« 劇的逆転勝利! J1リーグ第25節 名古屋×仙台 | トップページ | 優勝とはこういうもの J1リーグ第31節 湘南×名古屋 »

2010年10月24日 (日)

勝つには勝ったが、けが人が J1リーグ第27節 神戸×名古屋

 昨日、我が名古屋グランパスは、アウェイで神戸と対戦しました。NHK-BSで観戦しました。

 ホムスタでの神戸戦と言えば、一昨年、先制したものの後半追いつかれ、終了間際に勝ち越したという戦いを現地で観戦しました。最近は、神戸との相性はいいのですが、2005年、J2に降格したにも関わらず、ホームもアウェイも負けています。わたしはいずれも現地観戦していました。

 試合開始から名古屋の首位らしい攻めが見られ、前半5分、右サイドの田中隼磨のクロスをゴール前の玉田が頭で合わせ、早々に先制点を奪いました。前節の悪い雰囲気を払拭できたのではないでしょうか。その後は、神戸の攻撃が続きましたが、細かいミスが多く、それほどの脅威はありませんでした。そして、前半30分、ダニルソンの強烈なFKが直接ゴールに入り、早くも2-0としました。その後も神戸がシュート数で上回る展開でしたが、ゴールを許しませんでした。

 後半、さらなる追加点を期待したのですが、後半10分、積極的な飛び出しからシュートを打った金崎が足を痛め、負傷退場してしまいました。これで名古屋のプランが崩れてしまい、神戸の攻撃を許す展開が続きました。そして、後半25分、神戸にゴールを許してしまいました。まだ1点の余裕があるとは言え、名古屋の攻撃のテンポを上げることができません。加えて闘莉王が痛めている足をけずられてしまい、何とか1点を守る展開になりました。厳しい状況がロスタイムを含めて10分ほどありましたが、何とか逃げ切り勝ち点3を上乗せすることができました。

 勝つには勝ったんですけど、神戸の拙攻がけっこう目立ったので、もっと点が取れた試合だったのでは、と思います。それ以上に、金崎の負傷と闘莉王の痛めている足の状態が気になります。仮に無理な状態であっても、小川、ブルザノビッチ、竹内、千代反田など先発級のバックアップが控えているので、それほどの緊急事態にはならないと思いますが、心配です。

|

« 劇的逆転勝利! J1リーグ第25節 名古屋×仙台 | トップページ | 優勝とはこういうもの J1リーグ第31節 湘南×名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/49828572

この記事へのトラックバック一覧です: 勝つには勝ったが、けが人が J1リーグ第27節 神戸×名古屋:

« 劇的逆転勝利! J1リーグ第25節 名古屋×仙台 | トップページ | 優勝とはこういうもの J1リーグ第31節 湘南×名古屋 »