2013年4月28日 (日)

ゴールに向かうボール回しをせよ  J1リーグ第8節 名古屋×広島

 昨日は、J1リーグ第8節、ホーム瑞穂に広島を迎えました。広島と言えば、昨年は、2試合ともロスタイムにゴールを許し、勝ち点3を手放しています。名古屋としては、公式戦3連敗は避けたいところ。

 0-0で折り返した後半早々、ダニルソンを起点に、ゴール前へ進入して、DFを崩してゴールを奪いました。こういう形が出るといいですね。さらに、玉田がGKと1対1になる場面があったのですが、GKに阻まれノーゴール。

 しかし、相手のプレッシャーを受けて出した弱気のパスをかっさらわれて、同点ゴールを許してしまいました。

 今の名古屋に追加点を奪う力はなく、そのまま試合が終了しました。

 名古屋は、一時期に比べると、ゴールへ向かう強い意識が感じられるようになりました。しかし、いまだにゴールに向かいたいのだろうけど、ついつい弱気になってセーフティにつなごうとして、奪われて失点ということが、しばしば。昨日もそうでした。

 ゴールへ向かおうとしているのに、インターセプトされると、瞬時の攻守の切り替えができないわけで、守備の形ができる前に失点してしまいます。常のそのところを意識しないと、追加点が奪えない状況では、勝てませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

前半のPKで終わったね  J1リーグ第7節 FC東京×名古屋

ケネディが戻ってきて、ますます勝ち点を積み上げていきたい我が名古屋グランパス。昨日は、アウェイでFC東京と対戦しました。

 前半、いい形でケネディの復帰弾が決まり、名古屋が先制しました。後は、守りを固めて、追加点を、と願うところでしたが、前半終了間際、ルーキー本多がペナルティエリアでファールをしてしまい、PK献上。しっかり決められたところで、前半が終わりました。

 後半は、見ていませんが、1-3と逆転されていました。きっと前半のPKでリズムが崩れてしまったのでしょう。

 前節がいい感じだっただけに、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

ナイスゲームでした  J1リーグ第6節 名古屋×新潟

 J1リーグは、第6節。我が名古屋グランパスは、ホーム豊田スタジアムに、新潟を迎えました。開幕から1か月以上がたち、ベテランがしっかり力を出し、そこに若い力がうまく絡んできたように思います。

 ここ数試合、ディフェンスがぶっちぎられることが多かったのですが、新潟の遅攻にも助けられ、危ない場面がほとんどありませんでした。ルーキー本多も攻撃面でもうちょっとというところがありましたが、ディフェンスはまあまあだったと思います。

 攻撃の方は、少し前までのもたもたした感じが消え、マイボールになったら前へ、という意識が全体にあったように思います。特に、近年、酷評続きの10番がかつての輝きを取り戻したのではないでしょうか。1点目のPKにつながった、強引にゴールへ向かうプレーや2点目につながった、右サイドのスペースへ走り込む動きからアシストまでの動き。

 後半、阿部、ヤキモフスキー、ケネディを入れ、さらなる得点が期待されましたが、残念でした。ヤキモフスキーがケネディに合わせていたら、という場面もありました。

 それでも、無失点勝利なので、喜びましょう。この調子で行けば、負けないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

ハンデをもらっても勝てない  J1リーグ第5節 柏×名古屋

 J1リーグは、第5節。横浜の独走を止めたいところ。我が名古屋グランパスも負けずに着いていきたい。

 アウェイで柏と対戦しました。柏は、ACLの激闘を終えているので、付け入る隙はあるはず。開始数分、先制点を奪い、幸先の良いスタートかと思いきや、あっさり同点を許してしまいました。さらには、逆転ゴールも許してしまいました。いずれのゴールもDFがぶっちぎられまくりでしたね。

 前半終了間際に、柏は1人退場になり、ハンデをもらっての後半になりました。ですが、何か互角な感じ。それでもFKを増川が頭で合わせ、同点にしました。この勢いで逆転をしてほしかったのですが、前がかりに攻めておきながら、ボールを持ちすぎてインターセプトされ、そこから再びぶっちぎられて、またもリードを許す展開。相手はACL帰りで、1人少ないのに。

 最後に同点として試合を終えましたが、ハンデをもらってこの展開は、今後が心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

名古屋は本調子かな J1リーグ第4節 名古屋×湘南

 J1リーグが再開し、第4節が行われました。我が名古屋グランパスは、またも昇格組の湘南と対戦しました。J1の厳しさをとくと教えてあげてほしいんですが、なかなか調子が上がらない名古屋。

 Jリーグタイムでハイライトシーンを見ましたが、スルーパスからの玉田のゴールやゴール前フリーの小川のゴールは、湘南からのプレゼントと考えても良さそう。逆に増川がプレゼントしかけてました。

 それでも、完封勝ちですから、ますます自信を付けて、順位を上げていってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

どうなんだ、名古屋グランパス

 我が名古屋グランパスは、リーグ戦、カップ戦を合わせて5試合を消化し、2勝1敗2分。

 リーグ戦で、思うような結果、試合内容にならず、けが人が増えていく中で迎えた、ナビスコカップ。

 初戦は、リーグ戦3連勝中のセレッソでした。そんな相手に歯が立つのかと、心配しましたが、引き分けに持ち込むことができました。続く昨日の鳥栖戦。リーグ戦では、名古屋よりも上にいるし、淳吾、闘莉王いないし、どうなることかと思いましたが、ヤキモフスキー、矢野のゴールで、勝つことができました。

 世間的には、悲観的に見られている我が名古屋ですが、1つしか負けていないことを自信に、来週からのリーグ戦につなげてほしいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

やったぜ、本多  J1リーグ第3節 甲府×名古屋

 J1リーグは、第3節。我が名古屋グランパスは、第1節の途中まで、3バックをやってみたものの、第2節は、4バックに戻し、今節に至っては、闘莉王をFWに持ってくるなど、今季やりたかったことが、何なのかが見えてきません。思うような結果にならないことがそうさせているのでしょうが。

 今節の相手は、昇格組の甲府。DFにルーキー本多が起用されました。大卒なので、それなりの体格があるので、これから経験を積めば、戦力になりそうな感じがしました。FW闘莉王は、気合いは十分なのですが、本職ではないので、足下がおぼつかないのは明らか。しかも、しっかりマークが付いているので、なかなかいい形を作れません。それでも、競って落としたボールを周りが狙う形が何度かあったので、それなりの役目は果たしたかなと思います。ただ、本職のFW矢野を下げてまで、闘莉王なのでしょうか。

 試合の方は、試合終了間際のFKをGKがつかみ損ね、詰めていた、本多が押し込んで、1-0で勝利しました。ホンダだけに、持ってますね。

 まずは、1勝。波に乗ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

前田の呪いは、回避 J1リーグ 第1節 名古屋×磐田


 昨日は、J1リーグ第1節、アカイ開幕戦、豊田スタジアムへ行ってきました。

Simg_8443
 シャトルバス経由で、10時20分ごろスタジアムに到着。晴の嵐のため、スタジアム周りの屋台は、いろいろなものがバタバタしていて大変そうでした。まず、スタジアム西広場へ移動して、早野宏史氏のトークショーを見ました。グランパスのことを良く言ってもらいましたが、実際はどうなんだろうという思いで聞いていました。

Simg_8464
 試合の方は、なぜかゴール前に上がっていた闘莉王がオウンゴールを誘って、先制点を奪いました。しかし、後半、その闘莉王は、ケガを押して無理して出場したのが災いし、途中交代。これで、チームとしての勢いがなくなりました。その後、昨年までの4バックに戻しましたが、失点。ゴール前に前田の姿があったので、「もしや」と思いましたが、山田の得点でした。

 試合は、1-1のドロー。前田の呪いは回避したことが収穫でしょうか。

Simg_8468

 ピクシーが明言したとおり、ルーキー牟田が先発出場しました。意識的に、彼にボールを回したのでしょうが、ぎこちなさが目立ちました。それでも、随所に大物の感じを見せてくれたので、慣れるしかないでしょう。また、新加入のヤキモフスキーもスタメンでした。日本人のように、必死にボールを追うことはしません。それでも、ノーモーションで強いボールを蹴れるのは、彼の魅力でしょう。もっと周りと連携ができるようになり、どんどんクロスを上げれば、チャンスはもっと生まれるでしょう。

 3バックだから、4バックだからというのは、よく分かりませんでしたが、とにかく効果的に攻めないと点は取れないと言うことははっきりしました。何となく攻めて点を取ろうなんて、それは無理というもの。そこを変えられないと、去年と何ら変わらないかも。


 それにしても、磐田のアウェイユニは、何で赤字なんでしょう。磐田と戦っている気がしませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

最終節も名古屋らしい試合だったかな J1リーグ第34節 名古屋×広島

Simg_1929


 昨日をもって、今年のJリーグの全日程が終わりました。我が名古屋は、ホーム豊田スタジアムに広島を迎えました。

 1時30分頃、スタジアムに着くと、中は、前回の豊田スタジアムの試合以上に人でごった返していました。何をするにも行列になっていました。

 昨日の試合は、ケネディの得点王、マギヌン・杉本のお別れ、最多勝ち点、最多勝利などたくさんの思いが込められた試合でした。スタジアムの雰囲気はもちろんでしたが、選手たちもそれらの思いを胸に秘めているかのような戦い方で、試合に入っていったと思います。

 試合の方は、序盤から名古屋が、広島の攻撃をやんわりかわしつつ進んでいきました。そして、前半22分、選手たちの、そして、わたしたちのケネディに得点王を獲らせたいんだという思いが届きます。小川のセンタリングをゴール前のケネディが頭で押し込み、先制点を奪いました。さらに、前半32分、右サイドでボールを奪った小川が中央の玉田へ送り、さらに左でフリーになっていたマギヌンの前にボールを送って、それをしっかり決めました。マギヌンは、これが名古屋のラストゲーム。自ら決めてくれました。このゴールに楢崎までもが祝福の輪の中へ入っていました。その後、膠着状態が続き、前半のロスタイム、李忠成のゴールを許し、2-1で前半を終えました。

 後半、明らかに名古屋のペースが落ちました。と言うより、しっかり守ってボールを奪っても、全体で押し上げようという意識が無くなりました。名古屋には、必死で戦う理由がそれほど無いですからね。それでも、試合終了が近づくにつれ、中村のチェイシングがはげしくなってきました。ケネディに得点王を獲らせたい、途中出場の杉本に花を持たせたい、そのような思いだったのでしょうか。結局、後半はスコアが動かないまま、2-1で試合が終了しました。

 2点取っても、1点取られてしまう。最終節も名古屋らしい試合だったかな。

 試合後は、最終節おなじみのセレモニーが行われました。ただ、今年は訳が違います。優勝セレモニーですよ、完全に。この雰囲気はいいですね。永遠に続いてほしいと思いました。楢崎キャプテン、監督あいさつの時や場内一周の時、選手の子どもたちが走り回っている姿が微笑ましかったです。

 この後、豊田駅前に場所を移して、いつも同じ場所で応援している仲間たちと打ち上げをしました。鍋のふたをシャーレのごとく頭上に掲げたり、We ara champion!を大合唱したりして大いに盛り上がりました。

 まだまだ、優勝の余韻に酔いしれてもいいですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

優勝とはこういうもの J1リーグ第31節 湘南×名古屋

 ついにその時が来ました。待ちに待っていました。「今年こそは」と何回、言い続けてきたことか。
 
 J1リーグ第31節、我が名古屋は、アウェイで湘南と対戦しました。優勝のかかった一戦を制し、また、2位の鹿島が引き分けたため、名古屋の優勝が決まりました。待っていました。この時を。

 2時からテレビを名古屋戦と鹿島戦の2画面にして、観戦していました。鹿島の試合は、0-0のまま、一足早く、終了しました。そして、迎えた歓喜の瞬間、選手たちは大喜びでしたが、テレビの前のわたしは、実は、それほどの感激はありませんでした。

 勝ち点差が開いている、鹿島は勝つだろうと思っていた、23日のホームゲームで優勝を決めてもらいたかった、このような思いがあったからなのかもしれません。

 実にあっさり決めてしまったなという印象です。ただ、今日の試合では、1点を取るのにずいぶん苦労しましたが。

 試合終了の瞬間は、それほどでもなかった喜びが、後から後からわいてきたのは事実。Jリーグ開幕から18年。地元チームをひたすら応援してきました。長かったこれまでを思い出すと、感無量です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧