« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

予選に向けて景気付けになったかな

 土曜日のチリ戦に続いて、キリンチャレンジカップ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦が行われました。チリ戦は、無得点だったので、この試合でのゴールが期待されました。

 スタメンは、GKが我が名古屋の楢崎で、高原、巻、大久保の3トップという布陣でした。チリ戦での大久保の動きがとても良かったので、彼の活躍を楽しみにしていました。序盤から華麗なパス回しがうまくいき、ゴール前で再三チャンスが生まれました。内田の積極的な上がりもありましたが、なかなか点を奪えません。すると、ゴール前でのつぶれ役だった巻が本当につぶされてしまい、山瀬と交代しました。山瀬が入ってから、より一層、攻撃のリズムがよくなったのですが、点を奪えないまま前半が終わりました。

 後半もなかなか点を奪うことができませんでしたが、後半23分、セットプレーから中澤が決めて、今年の初ゴールとなりました。これをきっかけに、日本の調子は上向き、逆にボスニア・ヘルツェゴヴィナは意気消沈したような感じになりました。38分と43分に山瀬が相手の隙を突いたような形でゴール前に抜け出し、ゴールを決めました。結局、3-0で今年の初勝利を上げました。

 点数だけ見れば、快勝で、来週から始まるワールドカップ3次予選に向けて弾みがついたことでしょう。ただ、前半、華麗なパス回しの中で得点につながらなかったので、これまでの課題が解消されたとは言い切れないでしょう。こういうところがきっちりできるといいんでしょうね。

 何はともあれ、来週のワールドカップ3次予選、タイ戦に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

今日、代表戦があるんだ

 日本代表が先週から鹿児島で合宿をしていたのは知っていました。でも、試合をいつやるかはあまり気にしていませんでした。それは、ストイコビッチ監督が就任した我が名古屋グランパスのことに気をとられていたからだと思います。今朝、新聞のテレビ欄を見て、「今日、代表戦があるんだ」と今日のチリ戦の存在をはっきり認識しました。

 ゲームの方は、0-0のスコアレスドローでした。それほど目立つプレーもなかったし、娘の世話をしながら観戦していたこともあって、それほど印象に残る場面がないゲームでした。可もなく不可もなしといったところでしょうか。どうなんでしょうか、岡田ジャパン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

毎日が新加入選手のお知らせ

 年が明けて、各クラブから移籍、退団の発表が活発化してきましたが、我が名古屋は、6日から3日連続で新加入選手のお知らせがありました。

 1月6日、三木隆(大分トリニータ)
 1月7日、ミロシュ・バヤリツァ(レッドスター・ベオグラード)
 1月8日、マギヌン(川崎フロンターレ)

 今季の主力になるだろう選手加入のお知らせが日替わりで報じられています。随分、今季の形ができつつあるようです。他に、深井(新潟)の獲得が決定的、家長(G大阪)の獲得を目指すとの情報が流れていて、まだまだ楽しみは尽きません。

 でも、この時期に期待させるだけさせておいて、シーズンが始まったら、こけるというのは、毎年のこと。ということに、今年こそなってほしくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

相手が強かった 高校サッカー

 年末から始まった高校サッカーも昨日、ベスト4が出そろいました。そして、今日は決勝をかけた2試合が行われました。

 地元、愛知県代表の中京大中京は、初戦で押しつつも負けてしまいました。これで興味が半減してしまったのですが、隣の三重県代表の津工業が気が付いたら、ベスト8に残っていました。昨日は、強豪の広島皆実に3-1と快勝し、ベスト4進出が決まりました。中でも、「三重のマラドーナ」こと松葉選手の活躍は光りました。卒業後の活躍がとても楽しみに思っていたら、松葉選手は地元企業に就職が決まっているそうです。どこかのチームがとらないかなあ。

 さて、決勝をかけた第1試合目、津工業-流通経済大柏の試合が終わりました。0-6の完敗でした。全日本ユース選手権優勝チームを前に、ほとんど何もできませんでした。それでも公立校がここまで戦ったのは賞賛に値します。お疲れさん。

 もう一つの決勝進出校は、藤枝東に決まりました。決勝では、隣の静岡県代表、藤枝東を応援します。がんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

2007年のサッカー観戦記録

 あけましておめでとうございます。
 今年こそは、と毎年、力説しつつ、グランパスの優勝争いに期待します。

 ここで、年頭に昨年のサッカー観戦の記録を残します。

03/04 J1リーグ01節   名古屋×千葉   2-0 瑞穂陸上競技場
04/07 J1リーグ05節   名古屋×広島   2-3 豊田スタジアム  
05/03 J1リーグ09節   名古屋×大分   1-2 瑞穂陸上競技場
05/06 J1リーグ10節   磐田×名古屋   1-0 静岡スタジアム
05/19 J1リーグ12節   名古屋×浦和   1-2 豊田スタジアム
06/09 J1リーグ14節   名古屋×川崎   2-2 豊田スタジアム
06/30 J1リーグ18節   名古屋×甲府   1-1 豊田スタジアム
09/01 J1リーグ24節   名古屋×G大阪  1-4 瑞穂陸上競技場
11/10 J1リーグ31節   名古屋×磐田   0-0 豊田スタジアム
11/24 J1リーグ33節   名古屋×横浜FC 0-0 瑞穂陸上競技場

08/08 練習試合      名古屋×早大   2-4 トヨタスポーツセンター
08/09 豊田国際      U-16日本×U-16オーストラリア  3-0 豊田市運動公園球技場
08/09 豊田国際      グラ・愛知・豊田×U-16UAE    0-3 豊田市運動公園球技場
09/01 Jサテライト     名古屋×G大阪  1-3 中池公園

 グランパスのリーグ戦で言えば、10戦1勝5敗4分。勝ち試合を見たのは、開幕戦のみでした。昨年は無敗だったのに、何とも残念。練習試合やサテライトも見ましたが、いずれも勝てませんでした。

 夏に、初めて「豊田国際ユースサッカー」を見ました。若い日本代表がオーストラリア相手に堂々とした試合をしてくれました。一方、グラユース選手を含むグランパス・愛知・豊田選抜チームは、やはりナショナルチームには歯が立ちませんでした。そんな中でもグランパスユースの何人かがとてもいい動きをしていたので、今後に期待です。この試合は、セフやドワイト、吉田麻也も見に来ていて、いい思い出になりました。

 我が名古屋グランパスは、ピクシーに監督が変わります。選手も少しずつ移籍の話が決まっているようです。ここはひとつ、上位への期待をしたいところですが、フロントの頭の固さはなかなか変わらないようです。中日スポーツによると、「ピクシーを目玉に使うな」だそうで、意味が分かりません。ちょっと憂鬱です。

 代表については、いよいよワールドカップの予選が始まります。オリンピックもあります。岡田監督、反町監督のもと、結果を出してくれることを期待します。

 今年も、名古屋、そして、日本代表の活躍に期待します。今年も当ブログをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »