転気味(シュート回転していたようにも見えましたが)の弾丸シュートを突き刺しまず先制、その6分後には左足ボレーで2点目を決め、鹿島を引き離しました。その後は後半に玉田選手のダメ押しゴールもでて終わってみれば3-0の完勝劇、久しぶりにすっきりとした勝利でした。この勝利を起爆剤に連勝街道を走り出して、優勝はちょっと無理ですが最低でも上位8チームには入る成績は残して欲しいですね。 さてこ... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 10時26分

« やればできるじゃん 親善試合 スイス戦 | トップページ | ハットトリックプレゼンター J1リーグ第28節 清水×名古屋 »