« えっ?PK戦? 親善試合 オーストリア戦 | トップページ | やればできるじゃん 親善試合 スイス戦 »

2007年9月 9日 (日)

前を向かないとチャンスはない 北京オリンピック最終予選 U-22サウジアラビア戦

 2日連続、夜中に起き出してのサッカー観戦。前日のA代表が拍子抜けの結果だったので、今日は若い世代の活躍に期待したいところ。

 先発FWはいつもの平山ではなく、森島だった。平山はちょっとと常々感じていたので、森島のお手並み拝見と言ったところか。あと、国歌演奏のとき、我が名古屋グランパスの本田だけがなぜかカメラワークのあやで映像に映らなかった。

 サウジアラビアにボールを支配される展開から試合が始まった。次第に日本にもボールが回るが、早速がっかりさせられることになった。なかなか前にボールを送れないのだ。バックパスや横パスの連続。昨日のA代表よりもひどい。試合前から選手たちのユニフォームが汗まみれだったので、コンディション的には辛かったのかもしれないが、とりあえず前を向かないとチャンスは生まれない。
 期待のFW森島にはなかなかボールがつながらないし、つながってもすぐにサウジアラビアDFにつぶされてしまう。一度だけ、シュートを打つことができたが、枠をとらえることができなかった。
 結局、日本にほとんどいいところがなく、前半を終えた。

 後半、水野に代わって若い柏木が入った。ベトナム戦ではいい動きをしていたので、期待したところ。後半は前半と打って変わって、サイド攻撃を中心に積極的に攻めるようになった。特に右サイドの内田が柏木と連携して何度も前線に駆け上がり、チャンスを作った。
 後半19分にはサウジアラビアの選手が2枚目のイエローで退場となり、数的優位に立った。ますます、得点チャンスが生まれるはずなのだが、なかなかいい形を作ることができない。結局は、シュートを打つ選手がいないのだ。ボールをつないでゴール前まで運んだところで、シュートにつながらない。森島もいろいろと動くが、いい形でボールが入らない。ただ、時間だけが過ぎていく。終了間際に森島に代えて平山を入れるが、状況を打開することができず、試合終了となった。

 2日続けて、しかも深夜にスコアレスドローの試合を見せられるとは。結構辛い。守備面は、A代表同様、大きな問題はないと思う。やはり攻撃面。フィニッシュをどうするかだ。今日のようなワントップでも1人で何とかするか、または後ろからの攻撃参加ができればいいのだが、それは望み薄か。

 結局、日本代表はどの世代を切っても、金太郎飴のようだ。

|

« えっ?PK戦? 親善試合 オーストリア戦 | トップページ | やればできるじゃん 親善試合 スイス戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16389524

この記事へのトラックバック一覧です: 前を向かないとチャンスはない 北京オリンピック最終予選 U-22サウジアラビア戦:

» サッカー北京五輪アジア地区最終予選、アウェイの日本対サウジアラビア戦。 [思いつくまま]
高温多湿のアウェイ・サウジアラビアでのU−22日本{/v/}U−22サウジアラビア戦。 日本は、平山が先発から外れ、初出場・デカモリシ{/hikari_blue/}の1トップ{/hand_iine/}、トップ下に家長と水野、右サイドには内田、左は本田圭、ボランチに梶山、本田拓、DFには水本、イノハ、青山直の3バック、GKは山本だった。(GK西川がいないのは、非常に痛い。) 試合は前半は一進一退、24分に本田拓が後ろからスライディングをしてイエロー、立て続けに26分、相手にボールを返すためのスローイン... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 10時55分

» 「毎度お馴染み・・・」では済まされない次の試合 【サッカー 北京五輪アジア最終予選】 [不定期更新のスポーツニュース]
サッカーの北京五輪アジア最終予選が8日、ダンマン(サウジアラビア)で行われ、4大会連続の五輪出場を狙う日本はサウジアラビアに0―0で引き分け、1勝1分けで勝ち点を4とした。サウジアラビアは1分け1敗で勝ち点1。 C組のもう1試合。カタール×ベト..... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 18時30分

» U22 サウジ戦 0-0 勝ち点1 [Teddy's Note]
決定力がね・・・。 北京オリンピック アジア最終予選 @サウジアラビア・ダンマンU-22日本代表 0-0 U-22サウジアラビア代表 ・JFA公式 ニュース/試合情報・スポーツナビ 試合速報・日刊スポーツ スコア速報 A代表に引き続き、U22もスコアレスドロー。ウドの大木平山をベンチスタートに、デカモリシをスタメンに抜擢。右サイドに同じくU20の内田を使って、水野は家長とダブルトップ下。序盤は新しい布陣ということもあってか、これといった山場もなかったけれど、徐々に本田・家長の6月13日生まれコンビが... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 23時14分

« えっ?PK戦? 親善試合 オーストリア戦 | トップページ | やればできるじゃん 親善試合 スイス戦 »