« 無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田 | トップページ | 「仮契約」って、どういうこと? »

2007年11月18日 (日)

彼の人生を考えると

 一昨日の夕方、オシム監督の緊急入院の報を知りました。

 助かるかどうか、後遺症が残るのかどうか、何より監督ができるのかどうか、心配はいろいろありますが、川渕キャプテン同様、「命をとりとめてほしい」の一言です。

 サッカー日本代表監督というのは、日本にたった1人しかいない職業であり、様々なプレッシャーやストレスを抱え、遠征や視察など大変な激務であることは誰もが想像できます。それが、今回の脳梗塞につながったのではという想像もできます。

 オシム監督について書かれた本をいくつか読んだことがあります。彼は、旧ユーゴスラビアの監督を国が崩壊する直前に任されました。すでに各民族の独立機運が高い中、チーム編成に各民族が口をはさんできたそうですが、彼はそれを一切受け付けず、また逆にW杯イタリア大会では、各民族が言うとおりにチーム編成をして、敗戦したと言うこともしたそうです。多くの血が流れた殺伐とした時代、環境の中での代表監督業の大変さは想像を絶するものだったともいます。

 彼の人生を考えると、このまま終わってほしくありません。まだまだ伝えてほしいことがたくさんあります。脳梗塞という病気から考えて、今後は厳しいでしょうが、命を取り留めてほしいです。

|

« 無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田 | トップページ | 「仮契約」って、どういうこと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/17105333

この記事へのトラックバック一覧です: 彼の人生を考えると:

» オシム監督 脳梗塞で倒れる [最新ニュースをお届けしています]
日本サッカー協会(JFA)は16日、サッカー日本代表のイビチャ・オシム(Ivica Osim)監督が脳梗塞で倒れ、危険な容態であることを明らかにした。JUGEMテーマ:スポーツ [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 19時58分

« 無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田 | トップページ | 「仮契約」って、どういうこと? »