« 前を向かないとチャンスはない 北京オリンピック最終予選 U-22サウジアラビア戦 | トップページ | 本田さまさまです J1リーグ第25節 名古屋×鹿島 »

2007年9月12日 (水)

やればできるじゃん 親善試合 スイス戦

 3大陸トーナメントの2試合目はヨーロッパの強豪国、スイスと戦う。最新FIFAランクだと、日本の方が上位だが、オーストリア戦では、煮え切らない試合をしたので、不安である。

 今日は、キックオフ前に起き出すことができず、テレビをつけると前半15分、なのに、すでに0-2。しかも、スイスの動きが日本を圧倒している感じ。あきらめて寝直そうかなと思ってしまう点差だった。
 日本中が熱望していた、松井が先発で出ていて、動きも良い。前半31分には、DFラインの裏を抜け出し、自らゴール前へ切り込んで、シュート!枠をとらえることはできなかったが、これは期待できそうか。
 松井のシュート以外、特に決定的な場面がなく、0-2のまま前半終了。

 後半、日本の動きがいいように見える。そして、後半7分、またも松井が自分でペナルティエリアに切り込み、相手DFのファールを誘い、PK獲得。これを俊輔が決めて、1-2。まだ喜べない。その後も、前半とうって変わって、日本の動きがいい。闘莉王が前線まで上がって、シュートまで持ち込むなど、全体が連動してゴールを奪おうとする姿勢が伝わってくる。
 そして、後半22分、俊輔のFKを巻が頭で合わせ、ゴール。2-2とした。とりあえずOK。その後、松井が下がり、山岸が入った。動きが良かった松井が抜けることの不安があったが、山岸の動きもいい。後半33分、再びPKを獲得し、再び俊輔が決めて、3-2と、逆転に成功。すばらしい。しかし、直後の後半35分、不用意に与えたCKから決められ、3-3の同点にされてしまう。あちゃ~。それでも日本はあきらめずにせめ続け、ロスタイムに、俊輔に代わって入った憲剛が打ってGKにはじかれたシュートをこれまた途中出場の矢野が体勢を崩しながらもゴールに蹴りこんだ。土壇場で4-3とし、このまま試合が終了した。

 3失点は別にして、苦しい中でも攻め続け、しかもアウェイで逆転勝利したことはすばらしい。失点もすべて、セットプレーからで大きく崩された印象はないので、良かったと思う。やはり、松井が入ったことで、全体に積極性が増した。さらに闘莉王や中澤が機会を見ては攻め上がる場面もあり、ここしばらくなかった積極的な攻撃が功を奏したのだはないだろうか。

 これからも積極的に自信を持って臨めば、結果はついてくるはず。

|

« 前を向かないとチャンスはない 北京オリンピック最終予選 U-22サウジアラビア戦 | トップページ | 本田さまさまです J1リーグ第25節 名古屋×鹿島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16421564

この記事へのトラックバック一覧です: やればできるじゃん 親善試合 スイス戦:

» スイス戦 日本 [気になるメモ]
今日は「スイス戦 日本」が気になりました。 [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 06時58分

» サッカー日本対スイス戦。 [思いつくまま]
オシムジャパンの欧州遠征、3大陸トーナメント、2試合目、オーストリアでの日本{/v/}スイス戦。 日本は巻の1トップ、トップ下に松井{/hikari_blue/}、左右に遠藤&中村俊、ボランチに稲本&鈴木ケータ、バックの左右に駒野&加地、センターバックが中澤&トゥーリオ、GKは川口だった。 試合は、日本は良いところ無く、11分にスイスの左45度のFKからのシュートがゴールネットを揺らした。{/body_deject/} 立て続けに13分、日本のペナルティエリア内で、相手と競っていたトゥーリオの左手に... [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 10時12分

« 前を向かないとチャンスはない 北京オリンピック最終予選 U-22サウジアラビア戦 | トップページ | 本田さまさまです J1リーグ第25節 名古屋×鹿島 »