« 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦 | トップページ | 無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田 »

2007年11月 5日 (月)

多少の波乱があった天皇杯

昨日は、天皇杯4回戦が行われ、J1のチームが登場しました。

 我が名古屋グランパスは、地元瑞穂でJ2のザスパ草津の挑戦を受けました。ザスパ草津と言えば、JFLだった2004年の天皇杯で4回戦でセレッソに、5回戦でマリノスにそれぞれ勝利したことが思い出されます。試合の方は、3-1と名古屋が無難に勝利をあげました。

 他会場では、新潟がJ2鳥栖に、柏がJFLHondaFCに破れる波乱がありました。また、清水は明治大学を相手に何とかPK戦に持ち込み、勝利。甲府も延長戦で何とか勝利を勝ち取りました。

 かつて名古屋もカテゴリーが下のチームに負けて恥ずかしい思いをしましたが、格下とは言え、やりにくい面もあるのでしょう。それが、天皇杯のおもしろさでもあります。
 名古屋は、次戦、柏を破ったHondaFCと対戦します。東海地方のチーム同士のゲームなのに、島根県の松江で行われます。サッカーファンの裾野を広げるためには、良いことなのでしょうが、サポーターには辛そうですね。

|

« 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦 | トップページ | 無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/16981873

この記事へのトラックバック一覧です: 多少の波乱があった天皇杯:

« 点を取らないと勝てない 北京オリンピック最終予選 U-22カタール戦 | トップページ | 無得点記録更新中 J1リーグ第31節 名古屋×磐田 »