« ハットトリックプレゼンター J1リーグ第28節 清水×名古屋 | トップページ | アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦 »

2007年10月 8日 (月)

それでもプロか、と言いたいが 天皇杯3回戦 京都サンガ×明治大学

 天皇杯の3回戦が行われた。3回戦からはJ2が登場し、カテゴリーが下のチームが一泡吹かせようと挑んでくる。その中で、NHK-BSで生中継された、京都サンガ対明治大学のゲームを観戦した。明治大学には、特別指定選手として我が名古屋グランパスが受け入れている橋本がいる。彼の活躍にも期待したい。

 現在、京都は、J1復帰を十分に臨める位置に着けている。その力を持ってすれば、大学生など一蹴できるだろうと見ていた。ところが、試合が始まってみると、明治大学は結構できるという印象を持った。京都は、控え選手が主体だったようだが、それにしても攻め手に欠いた。明治大学は失うものはないので、積極的なプレーが目立った。
 前半を0-0で折り返した時点で、もしかしてアップセットもあるかもと思っていたら、後半終了間際、明治大学の林がやや遠いところから思いっきり打ったシュートがゴールに吸い込まれた。京都に点を取り返す時間も力もなく、試合が終わった。橋本のプレーも再三チャンスメイクをし、良かった。

 J1昇格を目指す京都に対して、それでもプロか!と言いたくなるが、大学チームを侮ってはいけないのかも知れない。大学生は体も年齢も、Jで活躍している若手とそれほど代わらず、ユース出身者も多いので、プロ選手とそこそこやれる力があると言ってもいいだろう。8月に名古屋対早稲田大学の練習試合を見たが、名古屋の若手選手が早稲田の攻撃を防ぐことができず、負けてしまった。
 京都は、控え選手主体だったとは言え、プロには経験がある。それを大学生に見せつけてほしかった。

|

« ハットトリックプレゼンター J1リーグ第28節 清水×名古屋 | トップページ | アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦 »