« 点を取らなきゃ、勝てない  J1リーグ第30節 名古屋×磐田 | トップページ | ロスタイム7分に感謝! J1リーグ第32節 京都×名古屋  »

2008年11月 2日 (日)

すべてがぐだぐだ 天皇杯4回戦 名古屋×FC岐阜

 天皇杯4回戦、名古屋×FC岐阜を観戦し、先ほど帰宅しました。何とか勝ちましたが、勝った気がしません。

 天皇杯は、3年ぶりに観戦になります。相変わらず、客の入りが悪すぎます。それ以上に、選手紹介と試合内容が悪すぎました。

 まず、選手紹介。FC岐阜の選手紹介が上からじゃなかったのはよしとして、ホームスタジアムのはずの名古屋の選手紹介で、珍事が。

1 GK 楢崎正剛
2 DF 三木隆司
18 DF 海本慶治
28 DF 渡邊圭二
34 DF 吉田麻也
3 DF バヤリッツァ
5 MF 米山篤志
25 MF 吉村圭司
7 MF 中村直志
29 MF 小川佳純
13 MF 山口慶

 「か、海本慶治?」「吉村、ベンチ外では?」「FWいないのか?」
 なぜに海本?密かに名古屋に戻ってきた?な、訳ない。どうしてこのようになったのか、分かりませんが、これには練習を切り上げようとしていた、選手も「えっ」って感じのようでした。しばらくして、訂正されましたが、ありえない。

 これに動揺したのか、名古屋の選手たちの動きが悪かった。リーグ戦ではないし、格下相手に、選手を入れ替えるのは分かるにしても、代わって入った選手が悪かった。特に渡邊は、とほほでした。後半、ゴールラインを割ろうかというボールを相手と競るときに、全力で走らず、その姿勢にミスターがキレ、マーカーを蹴り上げてました。来季はないでしょう。
 シンプルに攻めればいいのに、下手にボールを回し、奪われ、危機を招く。延長戦を覚悟した、ロスタイムに何とかゴールを奪い、勝つことができました。

 あと、得点場面の直前に三木が相手シュートをもろに顔面に受け、崩れるようにピッチに倒れ込んでしまいました。バツと言うことで、そのまま、担架で出されてしまいました。その後が気になります。

|

« 点を取らなきゃ、勝てない  J1リーグ第30節 名古屋×磐田 | トップページ | ロスタイム7分に感謝! J1リーグ第32節 京都×名古屋  »