« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

ゴールデンウィークだからって J1リーグ第9節 名古屋×川崎 

 前節、連勝がストップしてしまった我が名古屋。今節は、ホームに前節劇的逆転勝利の川崎を迎える。ジュニーニョ、チョンテセがこわそう。

 この日は、最近、川崎サポになった旧知に友人が来名した。新瑞橋から瑞穂まで共にし、互いにエールを送りあって、ホームとアウェイに分かれた。

 連戦になるので、今日はこれまでのメンバーから変えてきた。前半、ヨンセンのヘッドで先制点を奪ったものの、ディフェンスが甘かったので、立て続けに点を奪われてしまった。結局、1ー2。くやしい2連敗。

 増川など代わりに入った選手のパフォーマンスの悪さにがっかりだった。川崎は前節のようにアグレッシブだった。

Img_5873_3
 ゴールデンウィークだから、お客さんがいっぱい入ったというのに、ゴールデンウイークだからって勝ち点奪取まで休むことはない。試合後、友人に「わざわざ来てくれたけど」なんて言ってあげたかったのだが。

|

2008年4月 6日 (日)

1年1ヶ月ぶりの勝利 J1リーグ第5節 名古屋×横浜FM

 ここまで3勝1分と負けなしの2位につけている我が名古屋は、豊田スタジアムで横浜FMと戦う。横浜FMは前節、山瀬を中心にFC東京相手に一方的な試合をしていたので、どうなることか心配だ。

 前半、名古屋がおもしろいようにマリノスゴールを攻め立てる。今年のマギヌン、小川を中心に攻撃の形が定着していることを感じた。3位のマリノス相手に簡単にゴールを奪えそうになかったが、32分、小川が左サイドを深くえぐって出したクロスをゴール前でヨンセンがきっちり決め、先制点を奪った。マリノスも新外国人のマルケスもどきロニーと中澤?ロペスを中心に攻めるが、危ない場面を作らせることはなかった。前節活躍が目立った山瀬は消えていた感じがした。

 後半、一転してマリノスペースになった。名古屋がセカンドボールを拾えなくなり、防戦一方だった。いつ点が取られてもおかしくない状況の中、ゴールバーや楢崎のファインセーブにも助けられながら、時間が過ぎていった。そして、終了間際、途中交代の杉本が小川からのスルーパスから、独走。最後はキーパーを冷静に交わしてゴール。 これで勝ったも当然でしょう。

 結果は、2-0の完封勝利。1位の鹿島も勝ったので、2位のままですが、名古屋はいい感じです。
 試合終了後、殊勲の杉本がゴール裏まで来て、マイクパフォーマンスをしてくれました。よっぽど気分が良かったのでしょう。わたしも 昨年の開幕戦以来、勝ち試合を見ていなかったので、気分が良かったです。

Img_5721


 勝つって言うのはいいものですね。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »