« やっぱり雪にやられた J1リーグ第2節 山形×名古屋 | トップページ | 久しぶりの好ゲーム キリンカップ チリ戦 »

2009年4月19日 (日)

同じ轍は踏まない  J1リーグ第6節 柏×名古屋

 昨季は、最終節まで優勝争いに加わっていた名古屋ですが、その中で、優勝を遠ざけてしまったゲームの1つが、第31節、アウェイの柏戦でした。前半に先制したものの、後半30分過ぎてから立て続けに2点を奪われ、まさかの逆転負け。

 今季は、早速、アウェイの柏戦がやってきました。昨日は、幼い娘と公園でデートをしつつ、携帯で試合の経過をチェックしました。前半31分、ダヴィのゴールで幸先よく先制点を奪いました。とは言え、先制点といい、時間帯といい、去年と同じような感じ、と思っていたら、後半14分、同点ゴールを許してしまいました。昨年の悪夢だけはゴメン、と祈りつつ、娘をあやしていました。何度、チェックしても、スコアは1-1で変わりません。勝ち点1かなとあきらめていましたが、最後の最後にダヴィのゴールが決まり、1-2で勝利しました。

 後から、「Jリーグタイム」でダイジェスト映像を見ましたが、2点目が決まったときのピクシーが派手なガッツポーズをしていました。携帯画面で、1-2を確認したときのわたしも同じように拳を握っていました。

 玉田の不在が、グランパスのイヤな流れをさらにイヤなものにしそうでしたが、今節の勝利でイヤな流れを断ち切るきっかけにして欲しいものです。ゴールデンウイークに向けて、過密日程になっています。うまく乗り切って欲しい。

|

« やっぱり雪にやられた J1リーグ第2節 山形×名古屋 | トップページ | 久しぶりの好ゲーム キリンカップ チリ戦 »