« 最終節も名古屋らしい試合だったかな J1リーグ第34節 名古屋×広島 | トップページ | やったぜ、本多  J1リーグ第3節 甲府×名古屋 »

2013年3月 3日 (日)

前田の呪いは、回避 J1リーグ 第1節 名古屋×磐田


 昨日は、J1リーグ第1節、アカイ開幕戦、豊田スタジアムへ行ってきました。

Simg_8443
 シャトルバス経由で、10時20分ごろスタジアムに到着。晴の嵐のため、スタジアム周りの屋台は、いろいろなものがバタバタしていて大変そうでした。まず、スタジアム西広場へ移動して、早野宏史氏のトークショーを見ました。グランパスのことを良く言ってもらいましたが、実際はどうなんだろうという思いで聞いていました。

Simg_8464
 試合の方は、なぜかゴール前に上がっていた闘莉王がオウンゴールを誘って、先制点を奪いました。しかし、後半、その闘莉王は、ケガを押して無理して出場したのが災いし、途中交代。これで、チームとしての勢いがなくなりました。その後、昨年までの4バックに戻しましたが、失点。ゴール前に前田の姿があったので、「もしや」と思いましたが、山田の得点でした。

 試合は、1-1のドロー。前田の呪いは回避したことが収穫でしょうか。

Simg_8468

 ピクシーが明言したとおり、ルーキー牟田が先発出場しました。意識的に、彼にボールを回したのでしょうが、ぎこちなさが目立ちました。それでも、随所に大物の感じを見せてくれたので、慣れるしかないでしょう。また、新加入のヤキモフスキーもスタメンでした。日本人のように、必死にボールを追うことはしません。それでも、ノーモーションで強いボールを蹴れるのは、彼の魅力でしょう。もっと周りと連携ができるようになり、どんどんクロスを上げれば、チャンスはもっと生まれるでしょう。

 3バックだから、4バックだからというのは、よく分かりませんでしたが、とにかく効果的に攻めないと点は取れないと言うことははっきりしました。何となく攻めて点を取ろうなんて、それは無理というもの。そこを変えられないと、去年と何ら変わらないかも。


 それにしても、磐田のアウェイユニは、何で赤字なんでしょう。磐田と戦っている気がしませんでした。

|

« 最終節も名古屋らしい試合だったかな J1リーグ第34節 名古屋×広島 | トップページ | やったぜ、本多  J1リーグ第3節 甲府×名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107361/56876565

この記事へのトラックバック一覧です: 前田の呪いは、回避 J1リーグ 第1節 名古屋×磐田:

« 最終節も名古屋らしい試合だったかな J1リーグ第34節 名古屋×広島 | トップページ | やったぜ、本多  J1リーグ第3節 甲府×名古屋 »