« 思い切ったことをしませんか 東アジアサッカー選手権 対中国 | トップページ | いいんじゃない、名古屋 J1リーグ第1節 G大阪×名古屋 »

2010年2月15日 (月)

似て非なる日本と韓国 東アジアサッカー選手権 対韓国

 東アジアサッカー選手権の優勝に一縷の望みをかけて韓国と戦った我が日本代表でしたが、1-3という結果に終わってしまいました。

 日本と韓国は、共に南アフリカワールドカップの出場します。今日は、共にPKを与え、共に退場者を出しました。似ているのはそこまで。そこから先は、ずいぶん、韓国に差を広げられている感がありました。

 それは、ここぞという時の瞬発力です。韓国の2点目は、遠目から思いっきり打ったシュートが、DFで若干コースが変わり、GKをあざ笑うようにゴールに吸い込まれました。そして、3点目は、日本の守備が上がり目になったところを見逃すことなく、一気に攻め上がり、ゴールまで持って行きました。

 日本は、ボールをポゼッションするものの、守りを固めたところをつつくだけで、得点のにおいは全く感じられませんでした。結局、今回の「踊る大4連戦」は、それに尽きます。

 ここぞというところで、相手に一歩先んじて、攻めるのが、サッカーというか、ボールゲームの基本でしょう。それを、相手がガードを固めたところをいくら叩いてもダメージが少ないわけで、得点できなくて当たり前ではないでしょうか。

 ノーマークのゴール目がけて、シュートを放っても、決まらなければ、それを決定力不足と言ってもいいかもしれません。しかし、今の日本代表は、そんなレベルではなく、サッカーセンスが不足しています。どうやったら効果的に点を取れるかという思考が欠落しています。

 試合後の選手たちのコメントも何を今更って、感じのものが多く、疲弊したシステムって感じがします。新年早々のイエメン戦の若い選手たちの方が、よっぽどか、思いっきりの良いプレーをしていて、期待が持てるなと感じました。

 この試合では、闘莉王とキム・ジョンウが目立ってしまい、やっぱり代表は名古屋を中心に回っていますね。

|

« 思い切ったことをしませんか 東アジアサッカー選手権 対中国 | トップページ | いいんじゃない、名古屋 J1リーグ第1節 G大阪×名古屋 »