« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月 7日 (日)

1年後に向けた新たなスタート ワールドカップ最終予選 ウズベキスタン戦

 何から書けばいいのでしょうか。まず、日本代表のみなさん、ワールドカップ本大会出場決定、おめでとうございます。そして、ありがとうございます。現地で力強く応援してくださった、サポーターのみなさん、お疲れ様でした。

 試合の方は、キックオフ前から芝生の長さと中東・シリアの審判団が気になっていました。案の定、芝生の方は素速くボールが転がりにくいし、審判の判定も「中東の笛」でしたし、かなりのアウェイでした。

 しかし、前半の早い時間に岡崎が決めてくれました。憲剛から受けたボールを強引に前に送り、絶対にゴールを奪うんだという気迫あふれた左足のシュートはGKにはじかれたものの、ヘッドで押し込み先制点を奪いました。

 これをきっかけに、キリンカップよろしく、大量点を期待しましたが、ウズベキスタンもワールドカップ出場への望みが消えているわけではないので、その後は防戦一方となってしまいました。そして、上記の不利な条件に加えて、ウズベキスタンの不必要なチャージにも苦しむことになりました。

 最後は、長谷部の退場、岡田監督の退席があり、肝を冷やす場面が続きましたが、1-0で逃げ切り、見事、2大会連続世界最速でワールドカップ出場を決めました。

 とりあえずワールドカップ出場を喜びたいと思います。しかし、忘れていけないのは、前回大会のこと。同じような結果になっては困ります。岡田監督の目標、ワールドカップベスト4を目指して、新たなスタートです。

|

2009年6月 1日 (月)

またまた好ゲーム キリンカップ ベルギー戦

 ここ数年、我が日本代表はそれなりの結果を残しつつ、スカッとした内容や勝利が多くありません。さらに、最近では1月のバーレーン戦で0-1と敗戦しており、どうも閉塞感が漂っていました。

 そこで迎えたキリンカップ。チリ戦は主力不在ながら4-0の快勝でした。昨日のベルギー戦はほぼ主力をそろえて同じく4-0と勝利しました。近年まれに見るゴールラッシュの連続となりました。

 今まで何がダメだったのか、前への意識の無さでした。単調な攻撃や、ボールを支配すれどシュートを打たない姿勢。こんなサッカーの日本代表にあきらめさえ覚えました。

 それが今回の2試合はどうでしょう。前への意識が高く、やや遠目からでも積極的にシュートを打っていました。また、仮想ウズベキスタンで臨んだベルギー戦では、相手の高さを考えたゲーム運びができたと思います。細かくつないで攻撃するとか、高いクロスではなく低くて速いクロスとか。特に3点目につながった大久保のクロスはまさにそれでした。

 3月末のバーレーン戦から2ヶ月の間で、日本代表の意識が随分変わった印象があります。この結果を受けて、1週間後のウズベキスタン戦で勝利できるという保証はありません。しかし、今回と同じようなゲームができれば、勝利できる可能性はここ最近ではもっとも高いと思います。

 ねらえ、ワールドカップ一番乗り!

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »