« それでもプロか、と言いたいが 天皇杯3回戦 京都サンガ×明治大学 | トップページ | 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦 »

2007年10月18日 (木)

アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦

 今年最後の代表戦は、昨年のアフリカネイションズカップの覇者、エジプト。FIFAランクは、43位で、34位の日本と実力的にそれほど変わらないだろう。

 アフリカ王者に胸を借りるつもりで見ていたが、どうもそれほどの力ではないようだ。細かいミスがとても目立つ。そこへ、駒野の積極的な上がりや大久保の果敢な攻撃が光る。それが功を奏す。前半21分、ゴール前中央でボールを受けた大久保が、DFをかわして反転し、思いっきり打ったシュートが見事に決まった。これが、大久保のA代表初ゴールになった。その後もエジプトは調子が上がらず、前半42分にCKの流れか遠藤が上げたクロスを再び大久保が決め、前半の内に日本が2点リードした。

 後半も流れは変わらず、後半8分、ゴール前で細かいパス交換をしながら、ゴール前に抜け出したもう1人のFW、前田のゴールが決まり、3-0とした。後半13分にFKから1点返されるが、日本の優位は変わらない。後半23分、前半から大活躍の駒野がファーサイドの上げたクロスを走り込んできた加地が拾い、うまくDFをかわして、ゴールを決め、4-1と大差をつけた。

 アフリカ王者に期待をしていたが、トラップが大きかったり、パスが不正確だったりと、それほどでもなかった。それ以上に、日本の積極的な攻めの姿勢が良かった。特に、大久保の動きが良く、積極的な姿勢が、2ゴールにつながったと思う。少し前は、「大久保は過去の人」的な扱いが見られたが、Jリーグでの活躍は伊達ではないことが証明されただろう。

 昨年のワールドカップ以降、日本代表の戦いにそれほどの期待を持てずにいた。しかし、今日のような戦いを常にしてくれれば、期待も高まるというものだろう。次戦を来年まで待たなくてはいけないのが、もったいない勝利だった。

|

« それでもプロか、と言いたいが 天皇杯3回戦 京都サンガ×明治大学 | トップページ | 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16824938

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦:

« それでもプロか、と言いたいが 天皇杯3回戦 京都サンガ×明治大学 | トップページ | 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦 »