« 多少の波乱があった天皇杯 | トップページ | 彼の人生を考えると »

2007年11月11日 (日)

無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田

 今年最後の豊田スタジアム開催となった第31節。開閉式屋根の故障にも関わらず、雨の予報だったが、結局、雨に降られることはなかった。名古屋はここ3節、無得点が続いている。頼みのヨンセンが戻ってきたのにこれでは、ねえ。今節こそ玉田との2トップが爆発してくれることを期待したい。

 本田とキムを出場停止で欠いているので、どうなることかと思ったが、前半、立ち上がりから名古屋ペースで進んだ。磐田の締まりのないプレーのおかげで、ボールをキープできるし、シュートまで持ち込めるので、得点は時間の問題だと思った。しかし、決めきれない。枠をとらえていても、川口の堅守に幾度も阻まれた。主審・家本のナイスジャッジに助けられることもあったが、好機を生かせず、0-0で前半を終えた。前半途中でゴール前に詰めた渡辺が、接触プレーで負傷退場してしまった。けがの様子が気になる。

 後半は、一転、立て続けに磐田がシュート打ってきた。ただ、プレーの精度が悪い。再び名古屋ペースに傾きかけた頃、茶野が2枚目のイエローをもらい、退場となった。これで名古屋が数的優位になり、得点の可能性が高まった。これを機に名古屋の攻勢が続いた。小川が何度もゴール前に飛び出し、シュートを放つも、決めきれない。フリーでシュートを打てる場面でも枠をとらえられない。米山に代えて、杉本を入れ、攻撃を厚くするが、結果が出ないまま、時間が過ぎた。

 結局、互いに点を奪うことなく、0-0で試合を終えた。これで4節連続無得点。2節連続スコアレスドローとなった。

 素人的には、もっとクロスボールを放り込んで、ヨンセンに当てて落としたところを詰める、と考えるのだが、だめかな。本田とキムがいないのがいけなかったのかな。結局は、決定力?
 残り3節、割と下位のチームと当たるので、しっかり結果を出して、セフを送り出し、来季につなげてほしい。

|

« 多少の波乱があった天皇杯 | トップページ | 彼の人生を考えると »