« アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦 | トップページ | 多少の波乱があった天皇杯 »

2007年10月18日 (木)

点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦

 北京オリンピックを目指す最終予選も4戦目。アウェイのカタールに勝つと、北京がグッと近づく大事な一戦。ただ、これまでの3戦で上げたゴールは、わずかに2。思うように点が取れていないのが不安材料だ。

 やはりこの試合もゴールが遠かった。なかなか決まらない。ホームでのカタール戦も前半早々に点を取ってから、追加点を奪うことができなかったので、分からないでもない。ずるずる時間だけが過ぎたが、前半終了間際、CKからのこぼれ球を、青山直晃が押しこんで、待望の先制点を奪った。

 後半も前半同様、ゴールが遠い。それでも1-0で終わればいい。しかし、勝負はそんなに甘いものではない。日本が追加点を奪えず、もたもたしている後半32分、こちらもCKからの流れでカタールに同点ゴールを許してしまった。日本に奪い返す雰囲気は感じられないので、勝ち点1でもいいか。だが、これも甘かった。ロスタイムに伊野波がペナルティエリア内で痛恨のハンド。これをしっかり決められ、1-2と逆転されてしまい、このまま試合が終わった。これで、カタールと勝ち点、得失点差が同じながら、総得点で、カタールにグループCの首位を明け渡すことになった。

 これまで言われてきたU-22チームの決定力不足がここに来て、最悪な結果を招いてしまった。タレントはそろっているのに、ゴールまでつなげることができない。
 残り後2戦。2勝しても、カタールの結果次第では、北京への道はない。でも、勝つしかない。しかも、ゴールを量産しなくてはならない。早急な立て直しをお願いしたい。

|

« アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦 | トップページ | 多少の波乱があった天皇杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16824940

この記事へのトラックバック一覧です: 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦:

» U22日本代表はロスタイムで決勝PKを決められる!/「ドーハの悲劇」再び [Motohiroの本音トーク]
北京五輪アジア最終予選C組第4戦が行われ、4大会連続五輪出場を狙う日本は1-2でカタールに逆転負けし、最終予選初黒星を喫してしまいました。日本は通算2勝1分け1敗の勝ち点7でカタールと勝ち点では並んでいますが、総得点の差で首位を譲って2位、1位通過が五輪出場の条件ですから、日本は4大会連続の五輪出場を自力で決めるためには残り2戦で連勝することが必要となってしまいました。 日本は前半43分に左CKからのボールを青山直がけり込み先制したまではよかったのですが、逃げ切りを図った後半32分にCKから同点ゴ... [続きを読む]

受信: 2007年10月22日 (月) 18時12分

« アフリカ王者ってこんなものなの 親善試合 エジプト戦 | トップページ | 多少の波乱があった天皇杯 »