« いいんじゃない、名古屋 J1リーグ第1節 G大阪×名古屋 | トップページ | この勝利は大きいと思う J1リーグ第13節 大宮×名古屋 »

2010年3月14日 (日)

こんなはずではなかったと思う J1リーグ第2節 名古屋×川崎

 昨日は、豊田スタジアムに苦手な川崎を迎えてホーム開幕戦でした。

 今節の川崎さんは、ジュニーニョ、中村など、何人かの主力選手を欠き、雪のACLもあり、客観的には名古屋有利の状況でした。しかし、結果は、2-3で、またもや勝てませんでした。 

 試合前、ベンチに選手の家族が入るなど、いかにも、「開幕」という雰囲気にあふれていました。

 しかし、開始早々、FKを決められ、1点を背負う予想外の展開になりました。しかし、すぐさま、CKからのルーズボールを倒れた金崎が押しこんで、同点にしました。これで、振り出しに戻って、さあ、仕切り直しと思いたかったのですが、またまたFKを決められ、リードを許しました。

 守備を崩され、流れの中での失点でないだけに、見ていて、歯がゆかったし、川崎さんにとっては、こんなにかんたんに加点できて、万々歳だったことでしょう。FKのきっかけは、ファールをとられて、なのですが、あんなに簡単にファールをおかしていること自体が問題です。ジャッジングに不満を持つ人も少なくないようですが、ジャッジングを味方につけるか、敵に回すかをしっかり考えてプレーするべきでしょう。その点は、川崎さんはうまかったと思います。

 前半のうちに、同点にしたかったのですが、ガンバ戦で見せたようなサイドを崩して、中へという意識が低く、点につながりませんでした。

 後半、川崎に押しこまれる時間帯が続きましたが、ブルザノビッチを入れてから、名古屋の猛攻が始まりました。増川、ケネディ、玉田のホーム500点目ゴールは、あと少しというところで阻まれてしまいました。それでも、後半33分、ブルザノビッチのFKを頭で合わせたマギヌンのシュートが決まり、同点とし、これがホーム500点目になりました。さらに、猛攻は続きましたが、逆転をすることができず、勝ち点1を覚悟しました。が、しかし、終了間際、チョンテセに見事に決められ、勝負あり。

 形としては、終始名古屋が押していたのですが、FKで2点取られたのが大きかったですね。逆に川崎さんは苦しい台所事情の中、勝ち点3をとれたのは、非常にうれしいでしょう。チームの完成度が、名古屋はまだまだだと思います。

 攻撃の形は悪くないと思います。これを教訓に、不用意な失点をしないことを考えてほしい。

|

« いいんじゃない、名古屋 J1リーグ第1節 G大阪×名古屋 | トップページ | この勝利は大きいと思う J1リーグ第13節 大宮×名古屋 »