« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月18日 (木)

点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦

 北京オリンピックを目指す最終予選も4戦目。アウェイのカタールに勝つと、北京がグッと近づく大事な一戦。ただ、これまでの3戦で上げたゴールは、わずかに2。思うように点が取れていないのが不安材料だ。

 やはりこの試合もゴールが遠かった。なかなか決まらない。ホームでのカタール戦も前半早々に点を取ってから、追加点を奪うことができなかったので、分からないでもない。ずるずる時間だけが過ぎたが、前半終了間際、CKからのこぼれ球を、青山直晃が押しこんで、待望の先制点を奪った。

 後半も前半同様、ゴールが遠い。それでも1-0で終わればいい。しかし、勝負はそんなに甘いものではない。日本が追加点を奪えず、もたもたしている後半32分、こちらもCKからの流れでカタールに同点ゴールを許してしまった。日本に奪い返す雰囲気は感じられないので、勝ち点1でもいいか。だが、これも甘かった。ロスタイムに伊野波がペナルティエリア内で痛恨のハンド。これをしっかり決められ、1-2と逆転されてしまい、このまま試合が終わった。これで、カタールと勝ち点、得失点差が同じながら、総得点で、カタールにグループCの首位を明け渡すことになった。

 これまで言われてきたU-22チームの決定力不足がここに来て、最悪な結果を招いてしまった。タレントはそろっているのに、ゴールまでつなげることができない。
 残り後2戦。2勝しても、カタールの結果次第では、北京への道はない。でも、勝つしかない。しかも、ゴールを量産しなくてはならない。早急な立て直しをお願いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦

 今年最後の代表戦は、昨年のアフリカネイションズカップの覇者、エジプト。FIFAランクは、43位で、34位の日本と実力的にそれほど変わらないだろう。

 アフリカ王者に胸を借りるつもりで見ていたが、どうもそれほどの力ではないようだ。細かいミスがとても目立つ。そこへ、駒野の積極的な上がりや大久保の果敢な攻撃が光る。それが功を奏す。前半21分、ゴール前中央でボールを受けた大久保が、DFをかわして反転し、思いっきり打ったシュートが見事に決まった。これが、大久保のA代表初ゴールになった。その後もエジプトは調子が上がらず、前半42分にCKの流れか遠藤が上げたクロスを再び大久保が決め、前半の内に日本が2点リードした。

 後半も流れは変わらず、後半8分、ゴール前で細かいパス交換をしながら、ゴール前に抜け出したもう1人のFW、前田のゴールが決まり、3-0とした。後半13分にFKから1点返されるが、日本の優位は変わらない。後半23分、前半から大活躍の駒野がファーサイドの上げたクロスを走り込んできた加地が拾い、うまくDFをかわして、ゴールを決め、4-1と大差をつけた。

 アフリカ王者に期待をしていたが、トラップが大きかったり、パスが不正確だったりと、それほどでもなかった。それ以上に、日本の積極的な攻めの姿勢が良かった。特に、大久保の動きが良く、積極的な姿勢が、2ゴールにつながったと思う。少し前は、「大久保は過去の人」的な扱いが見られたが、Jリーグでの活躍は伊達ではないことが証明されただろう。

 昨年のワールドカップ以降、日本代表の戦いにそれほどの期待を持てずにいた。しかし、今日のような戦いを常にしてくれれば、期待も高まるというものだろう。次戦を来年まで待たなくてはいけないのが、もったいない勝利だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

それでもプロか、と言いたいが 天皇杯3回戦 京都サンガ×明治大学

 天皇杯の3回戦が行われた。3回戦からはJ2が登場し、カテゴリーが下のチームが一泡吹かせようと挑んでくる。その中で、NHK-BSで生中継された、京都サンガ対明治大学のゲームを観戦した。明治大学には、特別指定選手として我が名古屋グランパスが受け入れている橋本がいる。彼の活躍にも期待したい。

 現在、京都は、J1復帰を十分に臨める位置に着けている。その力を持ってすれば、大学生など一蹴できるだろうと見ていた。ところが、試合が始まってみると、明治大学は結構できるという印象を持った。京都は、控え選手が主体だったようだが、それにしても攻め手に欠いた。明治大学は失うものはないので、積極的なプレーが目立った。
 前半を0-0で折り返した時点で、もしかしてアップセットもあるかもと思っていたら、後半終了間際、明治大学の林がやや遠いところから思いっきり打ったシュートがゴールに吸い込まれた。京都に点を取り返す時間も力もなく、試合が終わった。橋本のプレーも再三チャンスメイクをし、良かった。

 J1昇格を目指す京都に対して、それでもプロか!と言いたくなるが、大学チームを侮ってはいけないのかも知れない。大学生は体も年齢も、Jで活躍している若手とそれほど代わらず、ユース出身者も多いので、プロ選手とそこそこやれる力があると言ってもいいだろう。8月に名古屋対早稲田大学の練習試合を見たが、名古屋の若手選手が早稲田の攻撃を防ぐことができず、負けてしまった。
 京都は、控え選手主体だったとは言え、プロには経験がある。それを大学生に見せつけてほしかった。

|

2007年10月 7日 (日)

ハットトリックプレゼンター J1リーグ第28節 清水×名古屋

 今節は久しぶりにBSながら全国放送の名古屋戦。前節、新しい布陣で結果が出たので、今節も期待したいところ。ただ、ここしばらく連敗はないが、連勝もない状態が続いているので、嫌な予感。

 立ち上がりから名古屋はいい感じで攻めることができ、惜しい場面もあり、ゴールへの期待感が高まった。しかし、ここぞというところで決めきれず、逆に前半28分、左サイドからのボールがチョジェジンに渡りあっさり決められてしまった。それでも、攻め続け、本田のシュートがバーを叩く場面もあったが、0-1で折り返した。

 後半、山口に代わって杉本が入った。彼のスピードで何とか流れを変えてほしいところ。と思っていたら、後半開始早々から、攻めまくってくれた。右サイドからクロスを上げ、シュートチャンスを演出した。ところが、後半4分、CKからのボールを再びチョジェジンに押しこまれ、0-2となった。それでも清水より多いシュート数で攻め続ける。ただ、シュートコースがない中の苦し紛れに打っている感が強く、なかなかゴールに結びつかず、後半32分、FKからのボールをまたもチョジェジンに押しこまれ、0-3。ガンバ戦のバレーに続いて、ハットトリックのお膳立てをしてしまった。その後も攻めるが、後一歩ゴールにおよばず、完封負けを喫してしまった。

 攻めの形も守りの形も悪くなかったと思う。攻めに関しては、中央突破が多すぎたように思う。これではシュートコースは少ない。また、守りに関しては、1点目は仕方なかったかなと思うが、2,3点目はいずれもセットプレーで、チョジェジンをフリーにさせ、体を寄せているようで完全に負けていた。

 シュート数や試合内容は、悪くないのだが、ゴールへのアプローチをもっと工夫する必要がある。次節まで2週間あるので、チームを立て直しつつ、その間に故障者が復帰することを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »