« グランパス戦チケットゲット! | トップページ | 1年1ヶ月ぶりの勝利 J1リーグ第5節 名古屋×横浜FM »

2008年3月 9日 (日)

勝ってほしかった J1リーグ第1節 名古屋×京都

 ついに今年のJリーグが開幕した。我が名古屋グランパスは、入れ替え戦の末、J1に昇格した京都を豊田スタジアムに迎えた。豊田スタジアムのホーム開幕戦は、2004年以来だ。今年はクラブも盛り上げに力を入れているので、たくさんのサポーターが来てくれることを期待するが、相手が京都というのがちょっと。

Nec_0127_3
 シャトルバス経由で12時半頃スタジアムに着いた。いつもの場所でいつもの仲間と合流した後、仲間とともにメインスタンド最上段まで行ってきた。久しぶりに上ったが、とっても高い。最上段から戻ってきたところで、新加入選手、ストイコビッチ監督の紹介があった。久しぶりの「ピクシー、オレ!」に鳥肌が立つた。

 サポーターによる赤いボードや黄・白の袋によるマスゲームに続いて、今シーズン開幕のホイッスルが鳴った。静かな立ち上がりだと思っていた矢先、バヤリッツァがペナルティエリアでファールを犯してしまいパウリーニョにあっさり決められてしまった。前半9分、まだ時間はある。早い時間に1点のビハインドになってしまったが、その後は名古屋ペースで攻撃が進んだ。マギヌン、小川を中心におもしろいようにボールがつながるものの、ボールを持たされている感じがして、なかなかゴールに至らない。ビッグチャンスがおとずれるも、キーパーに阻まれたり、ボールポストに嫌われたりして前半を0-1で折り返した。

 後半は立て続けに柳沢のシュートを許した。しかし、すぐさま名古屋が攻撃に転じ、前半3分、竹内のクロスをヨンセンが頭でゴールを決めた。今期名古屋の初ゴール。1-1、この調子で逆転としたいところ。しかし、前半同様、得点につながりそうなプレーが連続するものの、ゴールに至らない。藤田、片山、杉本と選手を入れたが、1-1で試合が終了した。

Nec_0132
 結果的に、昨年とあまり変わっていないような気がした。いや、本田が抜けた分、マイナスになっているとも感じた。それでも、攻撃面では、マギヌンが状況に応じて、右、左とポジションチェンジをして、チャンスメイクをし、チームとして今後の可能性を十分に感じた。守備面では、若手の成長を感じるが、まだ不安な印象は拭えないし、バヤリッツァはまだチームにフィットしているとは言い難かった。

 マギヌンがもっと脅威的なプレーをしてくれると、いいのかなと思った。

それにしても、先日のゼロックスの家本の件があったにもかかわらず、この試合の主審の判断には疑問符だらけだった。審判に文句を言うのは好きではないのだが、PKにつながったジャッジもあったので、今回は許せなかった。

|

« グランパス戦チケットゲット! | トップページ | 1年1ヶ月ぶりの勝利 J1リーグ第5節 名古屋×横浜FM »