« ダヴィ!玉田!ダヴィ! J1リーグ第1節 名古屋×大分 | トップページ | 同じ轍は踏まない  J1リーグ第6節 柏×名古屋 »

2009年3月15日 (日)

やっぱり雪にやられた J1リーグ第2節 山形×名古屋

 我が名古屋は、アウェイで山形と対戦しました。全国的に荒れた天気で、内陸部に位置する「NDソフトスタジアム山形」周辺は雪が予想されました。

 前半は、ほとんど雪の影響はなかったと思うのですが、今年の名古屋の前半はどうもウォーミングアップの時間のようで、シュート1本で折り返しました。無失点だったところが、改善されたことでしょうか。

 そして、いつものように後半の攻撃陣爆発に期待したいところでした。ところが、ハーフタイム中に雪が激しくなってきました。みるみる間に積もり、後半はカラーボールを使ってのゲームになりました。

 雪の中の試合で思い出されるのが、2003年の長良川競技場で行われた天皇杯対ヴェルディ戦です。この時もお互いなかなか点を奪えず、後半からカラーボールになり、終了間際に失点をして負けてしまいました。

 後半はいつものように相手を圧倒する攻撃になりました。しかし、雪のせいか、わずかなところが合いません。山形のがんばりもあり、得点できないまま、スコアレスドローで終わりました。

 試合後、楢崎が「天候が邪魔した」と言っています。後半は確かにそうでしょう。しかし、前半は雪が降っていたものの、ピッチ状態はさほど悪くなかったので、前半からしっかり戦っておくべきでした。

 失点しなかったのは収穫ですが、前半のスロースタートの課題は残ったままです。何とかして欲しいものです。

|

« ダヴィ!玉田!ダヴィ! J1リーグ第1節 名古屋×大分 | トップページ | 同じ轍は踏まない  J1リーグ第6節 柏×名古屋 »