« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月 6日 (火)

勝ち点3以上の価値 J1リーグ第11節 FC東京×名古屋

 今日で、ゴールデンウィークが終わります。明日からのことを考えると気が重いですが、名古屋が勝ってくれたので、多少は気持ちよく迎えられそうです。

 今節は、玉田の代わりに杉本が先発で出て、バヤリッツァが右サイドに入りました。この布陣が吉と出るか凶と出るか。
 キックオフから、選手たちの気迫が違いました。常に攻撃的で、自分たちのサッカーが今まで以上にできていました。それが功を奏し、前半17分、小川のスルーパスに鋭く反応した杉本が走り込み、わずかの差でDFとGKをかわして、シュート。いい具合に先制点を奪いました。この調子で、追加点を奪いたいところですが、FC東京も2位につけているだけあって、そう簡単に点を取らせてはくれません。
 後半に入り、米山を入れて、守備固めをし、FC東京の攻撃をほぼ封じた感がありました。ところが、残り10分を切ろうかというときに、FC東京の素早いリスタートからペナルティエリア内に走り込んだカボレを楢崎が倒してしまい、PKを献上してしまいました。ここまで完璧にFC東京を押さえ込んできたのが、水の泡かと思いきや、キッカーの近藤が外してくれました。敵ながら、あそこはもうちょっと落ち着いてけるべきでしょう。終了間際にも、ゴールの目の前で、シュートを打たれる危ない場面がありましたが、楢崎が必死で押さえ、そのまま試合終了。非常に価値のある勝ち点3を獲りました。

 今日の布陣は、守備面ではとても良かったと思います。攻撃面では、バヤリッツァが攻撃参加してきて、よりチャンスが増えましたが、トップに玉田がいないのが痛かったかも。

 3連敗の後の勝利であり、自分たちのサッカーをやり抜きった上での勝利。しかも、PKを阻止し、終了間際の危ない場面を乗り切りました。勝ち点、価値点、それに鯱点は3以上のもの得ました。

 できれば、このようなゲームをホームで見せて欲しかった。

|

勝ち点3以上の価値 J1リーグ第11節 FC東京×名古屋

 今日で、ゴールデンウィークが終わります。明日からのことを考えると気が重いですが、名古屋が勝ってくれたので、多少は気持ちよく迎えられそうです。

 今節は、玉田の代わりに杉本が先発で出て、バヤリッツァが右サイドに入りました。この布陣が吉と出るか凶と出るか。
 キックオフから、選手たちの気迫が違いました。常に攻撃的で、自分たちのサッカーが今まで以上にできていました。それが功を奏し、前半17分、小川のスルーパスに鋭く反応した杉本が走り込み、わずかの差でDFとGKをかわして、シュート。いい具合に先制点を奪いました。この調子で、追加点を奪いたいところですが、FC東京も2位につけているだけあって、そう簡単に点を取らせてはくれません。
 後半に入り、米山を入れて、守備固めをし、FC東京の攻撃をほぼ封じた感がありました。ところが、残り10分を切ろうかというときに、FC東京の素早いリスタートからペナルティエリア内に走り込んだカボレを楢崎が倒してしまい、PKを献上してしまいました。ここまで完璧にFC東京を押さえ込んできたのが、水の泡かと思いきや、キッカーの近藤が外してくれました。敵ながら、あそこはもうちょっと落ち着いてけるべきでしょう。終了間際にも、ゴールの目の前で、シュートを打たれる危ない場面がありましたが、楢崎が必死で押さえ、そのまま試合終了。非常に価値のある勝ち点3を獲りました。

 今日の布陣は、守備面ではとても良かったと思います。攻撃面では、バヤリッツァが攻撃参加してきて、よりチャンスが増えましたが、トップに玉田がいないのが痛かったかも。

 3連敗の後の勝利であり、自分たちのサッカーをやり抜きった上での勝利。しかも、PKを阻止し、終了間際の危ない場面を乗り切りました。勝ち点、価値点、それに鯱点は3以上のもの得ました。

 できれば、このようなゲームをホームで見せて欲しかった。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »