« 割に合わない勝ち点たった1 J1リーグ第23節 川崎×名古屋 | トップページ | ユース選手が出てるんだもん Jサテライトリーグ 名古屋×G大阪 »

2007年9月 2日 (日)

彼らに期待したところで J1リーグ第24節 名古屋×G大阪

怪我人を大勢抱えている中、前節、阿部と本田の今節の出場が無くなった時点で、今日の敗北は決まっていたのかもしれない。でも、今後、しばらくは観戦の機会に恵まれそうにないので、瑞穂へ足を運んだ。結果は火を見るより明らかなのだが、その一方で勝ちを期待する自分がいる。

 夏休み最後のホームゲームということもあって、バックスタンドと両ゴール裏は完全に埋まった。にもかかわらず、1-4で完敗した。

 まず言えるのは、若手の自信の無さ。ボールを持っても、ガンバとプレッシャーを受けるとすぐ、後ろに戻してしまう。特にDF吉田。19才という年齢にガンバのプレッシャーは酷かもしれないし、彼の前のポジションのMF渡邊もいまいち自信がないプレーが多かったことも原因だったかもしれない。後ろの下げることは、ミスが相手のチャンスにつながってしまう。ガンバの先制点はそんな感じだった。甘いバックパスを奪われ、バレーのゴール。0-1。取られて当然のプレーだった。先制点を奪われた後は、気持ちを切りかえたのか、渡邊も自分で仕掛ける場面が見られるようになり、点が取れそうな場面もあった。

 後半、巻き返しに期待したかったのだが、後半3分、遠藤の縦パスをクリアしようとした楢崎とDFが交錯、こぼれ球を押しこまれ、0-2。この時点で、声を出す気が失せた。今日の彼らに勝利を期待しても、無理そうだ。この後、右サイドでがんばっていた津田を下げ、さらに相手の攻撃の芽をつぶすために1人汗をかいていたような藤田が負傷で下がり、ますます勝てそうな雰囲気が消えていった。案の定、後半25分、バレーにあっさり抜かれ、パスを受け取った播戸のゴールが決まり、0-3。さらに数分後、先ほどのリプレイを見るかのような今度はバレーのゴールが決まり、0-4。バレーにハットトリックを許すおまけ付き。終了間際に杉本が1点返すも、焼け石に水といった感じ。

 藤田や玉田といった代表経験者が一生懸命動いていたが、それ以外の選手のプレーがさえず、攻撃を組み立てることも、ガンバの攻撃を押さえることもできなかった。返す返すも、今日のメンバーに勝利を期待することはナンセンスだったのか。

|

« 割に合わない勝ち点たった1 J1リーグ第23節 川崎×名古屋 | トップページ | ユース選手が出てるんだもん Jサテライトリーグ 名古屋×G大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16313508

この記事へのトラックバック一覧です: 彼らに期待したところで J1リーグ第24節 名古屋×G大阪 :

« 割に合わない勝ち点たった1 J1リーグ第23節 川崎×名古屋 | トップページ | ユース選手が出てるんだもん Jサテライトリーグ 名古屋×G大阪 »